メインコンテンツまでスキップ
waffle.svg
Domo Knowledge Base

Salesforce ExactTargetコネクター

Version 5

 

はじめに

ExactTarget(現在はSalesforce Marketing Cloudになっています)は、デジタルマーケティングオートメーション/分析ソフトウェア・サービスを提供しています。メールをはじめ、モバイル、ソーシャルおよびオンラインマーケティング用のマーケティングオートメーションと分析ソフトウェアを開発しています。DomoのExactTarget Connectorを使用すると、アカウントやグループ、メールアクティビティに関するレポートを作成することができます。ExactTarget APIの詳細については、ウェブサイト(https://developer.salesforce.com/doc...index-api.html — SOAPのみ)を参照してください。

Salesforce ExactTargetコネクターは「クラウドアプリ」です。つまり、クラウドに保管されたデータを取得できます。Data Centerでウィンドウ上部のツールバーで[クラウドApp] をクリックすると、これを含む他のクラウドAppコネクターのページにアクセスできます。  

ExactTargetアカウントには、Data Centerから接続します。このトピックでは、ExactTarget Connectorユーザーインターフェース固有のフィールドとメニューについて説明します。DataSetの追加や更新スケジュールの設定、DataSet情報の編集に関する一般的な情報は、「データコネクターを使用してDataSetを追加する」を参照してください。

主な使用事例

DomoのExactTargetコネクターを使用すると、ソーシャルメディアエンゲージメント、メールマーケティングキャンペーン、モバイル(SMS)マーケティングを追跡できます。また、様々なプラットフォームから事前に集計されたソーシャルメディアメトリクスを取得することもできます。

主なメトリクス

  • インプレッション数

  • エンゲージメント

  • リツイート

  • 「いいね!」

  • 送信

  • 開封

社内における主な権限

  • マーケティングディレクター

  • マーケティングマネージャー

平均導入時間

APIは一度に2,500行のデータのみをリクエストするため、特に大量のデータをリクエストする場合には、数時間かかる場合があります。コネクターがタイムアウトした場合は、日付のフィルタリングを使用して、リクエストするデータの数を減らします。

使いやすさ(1~10段階。1が「最も使いやすい」)

6

ベストプラクティス

最良の結果を得るには、特定のリストの送信レポートを取得する場合であれば、認証情報を確認し、リストIDがあることを確認してください。

必要条件

ExactTargetアカウントに接続してDataSetを作成するには、以下が必要です。

  • ExactTargetユーザー名

  • ExactTargetパスワード

さらに、Domoで接続するユーザーのAPIアクセスをExactTargetで構成する必要があります。構成するには、次の手順を実行します。

  1. ExactTargetインスタンスで、[Email] > [Admin] > [My Users]に移動します。

  2. アクセスを有効にするユーザーのボックスにチェックを入れます。

  3. [Manage Roles]をクリックします。

  4. [Edit Permissions]をクリックします。

  5. [Automation Studio] > [Automation]を拡張します。

  6. [Execute (API)]の右側のボックスにチェックを入れます。

  7. [Users]リストに戻り、ユーザーの名前をクリックします。

  8. [Edit]をクリックします。

  9. [API User]のボックスにチェックを入れます。

ExactTarget Accountに接続する

このセクションでは、ExactTargetコネクターページの[認証情報]および[詳細]ぺインのオプションについて説明します。このページの他のペインの項目である[スケジュール設定][DataSetに名前を付け、説明を入力]に関しては、ほとんどのタイプのコネクターで共通しています。詳細については「データコネクターを使用してDataSetを追加する」を参照してください。

認証情報ペイン

このペインには、ExactTargetアカウントに接続するための認証情報入力フィールドが含まれています。下表は、各フィールドに必要な内容を説明しています。

フィールド

説明

ユーザー名

ExactTargetユーザー名を入力します。

パスワード

ExactTargetパスワードを入力します。  

ExactTarget(Salesforce Marketing Cloud)アカウント入手に関する詳細は、www.exacttarget.comを参照してください。  

