メインコンテンツまでスキップ
waffle.svg
Domo Knowledge Base

Workbenchで直接アップロードを設定する

Version 2

 

直接アップロードを使用すると、負荷を制限して、Workbenchユーザーのアップロード速度を向上できます。CSVデータに「外部プロセスファイルプロバイダー」トランスポート方法を使用している場合にのみ使用可能です。Workbenchのデータの直接アップロードを設定するには、このセクションの手順に従います。作業が失われないように、プロセス全体を通してジョブを保存し、データタイプを検証するようにしてください。

直接アップロードを機能させるには、CSVファイルを正しいフォーマットで設定し、以下に説明のある手順に順番どおりに従う必要があります。

重要:アップロードを正しく行うためには、以下に示すように直接アップロード設定プロセスを実行する必要があります。プロセスが終了するまで直接アップロードを有効にしないでください。

Workbenchで直接アップロードを設定するには、

  1. WorkbenchにCSV DataSetジョブを追加し、次の操作を実行します。

    1. [トランスポート方法][外部プロセスプロバイダー] に設定します。

    2. [データソース] メニューで、[CSV] を選択します。
      WorkbenchでのCSVジョブの設定方法に関する詳細は、「Workbench 4でCSVデータに接続する」を参照してください。

  2. [ソース] タブの [トランスポート方法] の下で、次の操作を実行します。

    1. 必要な接続を使用して [プログラムの実行ファイル] フィールドを設定します。

    2. [引数] フィールドで、必要に応じて引数を設定します。

    3. [出力ファイルパス] で、CSVファイルのファイルパスを選択します。
      ファイルタイプには、[CSV] または [GZIP] を選択できます。GZIPファイルを使用すると、アップロード時間が最も短くなります。

    4. [設定を検証]をクリックします。

      直接アップロードはまだ有効にしないでください。

  3. [ソース] タブの下部にある [最初の行に列のヘッダーが含まれる] チェックボックスをオフにします。

  4. 画面右上のタスクバーの [プレビュー] をクリックします。

  5. プレビューが表示されたら、[アカウント] ペインでこのジョブの [スキーマ] をクリックします。

  6. [宛先] の名前(CSVファイルには列名はデフォルトでは表示されません)を設定/変更し、列のデータタイプを検証します。

  7. [ソース] タブに戻ります。

  8. [設定] で、[直接アップロード][オン] にします。

  9. ジョブを実行します。