メインコンテンツまでスキップ
waffle.svg
Domo Knowledge Base

Salesforceコネクター

Version 7

 

はじめに

Domo SalesforceコネクターはDomoとSalesforceを統合し、APIが有効なSalesforceのバージョン(現在はEnterpriseとUnlimited)からデータを抽出します。DomoとSalesforceの間で接続を確立するには、APIが有効になっているユーザーが、まずSalesforceで認証し、それからDomoにデータへのアクセスを許可する必要があります。その後、Salesforceのデータに基づいたレポートを編集できるようになります。Salesforce APIの詳細については、以下のいずれかを参照してください。

Salesforceコネクターは「クラウドApp」コネクターです。つまり、クラウドに保管されたデータを取得できます。Data Centerでウィンドウ上部のツールバーで、[クラウドApp]をクリックすると、これを含むほかのクラウドAppコネクターのページにアクセスできます。

注記:このコネクターでは表形式のレポートのみインポートできます。

Salesforceアカウントには Data Centerから接続します。このトピックでは、Salesforceコネクターのユーザーインターフェースに固有のフィールドとメニューについて説明します。DataSetの追加や更新スケジュールの設定、DataSet情報の編集に関する一般的な情報については「データコネクターを使用してDataSetを追加する」を参照してください。

主な使用事例

このコネクターはSalesforceのAPI対応版からのリード、パイプラインのアクティビティといったデータの取り込みに適しています。

主なメトリクス

  • リードの数

  • パイプラインの量

  • 帳簿類

  • ケース

  • ミーティング

  • ポートフォリオのアクティビティ

社内における主な権限

Salesforceには幅広い機能があり、営業、マーケティング、人事、事務、財務、ITをはじめとする多くの部門、そして、アナリスト、営業担当、マネージャー、VPなどといった多様な職務で活用できます。すべてSalesforceの実装方法、作成するオブジェクトやモジュールによって異なります。

平均導入時間

オブジェクト、レポート、データサイズによって異なりますが、Salesforceの導入は非常に迅速に完了します。必要な項目を特定したら、数分でデータを取り込むことができます。数百万行もあるような非常に大規模なデータの取り込みには、約1時間かかります。

使いやすさ(1~10 の段階。1 が「最も使いやすい」)

4

最新情報

このコネクターに最近加わった拡張機能は以下のとおりです。

  • 選択しておくと、コネクターが出力を作成するとき自動的に出力に列を追加する設定

  • [最終更新日]の日付に基づいてデータをすべて取り込む 、[日付]フィールドの設定

ベストプラクティス

[オブジェクトブラウザー]モードでは、Salesforceが関連オブジェクト(商談、取引先など)を含むため、各関連オブジェクトのフィールドを同じDataSetに持ち込むことができます。この結果、事あるごとに様々なオブジェクト(商談オブジェクトと取引先オブジェクトという別々のオブジェクト)を個別に取り込み、DataFlowに結合するという必要がなくなります。

必要条件

Salesforceアカウントに接続してDataSetを作成するには、以下が必要です。

  • Salesforceアカウントのユーザー名

  • Salesforceアカウントのパスワード

  • Salesforce AppExchangeからインストールしたDomoコネクターパッケージ(2018年8月1日以降は必須。インストール手順については次のセクションを参照)

Domoコネクターパッケージをインストールする

Salesforce AppExchangeにある「Domoコネクターパッケージ」を使用して、Salesforceユーザーは、SalesforceのデータをDomoにインポートできます。この手順に沿って AppExchangeからコネクターパッケージをダウンロードし、インストールします。

DomoのSalesforce管理パッケージをインストールするには

  1. Salesforceにログインします。

  2. Salesforce AppExchange(https://appexchange.salesforce.com)に移動し、「Domoコネクターパッケージ」を検索してクリックします。 

    sfmp_1.png

    またはhttps://appexchange.salesforce.com/a...A00000EcrsyUABから直接アクセスできます。

  3. [今すぐ取得]をクリックします。

    sfmp_2.png

  4. インストール先として本番環境かサンドボックスを選択します。

    sfmp_3.png

  5. 「利用規約を読み終え、利用規約に合意します」というチェックボックスをオンにします。

  6. [確認してインストール]をクリックします。

    sfmp_4.png

  7. [すべてのユーザーに対してインストール]タイルをクリックします。

    sfmp_5.png

詳細については、Salesforceのドキュメント(https://help.salesforce.com/articleV...ges.htm&type=5)を参照してください。 

インストールを確認する

DomoのSalesforce管理パッケージ検証ツールを使い、Salesforce管理パッケージが正しくインストールされていることを確認します。

インストールを確認するには

  1. DomoのData CenterまたはAppStoreの[コネクター]ページで[Salesforce管理パッケージ」を検索し、アイコンをダブルクリックします。

    sfmp_v1.png

  2. [データを取得]をクリックします。

    sfmp_v2.png

  3. [認証情報]でSalesforceのアカウント名を選択し、[次へ]をクリックします。

    sfmp_v3.png

  4. [詳細][次へ]をクリックします。

    sfmp_v4.png

  5. [更新]メニューで[手動]を選択し、[次へ]をクリックします。

    sfmp_v5.png

  6. DataSetに名前をつけて、[保存]をクリックします。

    sfmp_v6.png

これでDataSetが実行します。すべて正しく設定できていれば、このまま正常に実行でき、「検証完了:Salesforce管理パッケージが適切に設定されました」というメッセージが表示されます。

sfmp_v7.png

セットアップに不備があった場合はDataSetが失敗し、本記事へのヘルプリンクとともに、「SalesforceのDomoコネクターパッケージのインストールは完了していません」というメッセージが表示されます。 

sfmp_v8.png

Salesforceアカウントに接続する

このセクションではSalesforceコネクターページの[認証情報]と[データの選択]ペインのオプションについて説明します。このページのほかのペインの項目である[スケジュール設定][DataSetに名前を付け、説明を入力]に関しては、ほとんどのタイプのコネクターで共通しています。詳細については「データコネクターを使用してDataSetを追加する」を参照してください。

