メインコンテンツまでスキップ
waffle.svg
Domo Knowledge Base

Jobvite Connector

Version 4

 

はじめに

Jobvite の分析主導型リクルーティングソフトウェアは、応募者の追跡システム、ソーシャルリクルーティング、そしてモバイルソリューションにより、採用を迅速化します。 Domo の Jobvite Connector を使うと、候補者と募集に関するデータを取得できます。  Jobvite API に関する詳細は、Jobvite サポート担当者にお問い合わせください。

注記: この Connector を作成するためのユーザーインターフェイスは、データセンターの Connector リストにまだ掲載されていません。つまり、自分で Connector を設定することはできません。 ただし、自分のデータを Domo に引き込むことができるよう、Domo では皆様の Connector を喜んで設定いたします。 CSM または Domo までいつでもお問い合わせください。 連絡先に関する情報は、ヘルプとサポートを参照してください。

Jobvite アカウントには、データセンターから接続します。 このトピックでは、Jobvite Connector ユーザーインターフェイスに固有のフィールドとメニューについて説明します。 DataSet の追加や更新スケジュールの設定、そして DataSet 情報の編集に関する一般的な情報は、 データ Connector を使用して DataSet を追加する で説明しています。

必要条件

Jobvite アカウントに接続して DataSet を作成するには、以下が必要です:

  • Jobvite シークレットキー

  • Jobvite 会社 ID

  • Jobvite API キー

これらの認証情報の入手については、Jobvite サポート担当者にお問い合わせください。

Jobvite アカウントに接続する

このセクションでは、Jobvite Connector ページの認証情報および詳細ペインのオプションについて説明します。 このページの他のペインの項目である スケジュール設定DataSet の名前と説明に関しては、ほとんどのタイプの Connector で共通しており、 データ Connector を使用して DataSet を追加する でより詳細に説明しています。

認証情報ペイン

このペインには、Jobvite アカウントに接続するための認証情報の入力フィールドがあります。 下表では、各フィールドに必要な内容を説明しています:  

フィールド

説明

シークレットキー Jobvite サポート担当者によって発行されたシークレットキーを入力します。
会社ID Jobvite サポート担当者によって発行された会社 ID を入力します。
API キー Jobvite サポート担当者によって発行された API キーを入力します。

一度有効な Jobvite の認証情報を入力しておくと、いつでも同じアカウントを使用して新しい Jobvite DataSet を作成することができます。 Connector アカウントは、データセンターのアカウントタブで管理することができます。 このタブに関する詳細については、Connector のユーザーアカウントを管理するを参照してください。

詳細ペイン

このペインには、メインのレポートメニューの他、選択したレポートタイプに応じて表示/非表示になるその他様々なメニューがあります。

メニュー

説明

レポート

実行したい Jobvite レポートを選択します。 以下のレポートが利用できます:

候補者 求職者が応募したジョブに関する求職者情報と募集レベルのデータを返します。
ジョブフィード 特定の会社の全ての募集に関する情報を返します。
ワークフローの状態(オプション) フィルターするワークフローの状態を入力します。 例として、NewOffer Acceptedなどがあります。

期間 

特定の日付か、または日付範囲でデータを取得するか指定します。 

レポートの日付 

レポートのデータが特定の日付か、または今日から何日前までのものかを選択します。 

特定の日付 

レポートの日付を選択します。 

遡る日数

レポートに表示する過去日数を入力します。  

開始日

日付範囲の第 1 日目が特定日付か相対日付かを指定します。 範囲の最後の日付を、終了日として選択します。 

終了日

日付範囲の 2 つ目の日付が特定の日か、相対日付かを指定します。 日付範囲の最初の日付を開始日として選択します。  

特定の開始日

日付範囲の最初の日付を選択します。 

特定の終了日

日付範囲の 2 つ目の日付を選択します。 

開始日まで遡る日数

レポートで使用する日を、今日から最も古い日までを数えた日数で入力します。 終了日までの日数と組み合わせることで、範囲を作成することができます。

例えば、開始日まで遡る日数 10終了日まで遡る日数 5 を入力した場合、レポートには、今日から数えて 10 日前から 5 日前のデータが含まれます。

終了日までの日数

レポートで表示する、直近の日までの日数を入力します。 開始日までの日数と組み合わせることで、範囲を作成することができます。

例えば、開始日まで遡る日数 10終了日まで遡る日数 5 を入力した場合、レポートには、今日から数えて 10 日前から 5 日前のデータが含まれます。

ジョブのステータス フィルターするジョブのステータスを選択します。