メインコンテンツまでスキップ
waffle.svg
Domo Knowledge Base

QuickBooks Online Reports Connector

Version 4

 

はじめに

QuickBooks Onlineは、最も良く使用されている中小企業向けの会計および財務管理ソフトウェアです。 売上と顧客情報を追跡し、経営や顧客へのサービス提供に不可欠なレポートが作成できます。 Domo の QuickBooks Online Reports Connector を使用すると、ビジネスの財務面に関するあらゆるデータを取得することができます。 QuickBooks オンラインレポート API の詳細については、https://developer.intuit.com/docs/0050_quickbooks_apiを参照してください。

QuickBooks オンラインレポート Connector を使用するには、データセンターで DataSet を作成し、QuickBooks オンラインレポート Connector を選択します。

このトピックでは、QuickBooks Online Reports Connectorユーザーインターフェースに固有のフィールドとメニューについて説明します。 DataSet の追加、更新スケジュールの設定および DataSet 情報の編集に関する一般的な情報は、 データ Connector を使用して DataSet を追加する を参照してください。

必要条件

QuickBooks Onlineアカウントに接続してDataSetを作成するには、以下が必要です。

  • QuickBooks Onlineへの接続に使用するメールアドレスとユーザー ID。

  • QuickBooks Onlineへの接続に使用するパスワード。

QuickBooks Online Reportsアカウントに接続する

このセクションでは、QuickBooks Online Reports Connectorページの認証情報および詳細ペインのオプションについて説明します。 このページの他のペインの項目である スケジュール設定DataSet の名前と説明に関しては、ほとんどのタイプの Connector で共通しており、 データ Connector を使用して DataSet を追加する でより詳細に説明しています。

認証情報ペイン

DomoのQuickBooks Online Reports Connectorは、接続にOAuthを使用します。そのため、Domo内での認証情報の入力は必要ありません。 接続をクリック(またはDomoに既存のQuickBooks Onlineアカウントがある場合はアカウントを追加を選択)し、QuickBooks Online OAuth画面を開いてログイン用の認証情報を入力します。 認証情報を使ってログインした後、QuickBooks OnlineのデータにDomoがアクセスするのを許可するように求められます。 認証情報を入力してDomoを許可すると、いつでも同じアカウントを使用して新しいQuickBooks Online Reports DataSetを作成することができます。 Connector アカウントはデータセンターアカウントタブで管理することができます。 このタブに関する詳細は、ユーザーグループを作成そして管理するを参照してください。

注記:Domo で接続する際、既に QuickBooks Online にログインしている場合は、アカウントを追加をクリックすると自動的に認証されます。 ログインしたアカウントとは異なるアカウントに接続したい場合は、まずQuickBooks Onlineからログアウトする必要があります。

詳細ペイン

このペインには、レポートを選択するためのメインメニューの他、選択したレポートに応じて表示/非表示になるその他様々なメニューがあります。

メニュー

説明

レポート

QuickBooks Onlineレポートを選択します。 以下のレポートが利用できます:

A/P経年サマリ

買掛金の未払請求書のステータスをまとめます。  

A/R経年サマリ

売掛金と、その金額の支払期限が過ぎている期間を表示します。

貸借対照表

会社の資産、負債、株主資本をまとめます。

顧客収支サマリ

顧客収支のサマリを表示します。  

総勘定元帳 

各アカウントで生じた全てのトランザクションに加えて、期首残高と各アカウントの合計を表示します。

損益サマリ

収益と経費をまとめます。 

現金収支一覧表 

現金収支一覧表を返します。  

ベンダー収支サマリ

ベンダーの収支をリストにします。  

 

トランザクション日付期間

レポートのトランザクション日付範囲を選択します。

会計方法 

目的の会計方法を選択します。 

選択した列でまとめる 

レポートのデータを分類する方法を選択します。 例えば、を選択した場合、レポートのデータは月別に分類されます。 

ピボット解析を有効にする 

選択した列で集約の値でレポートデータをピボットするかを選択します。