メインコンテンツまでスキップ
waffle.svg
Domo Knowledge Base - 日本人

Workbench 4 でデータアップロードのジョブを作成する

Version 5

イントロ

外部のデータソースからDomoへデータをアップロードすることができます。これは、データ情報と接続情報をジョブとして指定することで行います。なお、この情報は保存しておき、再利用することができます。

Workbench 4 でDataSetジョブを作成するプロセスは、以下のようになっています:

  1. ジョブの基本設定をWorkbench DataSet ジョブ作成ウィザードで指定します。これには、以下が含まれます: Domo サーバーや DataSet ジョブ名とタイプ、データトランスポートの方法(例えばローカルファイルプロバイダー、ODBC 接続プロバイダーなど)、及びデータリーダー(データソース)タイプ(例えば JIRA や Excel など)。 これにより、DataSetジョブのエントリーがアカウントペインに追加されます。 ただし、この時点ではDataSetジョブはまだ実行可能な状態ではありません。

  2. データソースの接続情報は、DataSetジョブのトランスポート方法の設定で指定します。

  3. それ以上のデータソースの設定は、DataSetジョブのデータソース設定で指定します。 これらの設定は、データソースタイプによって異なります。 クエリの置換変数など、一部はオプションになっている一方、必須になっているものもあります。

  4. 必要に応じて、変換や通知、除外する列など、ジョブの付属オプションを設定することもできます。      

Workbench のコントロールとフィールド設定については、Workbench 4 ユーザーインターフェースについてを参照してください。

トレーニングビデオ - Workbench 4 を使ってファイルをアップロード

Workbench 4 で、CSV と Excel ファイルをアップロードする方法を学びましょう。

パート 1 (全 4 パート)

 

 パート 2 (全 4 パート)

 

パート 3 (全 4 パート)

 

 

パート 4 (全 4 パート)

 

注記:

  • この製品トレーニングビデオは、Domo のお客様とクライアント様のみを対象としています。
  • トレーニングビデオにアクセスできない場合、または再生ができない場合は、Domo サポートにお問い合わせください。 

Workbench 4 で利用可能な全ての Connector のタイプの具体的な情報については、以下のリンクを参照してください: