メインコンテンツまでスキップ
waffle.svg
Domo Knowledge Base

計算を使用して Workbench 4 で列を作成する

Version 4

 

他の列のデータに基づいた計算を作成することで、Workbench 4 のDataSetに新しい列を作成することができます。 例えば、1つまたは複数の小数の桁の値を含む列があるとします。 CEILINGまたはFLOOR関数を使用して、元の列の値を全て整数に切り上げまたは切り下げて、新しい列を作成することができます。 Workbench 4 には計算を作成するために使用できる関数が60以上あります。 関数のカテゴリには、以下があります:論理(例えばANDNOTIFなど)、数学(例えばACOSRND及びSUMLISTなど)、統計(例えばAVERAGEMAX及びSUBSTITUTEなど)、テキスト(例えばCONCATENATE、MID及びSUBSTITUTE)、さらに日時(例えばDAYEOMONTH及びTODAYなど)。 Workbench 4 のユーザーインターフェイスで、これら全ての関数についての説明が表示されます。

選択したDataSetジョブの計算フィールドは、 計算ビルダーで作成します。 DataSetの計算ビルダーにアクセスするには、計算変換を追加します。

wb4_calculation_builder.png

Workbench 4 で計算フィールドを追加するには、

  1. アカウントペインで、計算フィールドを追加したいDataSetジョブを選択します。

  2. Workbenchウィンドウ上部のボタンツールバーの変換グループで新規に追加をクリックします。

  3. 変換タイプメニューで計算を選択し次へをクリックします。

  4. 終了をクリックします。
    このDataSetジョブの変換に、計算アイテムが追加されます。

  5. 変換の下に新しくできた計算アイテムをクリックします。
    ダイナミックオプションパネルの中で計算ビルダーが開きます。

  6. 列名フィールドにこの計算の名前を入力します。

  7. 利用可能なフィールド リストの列名と、利用可能な関数リストの関数を使用して、計算フィールドで計算を作成します。
    計算に列名や関数を追加するには、リストでダブルクリックします。  
    カテゴリメニューで希望するカテゴリを選択することにより、カテゴリ別に関数をフィルタすることができます。 全ての関数は解説を伴っています。その関数をクリックすることで、解説を見ることができます。 また、各関数ではその適切な使用法を示しています。 例えば、SUM関数は、SUM (p1, [p2],...)として表されています。 これは、p1p2など、参照された列の値を合計することを意味しています。  

  8. 計算が有効であることを確認するために 検証をクリックします。

    注記: 列名には非 ASCII 文字は使えません。 計算の中の列を参照するには、Column#を使います。ここでは、#は1を基準とした列の順番を指します。 例えば: CONCATENATE(Column2,Column3)
  9. Workbenchウィンドウ上部、ボタンツールバーのDataSetジョブグループで保存するをクリックします。

 これでDataSetに、計算に基づいた新しい列が含まれるようになります。