メインコンテンツまでスキップ
waffle.svg
Domo Knowledge Base

Google Admin SDK Reports Serviceコネクター

Version 1

 

 

重要:DomoコネクターでOAuth認証を使用する機能にGoogleによって変更が加えられたことにより、新しいデータ接続を作成する際に、全てのユーザーがサービスアカウントキー認証を使用しなければならなくなりました。新しいGoogle Admin SDK Reports DataSetを作成するには、このコネクターを使用します。既存のGoogle Admin SDK Reports DataSetは全てこれまでどおり正常に実行されます。 

はじめに

DomoのGoogle Admin SDK Reports Serviceコネクターを使用すると、コンテンツ管理に関するインサイトを得たり、管理者のアクションを監査したり、顧客およびユーザーの使用状況レポートを生成したりできます。GoogleのReports APIについての詳細は、ウェブサイト(https://developers.google.com/admin-.../v1/reference/)を参照してください。

Google Admin SDK Reportsには、Data Centerから接続します。このトピックでは、Google Admin SDK Reportsコネクターユーザーインターフェースに固有のフィールドとメニューについて説明します。DataSetの追加や更新スケジュールの設定、DataSet情報の編集に関する一般的な情報は、「データコネクターを使用してDataSetを追加する」で説明しています。

必要条件

Googleサービスアカウントに接続するには、GoogleサービスアカウントのJSONキーが必要です。キーを生成するには、次の手順を実行します。

  1. GCP Consoleで、[IAMと管理] ページを開きます。

  2. 左側のナビゲーションペインで [サービス アカウント] をクリックします。

  3. プロジェクトを選択して [開く] をクリックします。

  4. [サービスアカウントを作成] をクリックします。

  5. サービスアカウントの名前と詳細を入力します。

  6. [作成] をクリックします。

  7. [プロジェクト所有者] を選択します。

  8. [次に進む] をクリックします。

  9. [キーを作成] をクリックします。

  10. キーのタイプに [JSON] を選択します。

  11. [作成] をクリックします。

秘密キーがコンピューターに保存されます。    

Google Admin SDK Reportsアカウントに接続する

このセクションでは、Google Admin SDK Reports Serviceコネクターページの [認証情報] および [詳細] ペインのオプションについて説明します。このページの他のペインの項目である [スケジュール設定][DataSetの名前と説明] に関しては、ほとんどのタイプのコネクターで共通しています。詳細については、「データコネクターを使用してDataSetを追加する」 を参照してください。

認証情報ペイン

このペインには、Googleサービスアカウントにアクセスするための認証情報を入力するフィールドがあります。下表は、各フィールドに必要な内容を説明しています。

フィールド

説明

サービスアカウントJSONキー

GoogleサービスアカウントキーのJSONをコピーして貼り付けます。キーを作成する方法については、上述の「必要条件」を参照してください。

有効なキーを一度入力しておくと、随時同じアカウントを使用して新しいGoogle Admin SDK Reports Service DataSetを作成できます。コネクターのアカウントはData Centerの [アカウント] タブで管理できます。このタブの詳細については、「コネクターのユーザーアカウントを管理する」を参照してください。

詳細ペイン

このペインには、時間枠を選択するための他のメニューとともに、メインの [レポート] メニューが含まれています。

メニュー

説明

レポート

実行するGoogle Admin SDK Reportsレポートを選択します。以下のレポートが利用できます。

顧客の利用状況

アカウントのユーザーのGoogle Appsサービスアクティビティを返します。

Google Adminアクティビティ

アカウントの全ての管理者のAdmin Consoleアクティビティに関する情報を返します。

Google Driveアクティビティ

アカウントのユーザーによるGoogle Driveドキュメントの管理、変更、共有に関する情報を返します。

ユーザーの利用状況

アカウントのユーザーのGoogle Appsサービスアクティビティを返します。(一部の日付のデータは、使用可能になるまで空白のままになる場合があります)

期間

特定の日付か、または日付範囲でデータを取得するか指定します。 

レポートの日付

レポートのデータが特定の日付か、または今日から何日前までのものかを選択します。 

特定の日付を選択

レポートの日付を選択します。 

遡る日数

レポートに表示する過去日数を入力します。  

開始日

日付範囲の1日目が特定日付か相対日付かを指定します。範囲の最後の日付を、[終了日] で選択します。 

終了日

日付範囲の2つ目の日付が特定の日か、相対日付かを指定します。日付範囲の最初の日付を [開始日] で選択します。  

特定の開始日を選択

日付範囲の最初の日付を選択します。 

特定の終了日を選択

日付範囲の2つ目の日付を選択します。 

開始日まで遡る日数

レポートで表示する過去の日のうち、現在から最も遠い日までの日数を入力します。[終了日までの日数] と組み合わせることによって、範囲を作成できます。

たとえば、[開始日まで遡る日数]10[終了日まで遡る日数]5を入力した場合、レポートには、今日から数えて10日前から5日前のデータが含まれます。

終了日までの日数

レポートで表示する、直近の日までの日数を入力します。[開始日まで遡る日数] と組み合わせることによって、範囲を作成できます。

たとえば、[開始日まで遡る日数]10[終了日まで遡る日数]5を入力した場合、レポートには、今日から数えて10日前から5日前のデータが含まれます。

その他のペイン

スケジュール設定、再試行、オプションの更新など、残りのコネクターインターフェースのセクションの詳細については、「データコネクターを使用してDataSetを追加する」を参照してください。


DomoのGoogle Admin SDK Reports Serviceコネクターを使用すると、コンテンツ管理に関するインサイトを得たり、管理者のアクションを監査したり、顧客およびユーザーの使用状況レポートを生成したりできます。