メインコンテンツまでスキップ
waffle.svg
Domo Knowledge Base

ページ タイトル

Version 1

 

はじめに

Cisco Webexは、ビデオ会議、オンライン会議、画面共有、ウェビナー向けの業界有数のエンタープライズソリューションです。Webexは、Cisco Webexクラウドから安全性の高い音声の統合、ビデオ、コンテンツ共有を提供するオンラインコラボレーションプラットフォームです。DomoのWebexコネクターを使用してWebexデータをDomoに接続すると、会議とコラボレーションをよりよく理解することができます。Webex APIの詳細については、https://developer.webex.com/docs/api/getting-startedを参照してください。

Webexアカウントには、Data Centerから接続します。このトピックでは、Webexコネクターユーザーインターフェースに固有のフィールドとメニューについて説明します。DataSetの追加や更新スケジュールの設定、DataSet情報の編集に関する一般的な情報は、「データコネクターを使用してDataSetを追加する」に説明があります。

必要条件

Webexアカウントに接続してDataSetを作成するには、以下が必要です。

  • Webex ID

  • Webexのパスワード 

  • Webexのサイト名 

Webexアカウントに接続する

このセクションでは、[Webexコネクター]ページの[認証情報]および[詳細]ペインのオプションについて説明します。 このページのほかのペインの項目にある[スケジュール設定][DataSetの名前を付け、説明を入力]に関しては、コネクタータイプのほとんどで共通です。詳細については「データコネクターを使用してDataSetを追加する」を参照してください。

[認証情報] ペイン

このペインには、Webexアカウントに接続する認証情報の入力フィールドが含まれています。以下の表では、各フィールドに必要な内容を説明しています。 

フィールド

説明

Webex ID Webex IDを入力します。
パスワード Webexパスワードを入力します。
サイト名 Webexのサイト名を入力します。 

有効なWebex認証情報を一度入力しておくと、随時同じアカウントを使用して新しいWebex DataSetを作成できます。コネクターアカウントは、Data Centerの[アカウント]タブで管理できます。このタブの詳細については、「コネクターのユーザーアカウントを管理する」を参照してください。

[詳細] ペイン

このペインには、メインの[レポート]メニューの他、選択したレポートタイプに応じて表示/非表示になるその他様々なメニューがあります。

メニュー

説明

レポート

実行するWebexレポートを選択します。 以下のレポートが利用できます。

出席者 選択した日付範囲内に開始されるミーティングの出席者のリストを返します。
登録 選択した日付範囲内に開始されるセッションの登録リストを返します。
イベント 選択した日付範囲内に開始されるイベントのリストを返します。
フィードバック 選択した日付範囲内に開始されるセッションのフィードバックを返します。
ミーティング 選択した日付範囲内に開始されるミーティングのリストを返します。
プログラム プログラムのリストを返します。
記録されたイベント 選択した日付範囲内に開始される記録されたイベントのリストを返します。
セッション 選択した日付範囲内に開始されるセッションのリストを返します。
ユーザー ユーザーのリストを返します。
日付の選択 データの日付形式を選択します。
単一の日付 レポートのデータが特定の日付か、または今日から何日前までのものかを選択します。
単一の日付 - 特定 日付セレクターを使用して特定の日付を選択します。
単一の日付 - 相対 今日を基準にした数値を入力して、データの受信を開始する日を選択します。例:開始日が昨日の場合は「1」、開始日が1週間前の場合は「7」、開始日が1か月前の場合は「30」を入力します。
日付範囲 特定の日付範囲、または相対の日付範囲を選択します。
開始日 - 特定 日付セレクターを使用して日付範囲の最初の日付を選択します。
終了日 - 特定 日付セレクターを使用して日付範囲の最後の日付を選択します。
開始日 - 相対

データを取得する過去の日数(開始日)を入力します。終了日と組み合わせて、表示する日付の範囲を作成します。

例えば、開始日に「10」、終了日に「5」を入力した場合、レポートには10日前から5日前のデータが含まれます。

終了日 - 相対

データを取得するのに遡る日(終了日)を入力します。開始日と組み合わせて、表示する日付の範囲を作成します。

例えば、開始日に「10」、終了日に「5」を入力した場合、レポートには10日前から5日前のデータが含まれます。

期間 データを受信する期間を指定します。
週の最初の曜日 週の開始日を選択します。

その他のペイン

スケジュール設定、再試行、オプションの更新など、このページにないセクションに記載のコネクターインターフェースについては、「  データコネクターを使用してDataSetを追加する」を参照してください。


DomoのWebexコネクターを使用してWebexデータをDomoに接続すると、会議とコラボレーションをよりよく理解することができます。