メインコンテンツまでスキップ
waffle.svg
Domo Knowledge Base

Google Gmailコネクター

Version 1

 

 

重要:DomoコネクターでOAuth認証を使用する機能にGoogleによって変更が加えられたことにより、新しいデータ接続を作成する際に、全てのユーザーがサービスアカウントキー認証を使用しなければならなくなりました。既存のDataSetは全てこれまでどおり正常に実行されます。Google OAuth認証に依存している現在のコネクターは、新しいDataSetを作成できなくなります。該当するコネクターは次のとおりです。

既存のGoogle OAuth DataSetを変更する必要がある場合は、対応するサービスアカウントコネクターを使用してください。現在、次のサービスアカウントコネクターが利用可能です。

全ての他のGoogleサービスアカウント対応コネクターは現在開発中です。これらのコネクターが利用可能になれば、Domoと通信できるようになります。Data CenterやApp Storeでサービスアカウント対応コネクターを探し、そのコネクターを使用してデータを取得する必要があります。

コネクターが使用可能になったときに新しいサービスアカウントキーコネクターを利用して新しいDataSetを作成し、前もって既存のGoogle接続を再度有効にしておくことをお勧めします。移行に関する他の変更が発生した場合は、Domoから通知します。  

はじめに

Google Gmailは、世界中で使用されている高性能のメールサーバーです。Google Gmailコネクターを使用すると、Gmailの受信トレイからDomoにデータをプルし、メールデータのパワーを組み合わせて受信トレイを効率的に管理できます。Gmail APIについての詳細は、ウェブサイト(https://developers.google.com/gmail/api/)を参照してください。

You connect to your Gmail account in the Data Center. このトピックでは、Gmailコネクターユーザーインターフェースに固有のフィールドとメニューについて説明します。DataSetの追加や更新スケジュールの設定、DataSet情報の編集に関する一般的な情報は、「データコネクターを使用してDataSetを追加する」で説明しています。

必要条件

Gmailアカウントに接続してDataSetを作成するには、Googleアカウントの認証情報が必要です。

Gmailアカウントに接続する

このセクションでは、Gmailコネクターページの [認証情報] および [詳細] ペインのオプションについて説明します。このページの他のペインの項目である [スケジュール設定][DataSetの名前と説明] に関しては、ほとんどのタイプのコネクターで共通しています。詳細については、「データコネクターを使用してDataSetを追加する」 を参照してください。

認証情報ペイン

DomoのGmailコネクターは、接続にOAuthを使用します。そのため、Domo内での認証情報の入力は必要ありません。[接続] をクリック(または、Domoに既存のGoogleアカウントがある場合は [アカウントを追加] を選択)すると、Google OAuth画面が開き、Googleの認証情報を入力できます。有効なGoogleの認証情報を一度入力しておくと、随時同じアカウントを使用して新しいGmail DataSetを作成できます。コネクターのアカウントはData Center[アカウント] タブで管理できます。このタブの詳細については、「コネクターのユーザーアカウントを管理する」を参照してください。

Domoに接続するときに既にGoogleにログインしている場合は、同じアカウントを使用して認証するか、別のアカウントに切り替えるかを選択できます。

詳細ペイン

このペインには、メインの [レポート] メニューの他、選択したレポートタイプに応じて表示/非表示になるその他さまざまなメニューがあります。

メニュー

説明

レポート

実行するGmailレポートを選択します。以下のレポートが利用できます。

詳細

指定したメッセージの添付ファイルを返します。

下書きメッセージの詳細

指定した下書きメッセージを返します。

履歴の詳細

指定したメールボックスへの全ての変更の履歴を一覧表示します。

ラベルの詳細

指定したラベルを返します。

下書きメッセージIDをリスト

ユーザーのメールボックス内の下書きをリストします。

ユーザーラベルをリスト

ユーザーのメールボックス内の全てのラベルをリストします。

ユーザーメッセージIDをリスト

ユーザーのメールボックス内のメッセージをリストします。

ユーザースレッドをリスト

ユーザーのメールボックス内のスレッドをリストします。

メッセージの詳細

指定したメッセージを返します。

スレッドの詳細

指定したスレッドを返します。

メッセージID

データを取得するメッセージのIDを入力します。メッセージIDは、「ユーザーメッセージIDをリスト」レポートを実行して見つけることができます。「メッセージの詳細」レポートの場合、空白のままにすると、全てのメッセージの情報が返されます。

下書きID

データを取得する下書きのIDを選択します。 

履歴ID

データを取得する開始履歴IDを入力します。これは、メッセージ、スレッド、または以前のリスト応答のhistoryIdから取得できます。

ラベル名

データを取得するラベルのIDを選択します。

クエリ(オプション)

クエリを入力して、そのクエリに固有のデータを取得します。Gmail検索ボックスと同じクエリ形式をサポートしています。例:

from:someuser@example.comrfc822msgid: is: unread

スレッドID

データを取得したいスレッドのIDを入力します。これを空白のままにすると、全てのスレッドの情報が返されます。

その他のペイン

スケジュール設定、再試行、オプションの更新など、残りのコネクターインターフェースのセクションの詳細については、「データコネクターを使用してDataSetを追加する」を参照してください。


Google Gmailコネクターを使用すると、Gmailの受信トレイからDomoにデータをプルし、メールデータのパワーを組み合わせて受信トレイを効率的に管理できます。