メインコンテンツまでスキップ
waffle.svg
Domo Knowledge Base - 日本人

Amazon S3 Writeback Connector

Version 1

はじめに

Amazon S3は、Amazon Web Servicesが提供するオンラインファイルストレージのウェブサービスです。ウェブを使っていつでも、どこからでも、どんな量のデータも保存、取得することができます。このコネクターを使用すると、Domo DataSetからAmazon S3バケットにデータをエクスポートできます。Amazon S3 APIの詳細については、製品ページ(http://docs.aws.amazon.com/AmazonS3/...I/Welcome.html)を参照してください。

データはData CenterのS3にエクスポートします。このトピックでは、Domo to S3 Writebackコネクターユーザーインターフェースに固有のフィールドとメニューについて説明します。DataSetの追加や更新スケジュールの設定、DataSet情報の編集に関する一般的な情報は「データコネクターを使ってDataSetを追加する」で説明しています。

必要条件

このコネクターを設定するには、次の情報が必要です。

  • DomoクライアントIDとクライアントシークレット。これらの認証情報を取得するには、次の手順を実行します。

    1. Domo開発者アカウント(https://developer.domo.com/login)にログインします。 

    2. 新しいクライアントを作成します。 

    3. 目的のデータとユーザーアプリケーションの範囲を選択します。

    4. [作成] をクリックします。

  • AWSアクセスキー。これは、AWSコンソールの [セキュリティ認証情報] セクションで確認できます。または、IAMを使用している場合は、[ユーザー] の中にもあります。

  • AWSシークレットキー。これはアクセスキーを作成したときに提供されたものです。新しいシークレットキーは、AWSコンソールで生成することができます。

  • データのプッシュ先となるAWS S3バケットの名前。

接続を設定する

このセクションでは、[Domo to S3 Writebackコネクター] ページの [認証情報] および [詳細] ペインのオプションについて説明します。このページの他のペインの項目である [スケジュール設定][DataSetの名前と説明] に関しては、ほとんどのタイプのコネクターで共通しています。詳細については「データコネクターを使ってDataSetを追加する」を参照してください。

[認証情報] ペイン

このペインには、Domo開発者アカウントとS3バケットに接続するための認証情報の入力フィールドがあります。下表では、各フィールドに必要な内容を説明しています。

フィールド

説明

DomoクライアントID

DomoクライアントIDを入力します。

Domoクライアントシークレット

Domoクライアントシークレットを入力します。

アクセスキー

AWSアクセスキーを入力します。

シークレットキー

AWSシークレットキーを入力します。

バケット

Domoデータのプッシュ先となるバケットの名前を入力します。

地域

バケットがあるAmazon S3バケット地域を選択します。

有効な認証情報を一度入力しておくと、随時同じアカウントを使用して新しいDomo-S3接続を設定できます。コネクターアカウントは、Data Centerの [アカウント] タブで管理できます。このタブの詳細については「コネクターのユーザーアカウントを管理する」を参照してください。

[詳細] ペイン

このペインには、データを指定してデータの送信先を示すための多数のフィールドがあります。

メニュー

説明

パス

データの保存先に選択したAmazon S3バケットのパスを入力します。 

上書き

Amazon S3バケット内の既存のファイルを選択したファイル名で上書きする場合は、[True] を選択します。 

入力DataSet ID

S3にコピーするDataSetのDataSet ID(GUID)を入力します。Data CenterでDataSetの詳細ビューを開き、URLのdatasources/に続く部分を見ると、IDを見つけることができます。たとえば、URLがhttps://mycompany.domo.com/datasources/845305d8-da3d-4107-a9d6-13ef3f86d4a4/details/overviewであれば、DataSet IDは845305d8-da3d-4107-a9d6-13ef3f86d4a4になります。

ファイル名を選択

DataSetの参照に [入力DataSet ID] を使用するか、出力ファイル名を使用するかを選択します。 

ファイル名

データの出力ファイル名を入力します。 

その他のペイン

スケジュール設定、再試行、オプションの更新など、残りのコネクターインターフェースのセクションの詳細については、「データコネクターを使ってDataSetを追加する」を参照してください。