メインコンテンツまでスキップ
waffle.svg
Domo Knowledge Base

Google Cloud Storage Serviceコネクター

Version 1

 

 

重要:DomoコネクターでOAuth認証を使用する機能にGoogleによって変更が加えられたことにより、新しいデータ接続を作成する際に、全てのユーザーがサービスアカウントキー認証を使用しなければならなくなりました。新しいGoogle Cloud Storage DataSetを作成するには、このコネクターを使用します。既存のGoogle Cloud Storage DataSetは全てこれまでどおり正常に実行されます。 

はじめに

Google Cloud Storageは、Googleのクラウド内にデータを保管するためのインターネットサービスです。DomoのGoogle Cloud Storage Serviceコネクターを使うと、Google Cloud Storage内のプロジェクトバケットとオブジェクトに関するデータを取得することができます。バケットは、ファイルの一般的な保存場所です。プロジェクトではリソースと権限を整理できます。多くのユーザーは、このコネクターを使用して、データを保存するバケットに接続します。

Google Cloud Storage APIについての詳細は、https://cloud.google.com/storage/docs/json_api/を参照してください。

Google Cloud Storageコネクターは「ファイル」コネクターです。つまり、ファイルを取得してDomoに出力します。Data Centerでこのコネクターや他のファイルコネクターのページにアクセスするには、ウィンドウ上部のツールバーで [ファイル] をクリックします。

Google Cloud Storageアカウントには、Data Centerから接続します。このトピックでは、Google Cloud Storageコネクターユーザーインターフェースに固有のフィールドとメニューについて説明します。DataSetの追加や更新スケジュールの設定、DataSet情報の編集に関する一般的な情報は、「データコネクターを使用してDataSetを追加する」を参照してください。

主な使用事例

Google Cloud Storageバケットには任意のサイズのファイルを配信できます。バケット内のファイルをリストで指定するか、個々のファイルを取得できます。このコネクターを使用すると、バケットまたはプロジェクト名に関連付けられているバケットおよびプロジェクトに関する詳細を取得することもできます。

主なメトリクス

なし。このコネクターは、主にクラウドストレージバケットからファイルを取得する際に使用されます。

社内における主な権限

  • データスペシャリスト

  • アナリスト

  • MajorDomo

平均導入時間

  • 認証情報の入力 - 15分以内

  • コネクターの設定 - 20分

  • コネクターの実行許可 - 時間はファイルサイズによって異なる

使いやすさ(1~10段階。1が「最も使いやすい」)

4

必要条件

Googleサービスアカウントに接続するには、GoogleサービスアカウントのJSONキーが必要です。キーを生成するには、次の手順を実行します。

  1. GCP Consoleで、[IAMと管理] ページを開きます。

  2. 左側のナビゲーションペインで [サービス アカウント] をクリックします。

  3. プロジェクトを選択して [開く] をクリックします。

  4. [サービスアカウントを作成] をクリックします。

  5. サービスアカウントの名前と詳細を入力します。

  6. [作成] をクリックします。

  7. [プロジェクト所有者] を選択します。

  8. [次に進む] をクリックします。

  9. [キーを作成] をクリックします。

  10. キーのタイプに [JSON] を選択します。

  11. [作成] をクリックします。

秘密キーがコンピューターに保存されます。    

Googleサービスアカウントに接続する

このセクションでは、Google Cloud Storage Serviceコネクターページの [認証情報] および [詳細] ペインのオプションについて説明します。このページの他のペインの項目である [スケジュール設定][DataSetに名前を付けて説明を入力] に関しては、ほとんどのタイプのコネクターで共通しています。詳細については「データコネクターを使用してDataSetを追加する」を参照してください。

認証情報ペイン

このペインには、Googleサービスアカウントにアクセスするための認証情報を入力するフィールドがあります。下表は、各フィールドに必要な内容を説明しています。

フィールド

説明

サービスアカウントJSONキー

GoogleサービスアカウントキーのJSONをコピーして貼り付けます。キーを作成する方法については、上述の「必要条件」を参照してください。

有効なキーを一度入力しておくと、随時同じアカウントを使用して新しいGoogle Cloud Service DataSetを作成できます。コネクターのアカウントはData Centerの [アカウント] タブで管理できます。このタブの詳細については、「コネクターのユーザーアカウントを管理する」を参照してください。

詳細ペイン

このペインには、メインの [レポート] メニュー、および選択したレポートタイプに応じて表示/非表示になるその他様々なメニューがあります。

メニュー

説明

ストレージタイプ

取り込むデータをプロジェクトから取得するか、バケットから取得するかを選択します。

レポート

Google Cloud Storageレポートを選択します。以下のレポートが利用できます。

リストバケット([ストレージタイプ][プロジェクト] を選択した場合にのみ使用可能)

認証されたサービスアカウントに関連付けられたプロジェクト内のバケットのリストを返します。

リストオブジェクト

指定したバケット内のオブジェクトについてのデータを返します。

オブジェクトをインポート

ZIP/GZIPオブジェクト内のCSVオブジェクトまたはCSVファイルをインポートできます。

バケット名

Domoに取り込むオブジェクトを含むバケットの名前を入力します。

オブジェクト名

Domoに取り込むオブジェクトの名前を入力します。 

ヘッダー行を含む

Domoに取り込むCSVファイルにヘッダー行を含める場合は、[はい] を選択します。[いいえ] を選択すると、新しいDataSetでヘッダー行が生成されます。

オブジェクトのファイルタイプ

Domoに取り込むオブジェクトのファイルタイプを選択します。

取得先Zipファイルのファイル名

Domoに取り込むZipファイルを選択します。

区切り文字

CSVファイルの区切り文字を選択します。区切り文字がリストにない場合は、[その他] を選択します。

カスタム区切り文字

CSVテキストを区切る文字を入力します。

その他のペイン

スケジュール設定、再試行、オプションの更新など、このページにないセクションに記載のコネクターインターフェースにつきましては、「データコネクターを使用してDataSetを追加する」をご覧ください。

トラブルシューティング

目的のバケットを取得するために必要な、プロジェクトの権限を持っていることを確認してください。


DomoのGoogle Cloud Storage Serviceコネクターを使うと、Google Cloud Storage内のプロジェクトバケットとオブジェクトに関するデータを取得することができます。