メインコンテンツまでスキップ
waffle.svg
Domo Knowledge Base

Domo ODBCデータドライバー

Version 1

 

はじめに

Domo ODBCデータドライバーは、Domo DataSetからのデータの取得に使用できるODBCドライバーです。Microsoft Windows用の32ビットおよび64ビットインストーラーパッケージとして利用できます。ビット数は使用しているアプリケーションによって決まります。64ビットのWindowsでは32ビットのアプリケーションも64ビットのアプリケーションも実行できます。使用しているアプリケーション(Domo ODBCデータドライバーを使用しているアプリケーション)が32ビットの場合は、32ビットドライバーをインストールします。このドキュメントでは、Domo ODBCデータドライバーをマシンに設定するステップを説明します。

Domo ODBCデータドライバーは、HTTPSを介してDomoからデータを取得します。クエリの実行時間は、データのサイズとネットワークのデータ速度によって異なります。

Domo ODBCデータドライバーは認証用にクライアントIDとクライアントシークレットを必要とします。後で説明するように、簡単なクエリをサポートします。 

Domo ODBCデータドライバーを入手するには、AEに問い合わせてください。

注記:ODBCドライバーは最大100万行取得します。

接続文字列

ODBCドライバーでは接続文字列に以下のフォーマットを使用します:

Driver={<Driver Name>};<additional parameters like username, password>

以下は追加パラメーター(セミコロンで区切られたキー値のペア)のフォーマットです:

param1=value1;param2=value2;

Domo ODBCデータドライバーも同じフォーマットです。認証にはクライアントIDとクライアントシークレットが必要になるため、接続文字列に含める必要があります。Domo ODBCデータドライバーの接続文字列の例を以下に示します:

Driver={Domo ODBC Data Driver};ClientID=1234-abcd-5678-efgh;ClientSecret=abcdefgh123456;

DSN(データソース名)を指定して接続文字列を作成することもできます。Domo ODBCデータドライバーではDSNにクライアントIDとクライアントシークレットが保存されるため、接続文字列はシンプルになります。

DSN=DomoDataDSII;

DomoDataDSIIはDomo ODBCデータドライバーのインストール時に作成されたデフォルトのDSNです。接続文字列を使用する場合は、必ず事前にDNS(DomoDataDSII)を設定する必要があります。設定はWindowsのODBC Data Sourcesツールを使用して行います。DSNを設定するには、有効なClientIDとClientSecretが必要になります。
アプリケーションによっては接続文字列の構文が変更される場合があります。一部のアプリケーションはデフォルトで、入力にDriver={ and DSN=を追加するからです。

クエリ構文

Domo ODBCデータドライバーは「SELECT <column names, or *> FROM <dataset id> WHERE <clause>」形式の標準的なSQLステートメントをサポートします。例:

SELECT * FROM 6f3def59-4a7b-4c25-99db-5e1b44501afd

または

SELECT name, temperature, temperatureUnit, shortForecast FROM 3a2153e4-4b78-4319-9b47-84fb148afd22 WHERE name IN ('Today', 'Tonight', 'This Afternoon')

クライアントIDとシークレットを作成する

Domo ODBCデータドライバーとのODBC接続には、ClientIDパラメーターとClientSecretパラメーターが必要になります。

アカウントのクライアントIDとクライアントシークレットを取得するには

  1. https://developer.domo.comにログインして以下に移動します。マイアカウント > クライアントを管理

    DDD-1.png

     

  2. (条件付き)クライアントが存在しない場合は、以下に従ってODBCドライバー用の新規クライアントを作成します:

    1. [クライアントを作成]をクリックします。

      DDD-2.png

    2. 名前と説明を入力します。

    3. アプリケーションの範囲を選択します。([データ]は必須範囲です。)

  3. ODBC接続に必要なクライアントIDとクライアントシークレットを取得します。

DDD-3.png

Domo ODBCデータドライバーをインストールする

開始する前に以下がインストールされている必要があります:

  • .NET Framework 4.6.2

  • Visual C++ランタイムライブラリ

これらがインストールされていない場合は、インストーラーによってダウンロードしてインストールされます。この後、Domo ODBCデータドライバーのインストールが続行されます。

インストールする製品を適切に選択します。32ビットと64ビットのインストールパッケージがあります(Windows専用)。Domo ODBCデータドライバーを使用するアプリケーションのビット数を確認し、適切なドライバーをインストールします。

Domo ODBCデータドライバーをインストールするには

  1. setup.exesetup.msiではありません)を開きます。

    システムに必要なツールがインストールされていない場合、インストーラーはこれらのツールをダウンロードしてインストールします。.NET frameworkとVC++ランタイムのインストールを許可する必要があります。必要なツールがすべて揃っている場合は、Domo ODBCデータドライバーインストールウィザードが表示されます。

  2. 画面上の指示に従います。

機能をテストする

インストールが完了したら、ドライバーが動作するか確認する必要があります。 

ドライバーの機能をテストするには

  1. ODBCデータソースアドミニストレーターを開きます。

    32ビットのDomo ODBCデータドライバーの場合は32ビットバージョンのODBCデータソースを開き、64ビットのDomo ODBCデータドライバーの場合は64ビットバージョンのODBCデータソースを開きます。これらのバージョンは64ビットマシンでのみ利用できます。32ビットマシンではアドミニストレーターのバージョンは1つのみになります。