有効なExactTargetの認証情報を一度入力しておくと、随時同じアカウントを使用して新しいExactTarget DataSetを作成することができます。コネクターアカウントはData Center[アカウント] タブで管理することができます。このタブの詳細については、「コネクターのユーザーアカウントを管理する」を参照してください。

詳細ペイン

このペインには、[レポート]メニューがあり、多数の様々なExactTargetレポートタイプから選択することができます。以下の表はこれらのレポートのリストと説明を表示しています。

レポート

説明

アカウントレポート

作成日、アカウントタイプ、連絡先などアカウントに関する情報を返します。 

アカウントユーザーレポート

連絡先、ユーザーIDなどアカウントのユーザーに関する情報を返します。 

オートメーションレポート

アカウントのAutomation Studioにあるオートメーションに関する情報を返します。 

ビジネスユニットレポート 大型EnterpriseまたはEnterprise 2.0アカウント内のユニットに関する情報を返します。

バウンスイベントレポート

メールメッセージのバウンスという特殊イベントに関して、SMTPやその他の情報を返します。 

クリックイベントレポート

メッセージに含まれるリンクへのクリックに関して、その時間と日付情報、およびURL IDとURLを返します。 

コンテンツエリアレポート

利用可能コンテンツの定義済みセクションに関する情報を返します。 

データ拡張フィールドレポート

アカウントでのデータ拡張内のフィールドに関する情報を返します。 

データ拡張オブジェクトレポート

アカウントでのデータ拡張内の行に関する情報を返します。 

データ拡張テンプレートレポート

アカウント内のデータ拡張テンプレートに関する情報を返します。 

データフォルダーレポート

アカウントのフォルダーに関する情報を返します。 

ダブルオプトインMOキーワードレポート

モバイルユーザーがダブルオプトイン・ワークフローを使用してSMSメッセージを購読できるようにするMOキーワードを返します。 

メールレポート

件名、本文、作成日など認証ユーザーの保存メールに関する情報を返します。 

メール送信定義レポート

メールメッセージ情報、送信者プロフィール、送信プロフィール、受信者情報を返します。 

抽出定義レポート

抽出リクエストに関する情報を返します。  

抽出説明レポート(将来用)

特定のデータ抽出に関する情報を返します。

ファイルトリガーレポート(将来用)

Salesforceは「現在利用できません」と表示しますが、ファイルトリガーに関する情報を返します。

ファイルトリガータイプ最終プルレポート(将来用)

Salesforceは「現在利用できません」と表示しますが、ファイルトリガーの最後のプルに関する情報を返します。

フィルター定義レポート

フィルタリング定義に関する情報を返します。 

転送メールイベントレポート

サブスクライバーが「Forward To A Friend」(友だちに転送する)機能を使ってメールを他のユーザーに送信したイベントを返します。 

転送メールオプトインイベントレポート

「Forward To A Friend」(友だちに転送する)イベントに関連するオプトインイベントに関する情報を返します。 

グローバル購読解除カテゴリレポート(将来用)

Salesforceは「現在利用できません」と表示しますが、グローバルサブスクライブ解除カテゴリーに関する情報を返します。

グループレポート

アプリケーションUIで定義されるサブスクライバーのグループに関する情報を取得します。 

ヘルプMOキーワードレポート

アカウント用HELP SMSキーボードに関連する操作を返します。 

定義インポートレポート

インポートオプションの再利用可能なパターンを返します。 

結果サマリインポートレポート

ImportDefinitionにより開始された個別インポートに関するステータスと総合情報を含む読み取り専用のオブジェクトを返します。 

リンク送信レポート

送信にあるリンクに関する情報を返します。 

リスト属性レポート(将来用)

Salesforceは「現在利用できません」と表示しますが、リスト属性に関する情報を返します。

リストレポート

サブスクライバーのマーケティングリストを返します。 

リスト送信レポート

完了した送信のリストに関する情報を返します。 

リストサブスクライバーレポート

リストのサブスクライバーを返します。

メッセージ設定レポート

メッセージング設定の詳細を返します。 

メッセージベンダー種類レポート

SMS(ショートメッセージサービス)またはボイスメッセージングベンダーの詳細を返します。  

新規リンク送信レポート 送信日で選択された送信にあるリンクに関する情報を返します。

オープンイベントレポート

サブスクライバーにより送信されたメッセージの開封に関する情報を返します。 

ポートフォリオレポート

アカウントのポートフォリオ内のファイルのリストを返します。 

プライベートIPレポート

メッセージ送信の一部として使用されるプライベートIPアドレスに関する情報を返します。 

プログラムマニフェストテンプレートレポート(将来用)

