メインコンテンツまでスキップ
waffle.svg
Domo Knowledge Base

Business in a Boxダッシュボードを利用する

Version 3

 

プリインストールされたBusiness in a Boxダッシュボードのカードには、サンプルデータが入っているため、自分のライブデータに接続したときのカードの外観を知ることができます。サンプルデータを含むカードには、ライブデータでないことを示す「サンプルデータ」ウォーターマークが表示されます。以下のスクリーンショットは、サンプルデータを含むカードの例を示しています。

rbd_example_card.png

ライブデータを含むBusiness in a Boxダッシュボードを利用するプロセスは、AppStoreからアプリを展開するプロセスと似ています。このダッシュボードでカードを利用するのに必要なすべての列(フィールド)を含むDataSetを選択します。その後、そのDataSetの列をダッシュボードの一致する列にドラッグします。ダッシュボードを利用するのに必要なすべてのDataSetごとに、これを行う必要があります(列の名前が同じ場合は自動的に一致します)。このプロセスについては、以下で詳細に説明します。AppStoreのアプリの導入に関する詳細は、「AppStoreからアプリを導入する」を参照してください。 

注記:
  • Domoで「管理者」または「パワーユーザー」のセキュリティレベルを持っていない場合は、Business in a Boxダッシュボードでカードを利用することができません。ただし、ダッシュボードでカードを利用できるようにリクエストを送信することはできます。Domoのセキュリティレベルに関する詳細は、「セキュリティ権限リファレンス」を参照してください。
  • Business in a Boxダッシュボードへのアクセスを許可されたユーザーには、ダッシュボードの利用に使用されるDataSetへのアクセス権も付与されます。

Business in a Boxダッシュボードを利用するには

  1. 利用するカードを含むBusiness in a Boxダッシュボードに移動します。
    ダッシュボードへの移動に関する詳細は、「Business in a Boxダッシュボードにアクセスする」を参照してください。

  2. ウィンドウの上部にある [データを接続] をクリックすると、バーが現れます。

    rbd_connect_data_button2.png

    バーには、ダッシュボードのカードを利用するのに必要なDataSetsの数、[依頼] ボタン、必要なDataSetに接続するためのタイルが表示されます。

    biab_connect_bar.png

  3. 以下のいずれかを行います。

    • 別のユーザーにカードの利用を依頼するには

      1. [依頼] をクリックします。
        [依頼] ダイアログが開きます。

        rbd_assign1.png

      2. [データスペシャリストを選択] フィールドで、カードの利用を依頼するユーザーを選択します。

      3. (オプション)必要に応じて、依頼する人に送信するメールのメッセージを変更します。

      4. [送信] をクリックします。
        個人またはグループのメンバーに、カードを利用するタスクが依頼されます。

    • 自分でカードを利用するには

      1. 青いバーで、必要なDataSetのいずれかの [接続] ボタンをクリックします。

        2つのペインが画面に表示されます。一方は(「1」と表示)DataSetを選択するように求め、もう一方には(「2」と表示)DataSetの列と一致する必要があるフィールドが表示されます。

        biab_panes.png

      2. ペイン1で、ダッシュボードの利用に使用するDataSetを選択します。

        [フィルター] オプションを使用して、データタイプ(テキスト、数値、日付)でフィルターをかけたり、検索ツールを使用して特定のDataSetを名前で検索したりできます。また、画面の下部にある [データのプレビュー] をクリックして、DataSetのプレビューを表示することもできます。

        必要に応じて、[サンプルをダウンロード] をクリックして、一致する列と各列のサンプルデータを含むCSVファイルをダウンロードすることもできます。このファイルをテンプレートとして使用して列にデータを入力し、これをDomoにアップロードすると、DataSetとして選択できるようになります。

        DataSetを選択したときに、ペイン2の列名と一致する名前を持つ列がある場合は、自動的に一致します。一致した列には緑のチェックマークが表示されます。これらの列は、手動で一致させる必要はありません。

        biab_matched.png

      3. (条件付き)DataSetの列で、ペイン2の一致する列の名前が異なる場合は、ペイン1の列をペイン2の一致する列にドラッグアンドドロップして、手動で一致させる必要があります。

      4. すべての列が一致したら、[接続] をクリックします。  

      5. [OK] をクリックします。
        このDataSetに接続されているBusiness in a Boxダッシュボードのすべてのカードに、自分のライブデータが表示されるようになります。 

      6. 青いバーに表示されているすべてのDataSetに対して、上の手順を繰り返し、ダッシュボードのすべてのカードを利用します。

特定のDataSetの一致する列を変更する場合は、そのDataSetの [変更] をクリックして、いつでも変更を加えることができます。 

biab_change.png