メインコンテンツまでスキップ
waffle.svg
Domo Knowledge Base - 日本人

CSV SFTPプッシュコネクター

Version 3

はじめに

文字区切り値(CSV)ファイルは、表形式データをプレーンテキスト形式で保存します。Domoが提供する2つのコネクターによって、SFTP (Secure File Transfer Protocol)サーバーにアップロードされたCSVファイルにアクセスできます。

  • Domo CSV SFTPコネクターを使うと、専用のSFTPサーバーにアップロードしたCSVファイルにアクセスできます。

  • Domo CSV SFTPプッシュコネクターを使うと、Domo自体のSFTPにアップロード済みのCSVファイルを取得し、処理できます。このコネクターを使うと、Domoにより認証情報が発行され、データをDomoに送信できるようになります。

この記事ではCSV SFTPプッシュコネクターについて説明します。CSV SFTPコネクターの詳細については、「CSV SFTPコネクター」を参照してください。

CSV SFTPプッシュコネクターは「ファイル」コネクターです。つまり、ファイルを取得してDomoに出力します。Data Centerでこのコネクターやほかのファイルコネクターのページにアクセスするには、ウィンドウ上部のツールバーで [ファイル] をクリックします。

CSVファイルには Data Centerから接続します。このトピックでは、CSV SFTPプッシュコネクターのユーザーインターフェースに固有のフィールドとメニューについて説明します。DataSetの追加や更新スケジュールの設定、DataSet情報の編集に関する一般的な情報は 「データコネクターを使ってDataSetを追加する」で説明しています。

必要条件

Domo側のSFTPサーバーに接続し、 CSVファイルをインポートするには、.pem形式のアクセスキーが必要です。キーがない場合は、Domoで生成できます。 

CSVファイルをSFTPサーバーに送信する

このセクションでは [CSV SFTPプッシュ コネクター] ページの [認証情報] ペインと [詳細] ペインで接続を設定し、CSVオプションを設定する方法について説明します。このページのほかのペインである [アップデートモード] や [DataSetの名前と説明] におけるコンポーネントは、ほとんどのタイプのコネクターで共通しています。詳細については「データコネクターを使ってDataSetを追加する」を参照してください。 

DomoがホストするSFTPサーバーにファイルを送信してCSV DataSetを追加するには

  1.  [] 、[Data Center] の順に選択します。

  2. ウィンドウ上部のタブ行にある [ファイル ] をクリックします。

  3. コネクターリストで [CSV SFTP ] を探し、クリックします。

  4.  [アカウントに名前を付ける] フィールドに新しいアカウントの名前を入力します。
    コネクターの [アカウント] ページでこのアカウントを把握する際はこの名前が使われます。 

  5. 以下のいずれかを行います。

    • キーを生成する場合

      1.  [キーを生成] を選択します。

      2. キーファイルは1回しかダウンロードできないことを確認するチェックボックスをオンにします。

      3.  [キーを作成] をクリックします。
        キーが .pem 形式でダウンロードされます。

    • 自分のキーを入力する場合

      1.  [自分のキーを使う] を選択します。

      2. RSAパブリックキーを空白のボックスに貼り付けます。

      3.  [キーを保存] をクリックします。

  6. (条件付き)CSVファイルの最初の行が見出し行となっていない場合、ヘッダー行番号を [ヘッダー行] フィールドに入力します。見出し行となっている場合は、このフィールドを空白のままにします。

  7.  [区切り文字] メニューのCSVファイルで、使う区切り文字を選択します(これを自動的に判断させる場合は、 [区切り文字を検出 ] の設定をこのままにしておきます)。 

  8. (条件付き)インポートから除外する行がファイルの終わりに1つまたは複数ある場合は、 [フッター行をスキップ] に、スキップする行数を入力します。以上に該当しない場合、このフィールドは空白のままにします。

  9. (条件付き)CSVファイル内のデータが、ヘッダー行の次の行以外の行から開始している場合、 [データ行を開始する] フィールドに行番号を入力します。以上に該当しない場合、このフィールドは空白のままにします。