Salesforceには「現在利用できません」と表示されますが、プログラムマニフェストテンプレートに関する情報が返されます。

パブリックキー管理レポート(将来用)

Salesforce は「現在利用できません」と表示します。パブリックキー管理に関する情報を返します。

パブリケーションレポート(将来用)

Salesforce は「現在利用できません」と表示しますが、パブリケーションに関する情報を返します。

パブリケーションサブスクライバーレポート

パブリケーションリストのユーザーに関する情報を返します。

クエリ定義レポート

SOAP APIがアクセスし実行したSQLクエリアクティビティに関する情報を返します。

メール返信管理設定レポート

アカウント内の返信メール管理の設定を返します。 

結果項目レポート

非同期APIコールの結果を返します。 

結果メッセージレポート

非同期APIコールの結果を含むメッセージに関する詳細を返します。 

権限レポート

アカウントでユーザーに指定された権限と認可のリストを返します。 

追加属性送信レポート

送信に関連する追加属性を返します。 

送信分類レポート

アカウントの送信分類に関する情報を返します。 

メールMOキーワード送信レポート

MOメッセージで定義されたメールアドレスにトリガードメールメッセージを送信したアクションに関する情報を返します。 

送信レポート

ユーザーのメール送信アクティビティに関する情報を返します。 

SMS MOキーワード送信レポート

指定MOキーワード受信時に取られた行動に関する情報を返します。 

送信イベントレポート

個別のサブスクライバーを含む、送信に関連するトラッキングデータを返します。 

SMS MTイベントレポート

サブスクライバーに送信されたSMSメッセージに関する情報を返します。 

SMS共有キーワードレポート

SMSメッセージで使用されたキーワードに関する情報を返します。 

SMSトリガーによる送信レポート

SMSでトリガーされた送信に関する情報を返します。 

サブスクライバーレポート サブスクライバーのリストを返します。

サブスクライバーリストレポート

指定されたサブスクライバーのリストを返します。  

サブスクライバー送信結果レポート(将来用)

Salesforce に「現在利用できません」と表示されますが、サブスクライバー送信結果に関する情報が返されます。
リスト別サブスクライバー詳細 特定のリストの詳細を返します。
リスト別サブスクライバーイベント サブスクライバーのリストを返します。

サプレッションリストコンテキストレポート

SuppressionListDefinitionsが関連する可能性のあるコンテキストを返します。 

サプレッションリスト定義レポート

異なるコンテキストと関連する可能性のあるサプレッションリストを返します。 

アンケートイベントレポート

アンケート回答イベントに関する情報を返します。 

テンプレートレポート

メールテンプレートに関する情報を返します。 

タイムゾーンレポート

アプリケーション内のタイムゾーンに関する情報を返します。

トリガーによる送信の定義レポート

トリガーによる送信に関する定義情報を返します。 

トリガーによる送信サマリレポート

トリガーメール送信に対する結果サマリ情報を返します。 

サブスクライブ解除イベントレポート サブスクライブ解除イベントに関する情報を返します。

SMSパブリケーションのサブスクライブ解除MOキーワードレポート

サブスクライバーがSMSパブリケーションリストの購読を解除するのに使用するキーワードを返します。 

レポートフィールド

次の表に、このコネクターを使用するすべてのレポートで使用可能なフィールドを示します。

レポート名

フィールド

アカウントレポート

{ID, CreatedDate, AccountType, Address, BrandID, BusinessName, City, Country,CustomerKey, DeletedDate, EditionID, Email, Fax, InheritAddress, IsActive, IsTestAccount, IsTrialAccount,ParentID, ParentName, PartnerKey, Phone, PrivateLabelID, State, Zip};

