メインコンテンツまでスキップ
waffle.svg
Domo Knowledge Base - 日本人

Google Sheets Writeback Connector

Version 2

 

はじめに

Googleスプレッドシートは、ウェブベースのオフィス用スイートソフトウェアの一部として、GoogleがGoogleドライブのサービスの一環として無料で提供しているスプレッドシートプログラムです。このプログラムでは、ユーザーがオンラインでスプレッドシートを作成、編集し、他のユーザーとリアルタイムで共同作業を行うことができます。このコネクターを使用すると、Domo DataSetからGoogleスプレッドシートにデータをエクスポートできます。Google APIについての詳細は、ウェブサイト(https://developer.google.com)を参照してください。

GoogleスプレッドシートへのデータのエクスポートはData Centerで行います。このトピックでは、GoogleスプレッドシートWritebackコネクターユーザーインターフェースに固有のフィールドとメニューについて説明します。DataSetの追加や更新スケジュールの設定、DataSet情報の編集に関する一般的な情報は「データコネクターを使ってDataSetを追加する」で説明しています。

必要条件

このコネクターを設定するには、次の情報が必要です。

  • Google Sheets APIを有効にしてGoogle Developers Consoleで作成したプロジェクト。

  • DomoクライアントIDとクライアントシークレット。

  • Google Service Token JSONファイル。 

次の手順では、プロジェクトを作成して必要な資格情報を取得する方法について詳しく説明します。 

ステップ1:Google Developers Consoleでプロジェクトを作成する

Google Developers Consoleでプロジェクトを作成するには、次の手順を実行します。

  1. https://console.developers.google.comに移動します。

  2. [プロジェクトの選択] の横のドロップダウン矢印をクリックします。

    googlesheets_writeback_1.png

  3. [新しいプロジェクト] をクリックします。

    googlesheets_writeback_2.png

  4. プロジェクトに名前を付けて、親フォルダを選択します。

  5. [作成] をクリックします。 

    注記:必要に応じて既存のプロジェクトを使用することもできます。    

ステップ2:Google Sheets APIを有効にする

プロジェクトでGoogleスプレッドシートを有効にするには、次の手順を実行します。

  1. Google Developers Consoleでプロジェクトを選択し、[ライブラリ] をクリックします。

    googlesheets_writeback_3.png

  2. Google Sheets APIを検索します。

  3. [有効化] をクリックします。

    googlesheets_writeback_4.png

ステップ3:サービスアカウントを作成する

サービスアカウントを作成するには、次の手順を実行します。

  1. Google Developers Consoleで、[認証情報] タブを開きます。

  2. [認証情報を作成] をクリックし、[サービス アカウント キー] を選択します。

    googlesheets_writeback_5.png

  3. [新しいサービス アカウント] を選択します。

  4. 新しいサービスアカウントに名前を付けます。

  5. [役割] ドロップダウンで、[Project] > [オーナー] を選択します。

  6. [キーのタイプ] で、[JSON] を選択します。

    googlesheets_writeback_6.png

  7. [作成][保存]の順にクリックします。

  8. すぐに必要になるため、ファイルの保存には安全な場所を選択します。

  9. ファイルを作成したら、右端にある [サービス アカウントの管理] をクリックします。

    googlesheets_writeback_7.png

  10. 作成したプロジェクトのメールアドレスをコピーします。

    googlesheets_writeback_8.png

  11. https://sheets.google.comを開き、新しいスプレッドシートを作成します。

  12. ステップ10でコピーしたメールアドレスでスプレッドシートを共有します(メールアドレスのオーナーには、編集者レベル以上の権限が必要です)。

  13. すぐに必要になるため、URLをスプレッドシートにコピーします。

    スプレッドシートのURLは次のようになります。

    docs.google.com/spreadsheets/d/<googlesheetID>/edit#gid=0

ステップ4:DomoクライアントIDとクライアントシークレットを作成する

DomoクライアントIDとクライアントシークレットを作成するには、次の手順を実行します。

  1. https://developer.domo.comに移動してログインします。

  2. [新規クライアント] をクリックします(右上の [マイアカウント])。

  3. [データ][ユーザー] のアプリケーションの範囲を持つ新しいクライアントを作成します。

    googlesheets_writeback_9.png

    [作成] をクリックすると、クライアントIDとクライアントシークレットにリダイレクトされます。

  4. すぐに必要になるため、クライアントIDとクライアントシークレットをコピーします。

接続を設定する

このセクションでは、[GoogleスプレッドシートWritebackコネクター] ページの [認証情報] および [詳細] ペインのオプションについて説明します。このページの他のペインの項目である [スケジュール設定][DataSetの名前と説明] に関しては、ほとんどのタイプのコネクターで共通しています。詳細については「データコネクターを使ってDataSetを追加する」を参照してください。

[認証情報] ペイン

このペインには、Domo開発者アカウントとGoogleスプレッドシートに接続するための認証情報の入力フィールドがあります。下表では、各フィールドに必要な内容を説明しています。

フィールド

説明

DomoクライアントID

上述の「必要条件」セクションの「ステップ4:DomoクライアントIDとクライアントシークレットを作成する」でコピーしたDomoクライアントIDを貼り付けます。

Domoクライアントシークレット

上述の「必要条件」セクションの「ステップ4:DomoクライアントIDとクライアントシークレットを作成する」でコピーしたDomoクライアントシークレットを貼り付けます。

Service Token JSON

上述の「必要条件」セクションの「ステップ3:サービスアカウントを作成する」で生成したJSON Service Tokenを貼り付けます。

googlesheets_writeback_10.png

有効な認証情報を一度入力しておくと、随時同じアカウントを使用して新しいDomo-Googleスプレッドシート接続を設定できます。コネクターアカウントは、Data Centerの [アカウント] タブで管理できます。このタブの詳細については「コネクターのユーザーアカウントを管理する」を参照してください。

[詳細] ペイン

このペインには、データを指定してデータの送信先を示すための多数のフィールドがあります。

メニュー

説明

入力スプレッドシートID

データをプッシュするGoogleスプレッドシートのIDを入力します。これは、URLの/d//editとの間の部分になります。たとえば、URLがhttps://docs.google.com/spreadsheets/d/18z/N0RQ8HIaEj2USwtAkCMX7AKBI-x-_vq24kPd4_Tsk/edit#gid=0であれば、IDはN0RQ8HIaEj2USwtAkCMX7AKBI-x-_vq24kPd4_Tskです。  

入力DataSet ID

GoogleドライブフォルダにコピーするDataSetのDataSet ID(GUID)を入力します。Data CenterでDataSetの詳細ビューを開き、URLのdatasources/に続く部分を見ると、IDを見つけることができます。たとえば、URLがhttps://mycompany.domo.com/datasources/845305d8-da3d-4107-a9d6-13ef3f86d4a4/details/overviewであれば、DataSet IDは845305d8-da3d-4107-a9d6-13ef3f86d4a4になります。

googlesheets_writeback_11.png

その他のペイン

スケジュール設定、再試行、オプションの更新など、残りのコネクターインターフェースのセクションの詳細については、「データコネクターを使ってDataSetを追加する」を参照してください。