メインコンテンツまでスキップ
waffle.svg
Domo Knowledge Base - 日本人

Workbenchを更新する

Version 3

はじめに

最新バージョンのWorkbenchにアップグレードする理由はさまざまです。いくつか例を挙げると、バグの修正、パフォーマンスの強化、追加機能などがあります。Domoサポートは、レガシーバージョンに関する問題をトラブルシューティングするよう常に務めていますが、最新バージョンを実行しているお客様にも、最善のサポートを提供しています。定期的に最新バージョンをチェックし、可能な限り最新バージョンにアップグレードすることを検討してください。そうすることで、Domo Workbenchが非常に使いやすくなります。

更新または移行を行う前に、ジョブを必ずバックアップしてください。問題やエラーがあった場合に、バックアップが必要になることがあります。可能であれば、アップグレードを実行する前に、VM、サーバー、PCのフルスナップショットまたはバックアップを取得するようIT部門に依頼してください。

トレーニングビデオ - Workbenchのバージョンとアップデート

ビデオが必要

注記:この製品トレーニングビデオは、Domoのお客様とクライアント様のみを対象としています。

現在のバージョンを確認するセクションを編集

現在使用しているバージョンがわからない場合があります。また、Domoサポートがカスタマイズされたサポートを提供するためにバージョンの確認を求めてくることもあります。システムトレイに青いアイコンが表示されています。そのアイコンの上にマウスのカーソルを置くと、バージョンが表示されます。

wb5_workbenchtraining_migrate1.png

青いアイコンが表示されていない場合は、この上矢印workbenchtraining_migrate_arrow.pngを最初にクリックしてください。バージョン番号は、Workbenchのログファイルにも記載されています(デフォルトでは、Workbench 5のログファイルはC:\ProgramData\Domo\Workbench\Logsにあります)。

注記:システムトレイに複数のWorkbenchモニターが表示される場合があります。実行する必要があるモニターは1つだけで、それ以外のモニターは閉じてもかまいません。 

自動アップデートを無効にするセクションを編集

デフォルトでは、自動更新が有効になっており、最新のメジャーバージョン(現在は5.x)に適用されます。 

自動更新では、Workbenchサービスの再起動が行われます。コントロールと予定されたメンテナンスを変更する必要がある場合は、次のスクリーンショットに示すように自動更新機能をオフにすることができます。

wb5_workbenchtraining_migrate2.png

Workbenchアプリケーションが最適なパフォーマンスを発揮できるように、手動メンテナンスとアップデートを定期的に行うようにしてください。

Workbench 4からWorkbench 5に移行する

この移行は自動的に行われるため、プロセスを開始するための操作は必要はありません。