[認証情報]ペイン

Domo Salesforceコネクターは、接続にOAuthを使用しており、Domo内で認証情報を入力する必要はありません。[Salesforce環境]メニューで環境を選択し、[接続]をクリックしてSalesforceのログイン画面を開きます。ここで、Salesforceのユーザー名とパスワードを入力できます。有効なSalesforceの認証情報を一度入力しておくと、随時同じアカウントを利用して新しいSalesforce DataSetを作成できます。コネクターのアカウントはData Center[アカウント]タブで管理できます。このタブの詳細については、「コネクターのユーザーアカウントを管理する」を参照してください。

[データの選択]ペイン

このペインには、メインメニュー[Salesforceデータの選択方法]のほかにも様々なメニューがあり、選択したレポートタイプに応じて表示されたりされなかったりします。

メニュー

説明

Salesforceデータの選択方法

Salesforceからデータを引き出すとき使う方法を選択します。以下の方法があります。

  • オブジェクトとフィールドを参照する - 関連するフィールドやリレーションシップごとSalesforceのオブジェクトを選択できます。

  • 候補リストを参照する - Salesforceで利用可能なドロップダウンリストを参照できます。

  • 削除済みオブジェクト - 削除済みのSalesforceオブジェクトを選択できます。15日以上前に削除されたオブジェクトのみ選択できます。

  • クエリ - SOQLクエリを入力してデータを取得できます。

  • レポート - Salesforce内にある表形式レポートを取得できます。

取得するレコードのタイプ 検索対象をアクティブなレコードのみに絞るか、削除済みレコードも含めるかを選択します。
2,000行を超える行を取得するためのユニークフィールド レポートの各行にユニーク値を含むフィールドを選択します。2,000行を超えるデータを取得するために使用されます。

クエリオプション

定義済みクエリ([営業成績]または[ユーザー画像])を選択するか、自分自身のクエリを作成します([カスタム])。

クエリ

SalesforceのSOQLクエリをここで入力します。例:

SELECT Account FROM Account

SOQLクエリ記述に関する詳細は、http://www.salesforce.com/us/developer/docs/officetoolkit/Content/sforce_api_calls_soql.htmを参照してください。

スキーマをリセット

データ内の列をリセットするオプションを選択します。一般的には、選択したフィールドまたはカスタムクエリを変更するときは、2番目のオプションを選択することになります。その後、DataSetを実行し、最初のオプションに切り替えて、以後の実行時にはスキーマを維持し、データタイプで問題が生じないようにすることになります。

 

その他のペイン

スケジュール設定、再試行、オプションの更新など、このページにないセクションに記載のコネクターインターフェースについては、「  データコネクターを使用してDataSetを追加する」を参照してください。

トラブルシューティング

Salesforceは全体的には非常に安定したコネクターで、Salesforceに特有の問題はほぼありません。問題の大半は権限不足(オブジェクトとフィールドの両方)が原因です。Salesforceの管理者は、特定のオブジェクトとフィールドをアップグレードできる必要があります。

よくあるエラーとしてもう一つ、「クエリロケータエラー」というものがあります。Salesforceでは、1人のユーザーに対して同時に維持するクエリロケーターは最大10個であり、最長で15分間しか維持しません。同時に実行するDataSetが多すぎると、一部が失敗します。この問題を防ぐ最善の方法は、DataSetを適量ずつ分散させて実行することです。

よくある質問

質問:事前作成したレポートには、一度に何行、何列のデータを取り込むことができますか?

答え:事前作成された標準的なレポートには、一度に最大2,000行と100列まで取り込むことができます。これはSalesforce APIの制限によるものです[データの選択]ペインのユニークフィールドオプションを使用すると、2,000行を超える行を取り込むことができます。選択するユニークフィールド列に含まれる値は重複しないようにしてください。値が重複すると、レポートとSalesforceとの表示が一致しなくなります。

 

質問レポートのドロップダウンメニューに私のレポートが見当たらないのは、なぜですか?

答えレポートをコネクターに表示させ、データを取り込めるようにするためには、レポートを表形式とし、公開する必要があります。

 

質問:参照候補リストのオプションで、必要な列をすべて選択できません。なぜですか?

答え:参照候補リストを使用して複数のオブジェクトにまたがる表をテストしている場合、ネストできるのは2段階までです。一度に3つ以上のオブジェクトからの取り込みが必要で、オブジェクトどうしを関連付けることができない場合、各オブジェクトを個別に取り込んでから、まとめてDataFlowで処理するのが、最適の方法です。関連付けることのできるオブジェクトのマップについては、こちらを参照してください。

 

質問:「クエリロケータエラー」が発生した場合はどうすればよいですか?

答え:Salesforceでは、1人のユーザーに対して同時に維持するクエリロケーターは最大10個であり、最長で15分間しか維持しません。同時に実行するDataSetが多すぎると、一部が失敗します。この問題を防ぐ最善の方法は、DataSetを適量ずつ分散させて実行することです。

 


DomoのSalesforceコネクターを使用すると、APIが有効なSalesforceのバージョン(現在はEnterpriseとUnlimited)からデータを抽出できます。