メインコンテンツまでスキップ
waffle.svg
Domo Knowledge Base - 日本人

Google BigQuery Writeback Connector

Version 2

はじめに

Google BigQueryは、大量の読み取り専用DataSetを処理するクラウドベースのビッグデータ解析ウェブサービスです。このコネクターを使用すると、Domo DataSetからBigQueryテーブルにデータをエクスポートできます。BigQuery APIの詳細については、こちらを参照してください:https://cloud.google.com/bigquery/docs/reference/v2/

BigQueryへのデータのエクスポートはData Centerで行います。このトピックでは、BigQuery Writebackコネクターユーザーインターフェースに固有のフィールドとメニューについて説明します。DataSetの追加や更新スケジュールの設定、DataSet情報の編集に関する一般的な情報は「データコネクターを使ってDataSetを追加する」で説明しています。

必要条件

このコネクターを設定するには、次の情報が必要です。

  • DomoクライアントIDとクライアントシークレット。

  • Google Service Token JSONファイル。 

次のサブセクションでは、上述の認証情報を取得する方法について詳しく説明します。 

DomoクライアントIDとクライアントシークレットを作成する

DomoクライアントIDとクライアントシークレットを作成するには、次の手順を実行します。

  1. https://developer.domo.comに移動してログインします。

  2. [新規クライアント] をクリックします(右上の [マイアカウント])。

  3. [データ][ユーザー] のアプリケーションの範囲を持つ新しいクライアントを作成します。

    googledrive_writeback_6.png

    [作成] をクリックすると、クライアントIDとクライアントシークレットにリダイレクトされます。

  4. すぐに必要になるため、クライアントIDとクライアントシークレットをコピーします。

Service Token JSON Fileを取得する

To obtain a Google Service Token JSONファイルを取得するには、次の手順を実行します。

  1. Google Developers Consoleで、[認証情報] タブを開きます。

  2. [認証情報を作成] をクリックし、[サービス アカウント キー] を選択します。

    googlesheets_writeback_5.png

  3. [新しいサービス アカウント] を選択します。

  4. 新しいサービスアカウントに名前を付けます。

  5. [役割] ドロップダウンで、[Project] > [オーナー] を選択します。

  6. [キーのタイプ] で、[JSON] を選択します。

    googledrive_writeback_2.png

  7. [作成][保存]の順にクリックします。

  8. すぐに必要になるため、ファイルの保存には安全な場所を選択します。

  9. ファイルを作成したら、右端にある [サービス アカウントの管理] をクリックします。

    googledrive_writeback_3.png

  10. 作成したプロジェクトのメールアドレスをコピーします。

    googledrive_writeback_4.png

  11. ファイルの保存先となるGoogleドライブアカウント(https://www.google.com/drive)にログインします。 

  12. 新しいGoogleドライブフォルダを作成します。

    googledrive_writeback_5.png

  13. 新しいフォルダに移動し、ステップ10でコピーしたメールアドレスで共有します。

  14. 後で参照する必要があるため、URLをフォルダにコピーします。URLは次のようになります。

    https://drive.google.com/drive/folders/1TOdpy2kki8-pealAGXWwCYF8EyiwxWMW

 

接続を設定する

このセクションでは、[Google BigQuery Writebackコネクター] ページの [認証情報] ペインと [詳細] ペインのオプションについて説明します。このページの他のペインの項目である [スケジュール設定][DataSetの名前と説明] に関しては、ほとんどのタイプのコネクターで共通しています。詳細については「データコネクターを使ってDataSetを追加する」を参照してください。

[認証情報] ペイン

このペインには、Domo開発者アカウントとBigQueryの接続先テーブルに接続するための認証情報の入力フィールドがあります。下表では、各フィールドに必要な内容を説明しています。

フィールド

説明

DomoクライアントID

上述の「必要条件」セクションの「ステップ4:DomoクライアントIDとクライアントシークレットを作成する」でコピーしたDomoクライアントIDを貼り付けます。

Domoクライアントシークレット

上述の「必要条件」セクションの「ステップ4:DomoクライアントIDとクライアントシークレットを作成する」でコピーしたDomoクライアントシークレットを貼り付けます。

Service Token JSON

上述の「必要条件」セクションの「ステップ3:サービスアカウントを作成する」で生成したJSON Service Tokenを貼り付けます。

有効な認証情報を一度入力しておくと、随時同じアカウントを使用して新しいDomo-Googleドライブ接続を設定できます。コネクターアカウントは、Data Centerの [アカウント] タブで管理できます。このタブの詳細については「コネクターのユーザーアカウントを管理する」を参照してください。

[詳細] ペイン

このペインには、データを指定してデータの送信先を示すための多数のフィールドがあります。

メニュー

説明

入力BigQueryテーブルの名前

Domoデータの送信先となるBigQueryテーブルの名前を入力します。指定したテーブルは実行ごとに削除され、再作成されます。 

入力BigQuery DataSetの名前

テーブルがあるBigQuery DataSetの名前を入力します。 

入力Domo DataSet ID

BigQueryテーブルにコピーするDataSetのDataSet ID(GUID)を入力します。Data CenterでDataSetの詳細ビューを開き、datasources/に続くURLの部分を見ると、IDを見つけることができます。たとえば、URLがhttps://mycompany.domo.com/datasources/845305d8-da3d-4107-a9d6-13ef3f86d4a4/details/overviewであれば、DataSet IDは845305d8-da3d-4107-a9d6-13ef3f86d4a4になります。

その他のペイン

スケジュール設定、再試行、オプションの更新など、残りのコネクターインターフェースのセクションの詳細については、「データコネクターを使ってDataSetを追加する」を参照してください。