メインコンテンツまでスキップ
waffle.svg
Domo Knowledge Base

Google Adsコネクター

Version 1

 

はじめに

Google Ads(以前のGoogle AdWords)は、広告主が料金を支払ってウェブユーザーに簡単な広告を表示するためのオンライン広告サービスです。Google Adsコネクターを使用すると、アカウント、広告、キャンペーン、予算などに関するパフォーマンスレポートを取得できます。Google Ads APIの詳細については、ウェブサイト(https://developers.google.com/google-ads/api/docs/start)を参照してください。Google Ads APIは現在ベータ版であり、最高のエクスペリエンスを得るためにはAdWords APIの使用が推奨されています。AdWords APIの詳細については、https://developers.google.com/adwords/api/docs/guides/startを参照してください。 

Google Adsアカウントには、Data Centerから接続します。このトピックでは、Google Adsコネクターユーザーインターフェースに固有のフィールドとメニューについて説明します。DataSetの追加や更新スケジュールの設定、DataSet情報の編集に関する一般的な情報は、「データコネクターを使用してDataSetを追加する」で説明しています。

必要条件

Google Adsアカウントに接続してDataSetを作成するには、以下が必要です。

  • Googleによって承認された、本番環境にアクセスするためにAdWords開発者トークン。開発者トークンのリクエストの詳細については、https://developers.google.com/adword...first-api-callを参照してください。 

    重要:このコネクターは、Googleによって承認された開発者トークンがある場合にのみ機能します。テストトークンでは機能しません。
  • Google Developer Consoleで作成されたクライアントIDとクライアントシークレット。

    クライアントIDとクライアントシークレットを作成するには、次の手順を実行します。

    1. Google API Consoleの [認証情報] ページを開きます。

    2. [プロジェクト]ドロップダウンから、クライアントID/シークレットに使用するプロジェクトを選択します。

    3. [アプリケーションの種類]メニューで、[ウェブ アプリケーション]を選択します。

    4. [許可されたリダイレクトURI]に次の行を追加します。

      https://oauth.domo.com/api/data/v1/oauth/providers/adwords/exchange

Google Adsに接続する

このセクションでは、Googleコネクターページの[認証情報]および[詳細]ペインのオプションについて説明します。このページの他のペインの項目にある[スケジュール設定][DataSetに名前を付け、説明を入力]に関しては、コネクタータイプのほとんどで共通です。詳細については「データコネクターを使用してDataSetを追加する」を参照してください。

認証情報ペイン

このペインには、Google Adsアプリケーションにアクセスするための認証情報を入力するフィールドがあります。下表では、各フィールドに必要な内容を説明しています。

フィールド

説明

デベロッパートークン

AdWords開発者トークンを入力します。 

クライアントID

Google Developer ConsoleクライアントIDを入力します。

クライアントシークレット

Google Developer Consoleクライアントシークレットを入力します。

これらの認証情報の入手方法については、前述の「必要条件」を参照してください。

有効な認証情報を一度入力しておくと、随時同じアカウントを使用して新しいGoogle Ads DataSetを作成できます。コネクターアカウントは、Data Centerの [アカウント]タブで管理できます。このタブの詳細については、「コネクターのユーザーアカウントを管理する」を参照してください。