  10. エスケープ文字を [エスケープ文字] メニューから選択します。

  11. 引用文字を [引用文字] メニューから選択します。

  12. (条件付き)Domoを使ってエンコーディングタイプを自動検出する場合は[ エンコーディングを検出 ] チェックボックスをオンのままにしておきます。自動検出が不要な場合はこのチェックボックスをオフにし、[ エンコーディング ] メニューで目的のエンコーディングを選択します。

  13. 日付形式 ] フィールドで日付形式を選択します。

  14.  [次へ] をクリックします。

スケジュール設定、再試行、オプションの更新など、コネクターのインターフェースに搭載された残りのセクションの詳細については「データコネクターを使用してDataSetを 追加する 」を参照してください。

SFTPクライアントを使ってCSVファイルをアップロードする

SFTPクライアントを使うとCSVファイルをDomo SFTPサーバーにアップロードできます。ここでは、FileZilla SFTPクライアント(https://filezilla-project.org)を使ってアップロードする方法を説明します。ほかのSFTPクライアントを使うファイルのアップロード方法については、お使いのクライアントのマニュアルを参照するか、Google検索などを利用してください。

FileZillaを使ってDomo SFTPサーバーにCSVファイルを送信するには

  1. CSVファイルをSFTPサーバーに送信する」の説明に従って、CSVコネクターをDomoで設定します。 

  2.  .pem ファイルを使用マシンのディレクトリに移動します。
    この例では /sftp ディレクトリを使っています。

  3. 新しいDataSetのID(DataSetの [詳細] ビューの [ アップロード方法 ] タブ内に表示)と同じ名前のCSVファイルを /sftp ディレクトリ下に作成します。
    たとえばDataSetのIDが cb4ba6a0-0934-440f-8572-1253b9f7525aの場合、CSVファイルの名前は cb4ba6a0-0934-440f-8572-1253b9f7525a.csvとなります。 

  4. FileZillaのサイトマネージャーで新規サイトを作成します。 

  5. 全般 ] タブで次のように設定します。
     

    設定対象

    手順

    ホスト

    DataSetの [詳細] ビューの [ アップロード方法 ] タブに表示される ホスト名 のURLを入力します。

    ポート

    「22」 と入力します。

    プロトコル

    [SFTP] を選択します。

    ログオンのタイプ

     [キーファイル] を選択します。

    ユーザー

    DataSetの [詳細] ビューの [ アップロード方法 ] タブにある [ ユーザー名 ] の隣に表示される値を入力します。

    キーファイル

    ファイルブラウザで .pem キーを探します。

  6. 先ほど設定したサイトへの接続を開きます。

  7. ローカルファイルウィンドウからリモートサイトウィンドウに、アップロードするCSVファイルをドラッグします。


     

  8. 接続を切るか、FileZillaを終了します。

ここでファイルをDomoにアップロード中であると表示されます。

コマンドラインを使ってCSVファイルをアップロードする

CSVファイルは、コマンドラインクライアントを使ってDomo SFTPサーバーに送信できます。この方法はMacまたはLinuxシステム専用です。Windowsでは機能しない場合があります。

コマンドラインを使ってCSVファイルをDomo SFTPサーバーに送信するには

  1. CSVファイルをSFTPサーバーに送信する」の説明に従って、CSVコネクターをDomoで設定します。 

  2.  .pem ファイルを使用マシンのディレクトリに移動します。
    この例では /sftp ディレクトリを使っています。

  3. 新しいDataSetのID(DataSetの [詳細] ビューの [ アップロード方法 ] タブ内に表示)と同じ名前のCSVファイルを /sftp ディレクトリ下に作成します。
    たとえばDataSetのIDが cb4ba6a0-0934-440f-8572-1253b9f7525aの場合、CSVファイルの名前は cb4ba6a0-0934-440f-8572-1253b9f7525a.csvとなります。 

