メインコンテンツまでスキップ
waffle.svg
Domo Knowledge Base - 日本人

Firebase Writeback Connector

Version 1

はじめに

このコネクターを使用すると、Domo DataSetからFirebaseコレクションにデータをエクスポートできます。Firebaseについての詳細は、ウェブサイト(https://aws.amazon.com/Firebase/)を参照してください。

FirebaseコレクションへのデータのエクスポートはData Centerで行います。このトピックでは、Firebase Writebackコネクターユーザーインターフェースに固有のフィールドとメニューについて説明します。DataSetの追加や更新スケジュールの設定、DataSet情報の編集に関する一般的な情報は「データコネクターを使ってDataSetを追加する」で説明しています。

必要条件

このコネクターを設定するには、次の情報が必要です。

  • DomoクライアントIDとクライアントシークレット。これらの認証情報を取得するには、次の手順を実行します。

    1. Domo開発者アカウント(https://developer.domo.com/login)にログインします。 

    2. 新しいクライアントを作成します。 

    3. 目的のデータとユーザーアプリケーションの範囲を選択します。

    4. [作成] をクリックします。

  • Firebase Realtime Databaseの名前。

  • Firebaseデータベースシークレット。Firebaseデータベースシークレットを生成するには:

    1. Firebaseコンソールにログインします。

    2. プロジェクトをクリックします。

    3. [プロジェクトの概要] をクリックします。

    4. 設定のギアメニューで、[プロジェクト設定] > [サービスアカウント] > [データベースシークレット] > [シークレットを追加] を選択します。

接続を設定する

このセクションでは、[Firebase Writebackコネクター] ページの [認証情報] および [詳細] ペインのオプションについて説明します。このページの他のペインの項目である [スケジュール設定][DataSetの名前と説明] に関しては、ほとんどのタイプのコネクターで共通しています。詳細については「データコネクターを使ってDataSetを追加する」を参照してください。

[認証情報] ペイン

このペインには、Domo開発者アカウントのほか、データのコピー先となるFirebaseデータベースのコレクションに接続するための認証情報の入力フィールドがあります。下表では、各フィールドに必要な内容を説明しています。

フィールド

説明

DomoクライアントID

DomoクライアントIDを入力します。

Domoクライアントシークレット

Domoクライアントシークレットを入力します。

データベースシークレット

Firebaseデータベースシークレットを入力します。データベースシークレットの入手方法については、前述の「必要条件」を参照してください。

データベース名

Firebase Realtime Databaseの名前を入力します。

これらの認証情報の入手方法については、前述の「必要条件」を参照してください。 

有効な認証情報を一度入力しておくと、随時同じアカウントを使用して新しいDomo-Firebase接続を設定できます。コネクターアカウントは、Data Centerの [アカウント] タブで管理できます。このタブの詳細については「コネクターのユーザーアカウントを管理する」を参照してください。

[詳細] ペイン

このペインには、データを指定してデータの送信先を示すための多数のフィールドがあります。

メニュー

説明

入力DataSet ID

FirebaseにコピーするDataSetのDataSet ID(GUID)を入力します。Data CenterでDataSetの詳細ビューを開き、URLのdatasources/に続く部分を見ると、IDを見つけることができます。たとえば、URLがhttps://mycompany.domo.com/datasources/845305d8-da3d-4107-a9d6-13ef3f86d4a4/details/overviewであれば、DataSet IDは845305d8-da3d-4107-a9d6-13ef3f86d4a4になります。

コレクション名を選択

データがコピーされるコレクションの命名方法を選択します。 

  • [入力DataSet GUIDを使用]。テーブル名は、[DataSet ID] に入力した番号になります。

  • [入力DataSet名を使用]。テーブル名は、入力DataSetの名前と同じになります。

  • [コレクション名を入力][コレクション名前] フィールドにテーブルのカスタム名を入力します。

コレクション名

DataSetデータをコピーするFirebaseデータベースのコレクションの名前を入力します。

たとえば、ルートの直接の子であるコレクションを示すには、「ABC」のみを入力します。

ルートの直接の子ではない場所を入力する場合は、/を使用します(例:ABC/DEF)。 

次の文字は使用できません:.$[]#"

その他のペイン

スケジュール設定、再試行、オプションの更新など、残りのコネクターインターフェースのセクションの詳細については、「データコネクターを使ってDataSetを追加する」を参照してください。

よくある質問

データはどのような頻度で更新できますか?

DataSetの更新は、15分に1回程度になるように設定してください。

注意すべきAPI制限はありますか?

FirebaseにはAPIの呼び出しレート制限が適用される場合がありますが、この制限を気にする必要はありません。