[詳細] ペイン

このペインには、メインの[レポート]メニューの他、選択したレポートタイプに応じて表示/非表示になる様々なメニューがあります。

メニュー

説明

レポート

実行するGoogle Adsレポートを選択します。以下のレポートが利用できます。

アカウントパフォーマンス アカウントのパフォーマンスデータを返します。
広告パフォーマンス 広告のパフォーマンスデータを返します。
広告グループのパフォーマンス 広告グループのパフォーマンスデータを返します。
予算パフォーマンス 予算のパフォーマンスデータを返します。
キャンペーンパフォーマンス キャンペーンのパフォーマンスデータを返します。
キーワードパフォーマンス キーワードのパフォーマンスデータを返します。
プレースメントパフォーマンス プレースメントのパフォーマンスデータを返します。 
カスタマーID レポートにデータを取得するカスタマーIDのコンマ区切りリストを入力します。これらのIDは、マネージャーアカウントではなく、Google Adsの広告主アカウントのIDです。
通貨表示 通貨額を現地通貨のマイクロ単位(100.00〜100,000,000ドル)で表示するか、現地通貨で表示するかを選択します。
日付範囲 レポートデータの日付範囲を選択します。時間範囲全体、前月のすべての日など、様々なプリセットオプションが利用できます。必要に応じて、カスタムの日付範囲を設定することもできます。 

期間

特定の日付か、または日付範囲でデータを取得するか指定します。 

レポートの日付

レポートのデータが特定の日付か、または今日から何日前までのものかを選択します。 

特定の日付を選択

レポートの日付を選択します。 

遡る日数

レポートに表示する過去日数を入力します。  

開始日

日付範囲の1日目が特定日付か相対日付かを指定します。範囲の最後の日付を、[終了日]で選択します。 

終了日

日付範囲の2つ目の日付が特定の日か、相対日付かを指定します。日付範囲の最初の日付を[開始日]で選択します。  

特定の開始日を選択

日付範囲の最初の日付を選択します。 

特定の終了日を選択

日付範囲の2つ目の日付を選択します。 

開始日まで遡る日数

レポートで表示する過去の日のうち、現在から最も遠い日までの日数を入力します。[終了日まで遡る日数]と組み合わせることによって、範囲を作成できます。

例えば、[開始日まで遡る日数]10[終了日まで遡る日数]5を入力した場合、レポートには、今日から数えて10日前から5日前のデータが含まれます。

終了日までの日数

レポートで表示する、直近の日までの日数を入力します。[開始日まで遡る日数]と組み合わせることによって、範囲を作成できます。

例えば、[開始日まで遡る日数]10[終了日まで遡る日数]5を入力した場合、レポートには、今日から数えて10日前から5日前のデータが含まれます。

その他のペイン

スケジュール設定、再試行、オプションの更新など、このページにないセクションに記載のコネクターインターフェースについては、「データコネクターを使用してDataSetを追加する」を参照してください。

よくある質問

このコネクターではどのバージョンのGoogle Ads APIを使用しますか?

このコネクターはGoogle Ads APIのバージョンv201809(https://adwords.google.com/api/adwor...wnload/v201809)を使用します。

このコネクターが機能しません。AdWordsデータをDomoに取り込む他の方法はありますか?

このコネクターでデータがDomoに取り込まれない場合は、次のDomoコネクターのいずれかをお試しください。

Google BigQuery経由のGoogle AdWordsコネクター推奨の代替手段です。このコネクターを使用するには、AdWordsでBigQueryスクリプトを構成する必要があります。スクリプトを構成したら、AdWordsデータをDomoに取り込めるようになります。詳細については、「Google BigQuery経由のGoogle AdWordsコネクター」を参照してください。

Google BigQueryコネクター。AdWordsとBigQueryの間に必要な接続を設定するには、Google担当者との作業が必要になります。詳細については、「Google BigQueryコネクター」を参照してください。

Googleスプレッドシート。Googleスプレッドシートを使用し、更新されたAdWordsデータを毎朝インポートする自動プロセスを設定することにより、AdWordsデータをDomoに取り込むことができます。このプロセスには時間がかかる場合がありますが、詳細な手順が提供されています。詳細については、「Googleスプレッドシートを使用してGoogle AdWordsデータに接続する」を参照してください。

デベロッパートークン、クライアントID、クライアントシークレットはどこにありますか?

これらの認証情報の取得方法については、「Make Your First Adwords API Call」を参照してください。

データはどれくらいの頻度で更新できますか?

必要に応じて更新できます。

注意すべきAPI制限はありますか?

ありません。


Google Adsコネクターを使用すると、アカウント、広告、キャンペーン、予算などに関するパフォーマンスレポートを取得できます。