アカウントユーザーレポート

{ID, AccountUserID, ActiveFlag, ChallengeAnswer, ChallengePhrase, Client.ID, CreatedDate, CustomerKey, DefaultBusinessUnit, Email, IsAPIUser, IsLocked, LastSuccessfulLogin, ModifiedDate, MustChangePassword, Name, NotificationEmailAddress, Password, UserID};

オートメーションレポート

{AutomationType, CreatedDate, CustomerKey, Description, IsActive, ModifiedDate, Name, ProgramID,Status};

バウンスイベントレポート

{ID, BatchID, BounceCategory, BounceType, Client.ID, CreatedDate, EventDate, EventType, ModifiedDate, ObjectID, PartnerKey, SendID, SMTPCode, SMTPReason, SubscriberKey, TriggeredSendDefinitionObjectID};

コンテンツエリアレポート

{ID, CategoryID, Client.ID, Content, CreatedDate, CustomerKey, IsBlank, IsDynamicContent, IsSurvey, Key, Layout, ModifiedDate, Name, ObjectID};

クリックイベントレポート

{ID, BatchID, Client.ID, CreatedDate, EventDate, EventType, ModifiedDate, ObjectID, PartnerKey, SendID, SubscriberKey, TriggeredSendDefinitionObjectID, URL, URLID};

データ拡張フィールドレポート

{Client.ID, Name, CustomerKey, DefaultValue, FieldType, IsPrimaryKey, IsRequired, MaxLength, ModifiedDate, ObjectID, Ordinal, PartnerKey, Scale, DataExtension.CustomerKey, CreatedDate};

データ拡張テンプレートレポート

{Client.ID, CreatedDate, CustomerKey, Description, ModifiedDate, Name, ObjectID, PartnerKey,};

データフォルダーレポート

{ID, AllowChildren, Client.ID, ContentType, CreatedDate, CustomerKey, Description, IsActive, IsEditable, ModifiedDate, Name, ObjectID};

ダブルオプトインMOキーワードレポート

{Client.ID, CreatedDate, CustomerKey, InvalidPublicationMessage, InvalidResponseMessage, IsDefaultKeyword, MissingPublicationMessage, ModifiedDate, NeedPublicationMessage, PromptMessage, SuccessMessage, UnexpectedErrorMessage, ValidPublications, ValidResponses};

メールレポート

{Name, ID, EmailType, CreatedDate, Status, Subject, CharacterSet, ClonedFromID, ContentCheckStatus, CustomerKey, EmailType, Folder, PartnerKey, TextBody};

メール送信定義レポート

{Name, ID, EmailType, CreatedDate, Status, Subject, CharacterSet, ClonedFromID, ContentCheckStatus, CustomerKey, EmailType, Folder, PartnerKey, TextBody};

抽出定義レポート

{ID, Client.ID, ConfigurationPage, CorrelationID, CreatedDate, CustomerKey, ModifiedDate, Name, ObjectID, ObjectState, PackageKey, Parameters, PartnerKey, Values};

抽出説明レポート

{ID, Client.ID, ConfigurationPage, CorrelationID, CreatedDate, CustomerKey, ModifiedDate, Name, ObjectID, ObjectState, PackageKey, Parameters, PartnerKey};

ファイルトリガーレポート

{Client.ID, CreatedDate, CustomerKey, Description, ExternalReference, FileName, IsActive, LastPullDate, ModifiedDate, Name, ObjectID, RequestParameterDetail, ResponseControlManifest, ScheduledDate, Status, StatusMessage, Type};

ファイルトリガータイプ最終プルレポート

{Client.ID, ExternalReference, LastPullDate, ObjectID, Type};

フィルター定義レポート

{CategoryID, Client.ID, CreatedDate, CustomerKey, DataFilter, Description, ModifiedDate, Name, ObjectID};

転送メールイベントレポート

{ID, BatchID, Client.ID, CreatedDate, EventDate, EventType, ModifiedDate, ObjectID, PartnerKey, SendID, SubscriberKey, TriggeredSendDefinitionObjectID};

