メインコンテンツまでスキップ
waffle.svg
Domo Knowledge Base - 日本人

Amazon Redshift Writeback Connector

Version 1

はじめに

このコネクターを使用すると、Domo DataSetからAmazon Redshiftデータベースにデータをエクスポートできます。Redshiftについての詳細は、ウェブサイト(https://aws.amazon.com/redshift/)を参照してください。

RedshiftデータベースへのデータのエクスポートはData Centerで行います。このトピックでは、Redshift Writebackコネクターユーザーインターフェース別のフィールドとメニューについて説明します。DataSetの追加や更新スケジュールの設定、DataSet情報の編集に関する一般的な情報は「データコネクターを使ってDataSetを追加する」で説明しています。

必要条件

このコネクターを設定するには、次の情報が必要です。

  • DomoクライアントIDとクライアントシークレット。これらの認証情報を取得するには、次の手順を実行します。

    1. Domo開発者アカウント(https://developer.domo.com/login)にログインします。 

    2. 新しいクライアントを作成します。 

    3. 目的のデータとユーザーアプリケーションの範囲を選択します。

    4. [作成] をクリックします。

  • Redshiftサーバーのホスト名またはIPアドレス。

  • Redshiftデータベース名。

  • Redshiftのユーザー名とパスワード。 

  • Redshiftサーバーのポート番号。

  • AWSアクセスキー。これは、AWSコンソールの [セキュリティ認証情報] セクション(IAMを使用している場合は [ユーザー])で確認できます。 
  • AWSシークレットキー。これはアクセスキーを作成したときに提供されたものです。新しいシークレットキーは、AWSコンソールで生成できます。

SQLの認証情報が分からない場合は、SQLデータベース管理者に問い合わせてください。

Redshift CA証明書のテキストを貼り付けることもできます(または証明書がある場所のURLを入力することもできます)が、これはオプションです。

接続を設定する

このセクションでは、[Redshift Writebackコネクター] ページの [認証情報] および [詳細] ペインのオプションについて説明します。このページの他のペインの項目である [スケジュール設定][DataSetの名前と説明] に関しては、ほとんどのタイプのコネクターで共通しています。詳細については「データコネクターを使ってDataSetを追加する」を参照してください。

[認証情報] ペイン

このペインには、Domo開発者アカウントのほか、データのコピー先となるRedshiftデータベースのテーブルに接続するための認証情報の入力フィールドがあります。下表では、各フィールドに必要な内容を説明しています。

フィールド

説明

DomoクライアントID

DomoクライアントIDを入力します。

Domoクライアントシークレット

Domoクライアントシークレットを入力します。

ホスト

Redshiftデータベースのホスト名を入力します。

データベース

Redshiftデータベース名を入力します。

ユーザー名

Redshiftユーザー名を入力します。

パスワード

Redshiftパスワードを入力します。 

データベースポート

Redshiftデータベースのポート番号を入力します。

証明書書式

証明書書式を選択します。これは、[証明書] フィールドに入力した内容と一致している必要があります。特別な証明書が分からない場合、[証明書なし] を選択します。

証明書

CA証明書用テキストを貼り付けるか、または証明書がある場所のURLを入力します。デフォルトでは、証明書は必要ありません。

アクセスキー

AWSアクセスキーを入力します。

シークレットキー

AWSシークレットキーを入力します。

地域

データをプッシュするバケットを含むS3地域を選択します。

バケット

データのプッシュ先となるAWSバケットの名前を入力します。

これらの認証情報の入手方法については、前述の「必要条件」を参照してください。 

有効な認証情報を一度入力しておくと、随時同じアカウントを使用して新しいDomo-Redshift接続を設定できます。コネクターアカウントは、Data Centerの [アカウント] タブで管理できます。このタブの詳細については「コネクターのユーザーアカウントを管理する」を参照してください。

[詳細] ペイン

このペインには、データを指定してデータの送信先を示すための多数のフィールドがあります。

メニュー

説明

DataSet ID

RedshiftにコピーするDataSetのDataSet ID(GUID)を入力します。Data CenterでDataSetの詳細ビューを開き、URLのdatasources/に続く部分を見ると、IDを見つけることができます。たとえば、URLがhttps://mycompany.domo.com/datasources/845305d8-da3d-4107-a9d6-13ef3f86d4a4/details/overviewであれば、DataSet IDは845305d8-da3d-4107-a9d6-13ef3f86d4a4になります。

テーブルの名前のソース

データがコピーされるテーブルの命名方法を選択します。 

  • [DataSet ID]。テーブル名は、[DataSet ID] に入力した番号になります。

  • [DataSet名]。テーブル名は、入力DataSetの名前と同じになります。

  • [カスタム名][カスタムのテーブル名] フィールドにテーブルのカスタム名を入力します。

カスタムのテーブル名

DataSetデータをコピーするRedshiftデータベースのテーブルの名前を入力します。

その他のペイン

スケジュール設定、再試行、オプションの更新など、残りのコネクターインターフェースのセクションの詳細については、「データコネクターを使ってDataSetを追加する」を参照してください。