  4.  /sftp ディレクトリで次のコマンドを使い、SFTPサーバーに接続します。

    sftp –i  domosftpkey.pem username@mycompany.import.domo.com

    ここで username は [アップロード方法] タブの [ユーザー名] に対応する値、 domosftpkey.pem はお使いのキー名、 mycompany はお使いのDomoドメイン(お使いのDomoインスタンスのURLで 「http://」のすぐ後に続く部分)です。 

  5. CSVファイルをアップロードするときは次のコマンドを使います。

    put cb4ba6a0-0934-440f-8572-1253b9f7525a.csv

  6. サーバーを終了するには 「quit」と入力します。

    サーバーを終了すると、Domoでファイルが処理中と表示されます。

サーバーに接続しようとすると、次のメッセージが表示される可能性があります。

この状況になったら次のコマンドを実行し、再度接続を試みます。

chmod 600 /sftp/domosftpkey.pem

この「 domosftpkey.pem 」は、自分のキーの名前です。

サードパーティのサービスを使ってCSVファイルをアップロードする

CSVファイルは、様々なサードパーティのサービスを使ってDomo SFTPサーバーに送信できます。こちらではAdobe Analyticsを使ってアナリティクスレポートを送信する方法を説明します。ほかのサービスを使ってファイルをアップロードする方法の詳細については、該当するサービスの資料を参照するか、Google検索などを利用してください。

Adobe Analytics CSVファイルをDomo SFTPサーバーに送信するには

  1. CSVファイルをSFTPサーバーに送信する」の説明に従って、CSVコネクターをDomoで設定します。以下のオプションが設定されていることを確認します。

    • [キーを生成または選択] で [自分のキーを使う] オプションを選択します。ここでAdobeから受け取ったRSAパブリックキーをテキストフィールドに貼り付けます。

    • [解析オプション] で

      • 区切り文字を [ カンマ] に設定します。

      • Adobeでヘッダー行を除外するよう設定してある場合を除き、[ ヘッダー行を含める ] チェックボックスをオンのままにします。

  2. Adobe Analyticsに切り替え、アカウントにログインします。

  3. [ツール]、[Data Warehouse] の順に進みます。


     

  4. [Data Warehouseリクエスト] タブで、Domoに送信するレポートを定義するとき必要なパラメータをすべて入力します。これに該当するパラメータには、 リクエスト名、 レポートの日付、 セグメント、 アイテム、 内訳、 メトリクスなどがあります。


     

  5. ページ下部にある [配信スケジュール] セクションで [アドバンス配信オプション] をクリックします。


     

  6. 次のように配信オプションを設定します。

    設定対象オプション

    手順

    レポートファイル名

    カスタム] を選択し、Domo DataSet IDに拡張子 「.csv」を付けてテキストフィールドに入力します。 

    レポートの形式

    CSV] を選択します。

    レポートの送信先

    FTP] を選択します。ここでフィールドに以下の情報を入力します。

    ホスト

    sftp://ホスト名 (Domoの [ アップロード方法 ] タブに記載。例: sftp://modocorp.import.domo.comなど)

    ポート

    22

    ディレクトリ

    Domoの [ アップロード方法 ] タブにある [ ユーザー名 ] の値を入力します。

    ユーザー名

    Domoの [ アップロード方法 ] タブにある [ ユーザー名 ] の値を入力します。

    パスワード

    空白のままにします。Adobeは先ほどのステップ1で入力したRSAパブリックキーを使用します。

    適宜、[ スケジューリングのオプション ] タブをクリックし、1回のみ有効の即時配信にするか、定期スケジュールにするかを指定することもできます。



     

  7. アドバンス配信オプションをすべて指定したら、[ 送信] をクリックします。
    Data Warehouseリクエスト ] ページに戻ります。

  8. このレポートをリクエスト ] をクリックして、設定をすべて保存します。

これでレポートがAdobeのキューに入り、準備ができたところでDomoに配信されます。このリクエストをAdobeが実行するまで多少時間がかかる場合があります。