    32ビットのODBCデータソースアドミニストレーターのパスは%systemdrive%\Windows\SysWoW64\odbcad32.exe、64ビットのODBCデータソースアドミニストレーターのパスは%systemdrive%\Windows\System32\odbcad32.exeです。

    DSNの設定に使用されるこのアプリケーションは、システム上で管理アクセス許可が必要になります。

  2. [ファイルDSN]タブに移動し、[追加]をクリックします。 

  3. [Domo ODBCデータドライバー]を選択し、[次へ]をクリックします。

  4. [参照]をクリックします。

  5. DSNファイルを保存するフォルダを選択します。

  6. 保存するファイル名を入力し、[保存]をクリックします。

  7. [次へ]をクリックします。

  8. [終了]をクリックします。

    ダイアログが表示されてクライアントIDとクライアントシークレットを要求します。

  9. クライアントIDとクライアントシークレットを入力します。

    入力された値が無効であるかDomoに接続できなかった場合は、警告ダイアログが表示されます。

    DDD-18.png

    このような場合は、インストール、認証情報、ネットワーク、Domo APIへのアクセスを確認する必要があります。それ以外の場合は、検証に成功するとファイルが作成されます。

    DDD-19.png

    ファイルが正常に作成された場合のみ続行してください。 

DSNを設定する

ドライバーのテストを正常に完了したら、DSNを設定します。

DSNを設定するには

  1. ODBCデーターセンターアドミニストレーターで、[システムDSN]タブに移動します。
    「DomoDataDSII」という名前のファイルが表示されます。

    DDD-20.png

  2. [設定]をクリックします。
    ダイアログがクライアントIDとクライアントシークレットを要求します。

  3. 有効なクライアントIDとクライアントシークレットを入力し、[OK]をクリックします。

ODBC接続にDomoDataDSIIを使用できるようになります。クライアントIDまたはクライアントシークレットが無効であるか設定されていない場合、アプリケーションの接続中に問題が発生します。DSNの使用中に接続の問題が発生した場合は、[クライアントID][クライアントシークレット]の値を確認してください。

DomoDataDSIIを設定する代わりに、[追加]ボタンを使って独自のDSNを作成することもできます。DSNは必要な数だけ作成できます。

ExcelでDomo ODBCデータドライバーを使用する

接続文字列」セクションで説明したように、Domo ODBCデータドライバーへの接続に使用できる接続文字列には2つのフォーマットがあります。

DSNを使用する

必要条件:DSNを設定します

DSNを使ってDomo ODBCデータドライバーに接続するには

  1. Excelの [データ]タブで、新しいクエリ > その他のソースから > ODBCからを選択します。

    DDD-22.png

  2. ドロップダウンから [DomoDataDSII](またはDSNの名前)を選択します。

  3. [詳細オプション]で、「Select」クエリ(「クエリ構文」を参照)を入力し、[OK]をクリックします。

    DDD-23.png

    プレビューが読み込まれます。大規模なDataSetの場合は時間がかかる場合があります。

    DDD-24.png

  4. [読み込み]をクリックすると、クエリの実行後にデータが読み込まれます。  

    DDD-25.png

ドライバー接続文字列を使用する

ODBC設定を開くには、「DSNを使用する」と同じステップに従います。ただし、ステップ2で[DomoDataDSII]を選択する代わりに、[データソース名][なし]を選択します。「接続文字列」で説明されているように接続文字列を入力し、「クエリ」で説明されているようにクエリを入力します。

これ以降のステップはすべて「DSNを使用する」のステップと同じです。

DBeaver(ODBC SQLツール)でDomo ODBCデータドライバーを使用する

注記:

  • ツールとドライバーのビット数は一致させてください。64ビットツールは64ビットドライバーで動作し、32ビットツールは32ビットDomo ODBCデータドライバーで動作します。適切な製品を使用していることを確認してください。 

  • DSNを使って接続している場合は、DSNが正しく設定されていることを確認してください。詳しくは、「DSNを設定する」を参照してください。

DBeaverでDomo ODBCデータドライバーを使用するには

  1. [ODBC]を選択し、[次へ]をクリックします。 

  2. [データベーススキーマ]ボックスに「DomoDataDSII」と入力します。

  3. [接続のテスト]をクリックします。
    テストの結果を確認してください。

  4. [次へ][次へ][終了]の順にクリックします。

  5. 次のようにSQLエディターを開きます。

    DDD-33.png

  6. クエリを入力し、次のように実行します。

    DDD-34.png

    DDD-35.png

    クエリの実行が完了すると、結果が表示されます。

    DDD-36.png

DBeaverは長い接続文字列をサポートしないため、ドライバー名を使って接続を作成することはできません。お使いのツールが長い接続文字列をサポートしている場合は、DSNの代わりにドライバー名を使用できます。「接続文字列」を参照してください。