メインコンテンツまでスキップ
waffle.svg
Domo Knowledge Base

Google Driveコネクター

Version 1

 

 

重要:DomoコネクターでOAuth認証を使用する機能にGoogleによって変更が加えられたことにより、新しいデータ接続を作成する際に、全てのユーザーがサービスアカウントキー認証を使用しなければならなくなりました。既存のDataSetは全てこれまでどおり正常に実行されます。Google OAuth認証に依存している現在のコネクターは、新しいDataSetを作成できなくなります。該当するコネクターは次のとおりです。

既存のGoogle OAuth DataSetを変更する必要がある場合は、対応するサービスアカウントコネクターを使用してください。現在、次のサービスアカウントコネクターが利用可能です。

全ての他のGoogleサービスアカウント対応コネクターは現在開発中です。これらのコネクターが利用可能になれば、Domoと通信できるようになります。Data CenterやApp Storeでサービスアカウント対応コネクターを探し、そのコネクターを使用してデータを取得する必要があります。

コネクターが使用可能になったときに新しいサービスアカウントキーコネクターを利用して新しいDataSetを作成し、前もって既存のGoogle接続を再度有効にしておくことをお勧めします。移行に関する他の変更が発生した場合は、Domoから通知します。  

はじめに

Google Driveは、Googleが開発したファイル保存および同期サービスです。Google Driveを使用するとユーザーはファイルをクラウドに保存したり、デバイス間でファイルを同期したり、ファイルを共有したりできます。DomoのGoogle Driveコネクターを使用して、Google DriveアカウントからExcelファイルやCSVファイルを取得し、Domo DataSetとして出力します。Google Drive APIについての詳細は、ウェブサイト(https://developers.google.com/drive/)を参照してください。

Googleアカウントには、Data Centerから接続します。このトピックでは、Google Driveコネクターユーザーインターフェースに固有のフィールドとメニューについて説明します。DataSetの追加や更新スケジュールの設定、DataSet情報の編集に関する一般的な情報は、「データコネクターを使用してDataSetを追加する」で説明しています。

必要条件

Googleアカウントに接続してGoogle Drive DataSetを作成するには、Googleの認証情報が必要です。 

Googleアカウントに接続する

このセクションでは、Google Driveコネクターページの [認証情報] および [詳細] ペインのオプションについて説明します。このページの他のペインの項目である [スケジュール設定][DataSetの名前と説明] に関しては、ほとんどのタイプのコネクターで共通しています。詳細については、「データコネクターを使用してDataSetを追加する」 を参照してください。

認証情報ペイン

DomoのGoogle Driveコネクターは、接続にOAuthを使用します。 そのため、Domo内での認証情報の入力は必要ありません。[接続] をクリック(または、Domoに既存のGoogle Driveアカウントがある場合は [アカウントを追加] を選択)すると、Google OAuth画面が開き、Googleの認証情報を入力できます。有効なGoogleの認証情報を一度入力しておくと、随時同じアカウントを使用して新しいGoogle Drive DataSetを作成できます。コネクターのアカウントはData Center[アカウント] タブで管理できます。このタブの詳細については、「コネクターのユーザーアカウントを管理する」を参照してください。

注記:Domoで接続する際、既にGoogleにログインしている場合は、[アカウントを追加] をクリックすると自動的に認証されます。ログインしているアカウントとは異なるアカウントに接続する場合は、まずGoogleからログアウトする必要があります。

詳細ペイン

このペインでは、DomoにインポートするGoogle Driveファイルを指定し、データの表示方法のオプションを設定します。

メニュー

説明

ファイル名

Google Driveからインポートするファイルの名前を入力します。拡張子はオプションです。拡張子を指定しない場合、Domoは指定した名前のXLSXファイルを最初に探します。XLSXファイルが見つからない場合、XLSファイル、最後にCSVファイルを探します。Google Driveに同じ名前のファイルが複数ある場合は、最新の更新バージョンが使用されます。

パスワード保護されていますか?

インポートするファイルがパスワードで保護されているかどうかを指定します。

ファイルのパスワード

リクエストするファイルにアクセスするために必要なパスワードを入力します。 

シート名(オプション)

ファイルがあるシートの名前を入力します。シート名を入力しない場合、データはファイルの最初のシートから取得されます。

レイアウト

ファイルのレイアウトを選択します。使用可能なオプションは次のとおりです。

  • 列をヘッダーとして使う。データに列ベースのレイアウトを使用します(つまり、各列がヘッダーを持ちます)。

  • 行をヘッダーとして使う。データに行ベースのレイアウトを使用します(つまり、各行がヘッダーを持ちます)。

  • クロス集計。データにクロス集計(ピボット)レイアウトを使用します。

  • 未加工。データを未加工(フォーマットなし)で使用します。

モード

データのセル範囲の決定方法を選択します。[自動] を選択すると、範囲は自動的に決定されます。[手動] を選択すると、列ヘッダーとデータ範囲を手動で入力するように求められます。

列のヘッダーの範囲

Excelシートの列ヘッダーの範囲を入力します。例:A2:F8

データの範囲

Excelシートのデータ(ヘッダーなし)セルの範囲を入力します。例:A3:F20

その他のペイン

スケジュール設定、再試行、オプションの更新など、残りのコネクターインターフェースのセクションの詳細については、「データコネクターを使用してDataSetを追加する」を参照してください。

よくある質問

Googleの認証情報が保護されていることをどのようにして確認できますか?

ログインプロセスではOAuthプロセスが使用されるため、DomoによってGoogleの認証情報が表示または保存されることはありません。Domoのアカウントへのアクセスはいつでも取り消すことができます。

データはどれくらいの頻度で更新できますか?

DataSetの更新は、1時間に1回程度になるように設定してください。

注意すべきAPI制限はありますか?

Googleには呼び出しレート制限が適用される場合がありますが、この制限を気にする必要はありません。


DomoのGoogle Driveコネクターを使用して、Google DriveアカウントからExcelファイルやCSVファイルを取得し、Domo DataSetとして出力します。