メインコンテンツまでスキップ
waffle.svg
Domo Knowledge Base - 日本人

Turning On Multi-Factor Authentication

Version 6

注記:この機能は、オンデマンドでのご利用になります。
 

機能の有効化をリクエストするには、

  • テクニカルサポートまでお問い合わせください。Buzz なら @DomoSupport 、メールは support@domo.com、お電話は 801-805-9505(米国山岳部標準時で月曜から金曜の 7am~6pm) までどうぞ。

  • Domo カスタマーサクセスマネージャまたはテクニカルコンサルタントにお問い合わせください。

機能によっては、利用できるようになる前に研修を完了する必要があるものもあります。

 

多要素認証のオプションは、管理者設定 > セキュリティ > 認証 にあります。 このタブをアクセスするには、「管理者」セキュリティプロフィールが必要です。 セキュリティプロフィールに関する詳細は、セキュリティ権限についてを参照して下さい。 管理者設定には、社内の従業員に対して多要素認証をオンにするオプションがあります。 多要素認証を有効にすると、Domo にログインしたユーザーに、認証コードがテキストメッセージで送られます。このコードを入力しないと、Domo にアクセスできません。

ユーザーがプロフィールページに携帯の番号を入力する前に多要素認証を有効にしてしまうと、ユーザーは Domo にログインできなくなります。 この機能を有効にする前に、全社員が番号を入力していることを確認してください。

管理者設定 > セキュリティ > 認証 で、次の多要素認証オプションにアクセスできます:

  • 一定の日数経過後、ユーザーが多要素認証をやり直さなければならないような要件を設定することができます。

  • 一定回数失敗すると、コードが期限切れとなるような要件を設定することができます。 

  • 自分のプロフィールページに携帯番号を入力していないユーザーのリストを見ることができます。 また、そのユーザーに番号を入力するよう催促する Buzz メッセージを送信することもできます。

また、会社全体ではなく、自分自身に多要素認証を設定することもできます。 これは、ユーザー設定画面で行います。

会社全体で多要素認証をオンにし、そしてオプションを設定するには、

  1.  > 管理者 をクリックします。
    管理者設定ページが表示されます。

  2. セキュリティ > 認証をクリックします。
    多要素認証オプションは、認証パネルの下部にあります。 

    multifactor_auth_updated.png

  3. (オプション)一定の日数が経過するとユーザーが多要素認証をやり直さなければならないような要件を設定するには、次を行います:

    1. 定期的に多要素認証の再設定を求めるのボックスにチェックを入れます。

    2. 多要素認証の期限が切れるまでの日数を入力します。

  4. (オプション)一定回数失敗するとコードが期限切れとなるような要件を設定するには、次を行います:

    1. 不正な操作が行われた場合コードを無効にするのボックスをチェックします。

    2. 無効な操作でコードが期限切れになるまでの回数を入力します。

    3. 変更を保存をクリックします。 

    4. (オプション)自分のプロフィールページに携帯番号を入力していないユーザーに Buzz メッセージを送るには、次を行います: 

      1. 青でハイパーリンクされた番号をクリックします。 

      2. 必要に応じて、ダイアログ下部のメッセージを編集します。 

      3. 送信をクリックします。 

Buzz に関する詳細は、Buzz を参照してください。 プロフィールページに個人情報を入力する方法に関しては、個人プロフィール情報を指定するを参照してください。