転送メールオプトインイベントレポート

{ID, BatchID, Client.ID, CreatedDate, EventDate, EventType, ModifiedDate, ObjectID, OptInSubscriberKey, PartnerKey, SendID, SubscriberKey, TriggeredSendDefinitionObjectID};

グローバルサブスクライブ解除カテゴリレポート

{ID, Client.ID, CorrelationID, CreatedDate, CustomerKey, IgnorableByPartners, Ignore, ModifiedDate, Name, ObjectID, ObjectState, PartnerKey};

グループレポート

{ID, ObjectID, Name, CreatedDate, Description, PartnerKey};

ヘルプMOキーワードレポート

{Client.ID, CreatedDate, CustomerKey, DefaultHelpMessage, FriendlyName, IsDefaultKeyword, MenuText, ModifiedDate, MoreChoicesPrompt};

定義インポートレポート

{AllowErrors, CustomerKey, Delimiter, Description, EndOfLineRepresentation, FieldMappingType, FileSpec, FileType, HeaderLines, MaxFileAge, MaxFileAgeScheduleOffset, MaxImportFrequency, Name, NullRepresentation, ObjectID, PartnerKey, StandardQuotedStrings, UpdateType};

結果サマリインポートレポート

{ID, Client.ID, DestinationID, EndDate, ImportDefinitionCustomerKey, ImportStatus, ImportType, NumberDuplicated, NumberErrors, NumberSuccessful, ObjectID, StartDate, TaskResultID, TotalRows};

リンク送信レポート

{ID, Client.ID, ObjectID, PartnerKey, SendID};

リストレポート

{ID, Category, Client.ID, CreatedDate, CustomerKey, Description, ListClassification, ListName, ModifiedDate, ObjectID,PartnerKey,Type};

リスト属性レポート

{ID, Client.ID, CreatedDate, DefaultValue, Description, FieldLength, FieldType, Inheritable, IsHidden, IsNullable, IsReadOnly, MaxValue, MinValue, ModifiedDate, MustOverride, Name, ObjectID, Ordinal, Overridable, OverrideType, RestrictedValues, Scale};

リスト送信レポート

{ID, Client.ID, Duplicates, ExistingUndeliverables, ExistingUnsubscribes, ForwardedEmails, HardBounces, InvalidAddresses, MissingAddresses, NumberDelivered, NumberSent, OtherBounces, PartnerKey, PreviewURL, SendID, SoftBounces, UniqueClicks, UniqueOpens, Unsubscribes, List.ID, List.ListName};

リストサブスクライバーレポート

{ID, Client.ID, CreatedDate, ListID, ModifiedDate, ObjectID, Status, SubscriberKey};

メッセージ設定レポート

{CallbackUrl, Client.ID, Code, CreatedDate, IsActive, MediaTypes, ModifiedDate, ObjectID, Password, ProfileID, Url, UserName};

メッセージベンダー種類レポート

{ID, CreatedDate, IsPasswordRequired, IsProfileRequired, IsUsernameRequired, Kind, ModifiedDate, Vendor};

新規リンク送信レポート

{ID, Client.ID, ObjectID, PartnerKey, SendID, Link.Alias, Link.URL, Link.TotalClicks, Link.UniqueClicks};

オープンイベントレポート

{ID, BatchID, Client.ID, CreatedDate, EventDate, EventType, ModifiedDate, ObjectID, PartnerKey, SendID, SubscriberKey, TriggeredSendDefinitionObjectID};

ポートフォリオレポート

{CacheClearTime, CategoryID, CategoryType, Client.ID, CreatedDate, CustomerKey, Description, DisplayName, FileHeightPX, FileName, FileSizeKB, FileURL, FileWidthPX, IsActive, IsUploaded, ModifiedDate, ObjectID, PartnerKey, ThumbSizeKB, ThumbURL, TypeDescription};

プライベートIPレポート

{ID, Client.ID, CreatedDate, Description, IPAddress, IsActive, Name, OrdinalID, PartnerKey};

プログラムマニフェストテンプレートレポート

{Client.ID, Content, CreatedDate, CustomerKey, ModifiedDate, ObjectID, OperationType, Type};

パブリックキー管理レポート

{ID, Client.ID, CreatedDate, Key, ModifiedDate, Name, PartnerKey};

パブリケーションレポート(将来用)

{ID, Category, Client.ID, CreatedDate, ModifiedDate, Name, PartnerKey};

パブリケーションサブスクライバーレポート

{Client.ID};

クエリ定義レポート

{CategoryID, Client.ID, CreatedDate, CustomerKey, Description, FileSpec, FileType, ModifiedDate, Name, ObjectID, QueryText, Status, TargetType, TargetUpdateType};

メール返信管理設定レポート

{ID, AutoReplyBody, AutoReplySubject, Client.ID, CreatedDate, DeleteAutoReplies, DNSRedirectComplete, EmailDisplayName, EmailReplyAddress, ForwardingAddress, ModifiedDate, ReplySubdomain, SendAutoReplies, SupportLeaveKeyword, SupportMisspelledKeywords, SupportOptOutKeyword, SupportRemoveKeyword, SupportUnsubKeyword, SupportUnsubscribeKeyword, SupportUnsubscribes};

結果項目レポート

{Client.ID, ConversationID, CorrelationID, CreatedDate, ErrorCode, OrdinalID, RequestID, RequestObjectType, RequestType, StatusCode, StatusMessage};

結果メッセージレポート

{CallsInConversation, Client.ID, ConversationID, CreatedDate, ErrorCode, OverallStatusCode, RequestID, RequestType, ResultType, SequenceCode, StatusCode, StatusMessage};

権限レポート

{Client.ID, CreatedDate, CustomerKey, Description, IsPrivate, IsSystemDefined, ModifiedDate, Name, ObjectID, Permissions, PermissionSets};

追加属性送信レポート

{Client.ID};

送信分類レポート

{ArchiveEmail, Client.ID, CreatedDate, CustomerKey, Description, ModifiedDate, Name, ObjectID, PartnerKey, SendClassificationType};

メールMOキーワード送信レポート

{Client.ID, CreatedDate, CustomerKey, FailureMessage, IsDefaultKeyword, MissingEmailMessage, ModifiedDate, SuccessMessage};

送信レポート

{ID, CreatedDate, PreviewURL, SendDate, SendLimit, EmailName, ExistingUndeliverables, ExistingUnsubscribes, ForwardedEmails, FromAddress, FromName, HardBounces, InvalidAddresses, MissingAddresses, NumberErrored, NumberExcluded, NumberTargeted, OtherBounces, PartnerKey, PreviewURL, SendDate, SendLimit, SendWindowClose, SendWindowOpen, SoftBounces, Status, Subject, UniqueClicks, UniqueOpens, Unsubscribes};

SMS MOキーワード送信レポート

{Client.ID, CreatedDate, CustomerKey, IsDefaultKeyword, Message, ModifiedDate, ObjectID, ScriptErrorMessage};

送信イベントレポート

{BatchID, Client.ID, EventDate, EventType, PartnerKey, SendID, SubscriberKey, TriggeredSendDefinitionObjectID};

SMS MTイベントレポート

{Carrier, Client.ID, EventDate, MOCode, ObjectID};

SMS共有キーワードレポート

{Client.ID, CreatedDate, EffectiveDate, ExpireDate, ModifiedDate, RequestDate, ReturnToPoolDate, SharedKeyword, ShortCode};

SMSトリガーによる送信レポート

{Client.ID, CreatedDate, ObjectID, SmsSendId};

サブスクライバーレポート {ID, Client.ID, CreatedDate, EmailAddress,EmailTypePreference, PartnerKey, Status, SubscriberKey, UnsubscribedDate}

サブスクライバーリストレポート

{ID, Client.ID, CreatedDate, ModifiedDate, PartnerKey, Status, List.ID, List.ListName, Subscriber.Status, Subscriber.CreatedDate, Subscriber.ID, Subscriber.EmailAddress, Subscriber.SubscriberKey, Subscriber.UnsubscribedDate};

サブスクライバー送信結果レポート(将来用)

{ID, BounceDate, ClickDate, Client.ID, FromAddress, FromName, HardBounces, OpenDate, OtherBounces, PartnerKey, SentDate, SoftBounces, Subject, TotalClicks, UniqueClicks, UnsubscribeDate, Send.ID, Email.ID};

リスト別サブスクライバー詳細レポート

{Client.ID, PartnerKey, CreatedDate, ID, EmailAddress, SubscriberKey, Status, EmailTypePreference, UnsubscriberDate} plus custom attributes that have been defined for subscribers in Exact Target};

リスト別サブスクライバーイベント {ID, Client.ID, CreatedDate, ModifiedDate, PartnerKey, Status, List.ID, List.ListName, Subscriber.Status, Subscriber.CreatedDate, Subscriber.ID, Subscriber.EmailAddress, Subscriber.SubscriberKey, Subscriber.UnsubscribedDate}

サプレッションリストコンテキストレポート

{AppliesToAllSends, Client.ID, Context, CreatedDate, ModifiedDate, ObjectID, SendClassificationType};

サプレッションリスト定義レポート

{Category, Client.ID, CreatedDate, CustomerKey, Description, ModifiedDate, Name, ObjectID, SubscriberCount};

アンケートイベントレポート

{ID, Answer, BatchID, Client.ID, CreatedDate, EventDate, EventType, ModifiedDate, ObjectID, PartnerKey, Question, SendID, SubscriberKey, TriggeredSendDefinitionObjectID};

テンプレートレポート

{ID, ActiveFlag, Align, BackgroundColor, BorderColor, BorderWidth, CategoryID, CategoryType, Client.ID, Cellpadding, Cellspacing, CustomerKey, IsTemplateSubjectLocked, LayoutHTML, ObjectID, OwnerID, TemplateName, TemplateSubject, Width};

タイムゾーンレポート

{ID, Name};

トリガーによる送信の定義レポート

{AllowedSlots, AutoAddSubscribers, AutoUpdateSubscribers, BatchInterval, BccEmail, CategoryID, Client.ID, CreatedDate, CustomerKey, Description, DynamicEmailSubject, EmailSubject, FromAddress, FromName, IsMultipart, IsWrapped, Keyword, ModifiedDate, Name, NewSlotTrigger, ObjectID, PartnerKey, Priority, SendLimit, SendWindowClose, SendWindowOpen, SuppressTracking, TriggeredSendStatus, TriggeredSendType};

トリガーによる送信サマリレポート

{Bounces, Clicks, Client.ID, Conversions, CustomerKey, FTAFEmailsSent, FTAFOptIns, FTAFRequests, InProcess, NotSentDueToError, NotSentDueToOptOut, NotSentDueToUndeliverable, ObjectID, Opens, OptOuts, PartnerKey, Sent, SurveyResponses, UniqueClicks, UniqueConversions, UniqueOpens, TriggeredSendDefinition.ObjectID};

サブスクライブ解除イベントレポート

{BatchID, Client.ID,CreatedDate, EventDate, EventType, PartnerKey,ID,IsMasterUnsubscribed,ModifiedDate, SendID, SubscriberKey, TriggeredSendDefinitionObjectID, List.ID}

SMSパブリケーションのサブスクライブ解除MOキーワードレポート

{AllUnsubSuccessMessage, Client.ID, CreatedDate, CustomerKey, InvalidPublicationMessage, IsDefaultKeyword, ModifiedDate, SingleUnsubSuccessMessage};

その他のペイン

スケジュール設定、再試行、オプションの更新など、このページにないセクションに記載のコネクターインターフェースについては、「  データコネクターを使用してDataSetを追加する」を参照してください。

トラブルシューティング

タイムアウトの問題が発生した場合は(大量のデータを作成する場合に発生する可能性があります)、日付を使用してデータをフィルターします。日付範囲に制限はありません(データを一括でリクエストします)。このコネクターにはAPIコールの制限もありません。

 


DomoのSalesforce ExactTarget(Salesforce Marketing Cloudとも呼ばれます)コネクターを使用すると、アカウントやグループ、メールアクティビティに関するレポートを作成することができます。