メインコンテンツまでスキップ
waffle.svg
Domo Knowledge Base

Salesforce Radian6 Connector

Version 4

 

Salesforce Radian6 は、ユーザーが自分の会社、製品、競合他社に関する顧客の話を聞き、それを分析し、顧客の話に対応することを可能にします。

Domo のSalesforce Radian6 Connector を使用すると、Salesforce Marketing Cloud の機能性を拡張することができます。 Radian6 API を使うことで、以下ができるようになります:

  • カスタムレポートや独自の可視化を作成する

  • トピックプロフィールから直接投稿データを抽出する

  • 可視化からデータを、あるいは Radian6 ダッシュボードからウィジェットを抽出する

  • ポストタグやソースタグのような後から追加された投稿データにアクセスする

Salesforce Radian6 API についての詳細は、Salesforceのウェブサイト(https://developer.salesforce.com/docs/atlas.en-us.salesforce1api.meta/salesforce1api/radian6_intro.htm)を参照してください。   

Salesforce Radian6 のアカウントには、データセンターから接続します。 このトピックでは、Radian6 Connector ユーザーインターフェースに固有のフィールドとメニューについて説明します。 DataSet の追加や更新スケジュールの設‘定、そして DataSet 情報の編集に関する一般的な情報は、 データ Connector を使用して DataSet を追加する で説明しています。

必要条件

Salesforce Radian6 アカウントに接続して DataSet を作成するには、以下が必要です:

  • Radian6 のユーザー名とパスワード。

  • Radian6 のAPIキー。 API キーがわからない場合は、Salesforce Radian6 アカウント担当者にお問い合わせください。  

Salesforce Radian6 アカウントに接続する

このセクションでは、Salesforce Radian6 Connector ページの認証情報および詳細ペインのオプションについて説明します。 このページの他のペインの項目である スケジュール設定DataSet の名前と説明に関しては、ほとんどのタイプの Connector で共通しており、 データ Connector を使用して DataSet を追加する でより詳細に説明しています。

認証情報ペイン

このペインには、 Salesforce Radian6 アカウントに接続するための認証情報入力フィールドが含まれています。 下表では、各フィールドに必要な内容を説明しています。

フィールド

説明

Radian6 環境

接続したい Radian6 環境を選択します。

ユーザー名

Radian6 アカウントのログインに使用するユーザー名を入力します。

パスワード

Radian6 アカウントへのログインに使用するパスワードを入力します。  

API キー

Radian6 のAPI キーを入力します。 API キーがわからない場合は、アカウント担当者に問い合わせてください。 

有効な Radian6 認証情報を一度入力しておくと、随時同じアカウントを使用して、新しいRadian6 DataSet を作成することができます。 Connector アカウントはデータセンターアカウントタブで管理することができます。 このタブに関する詳細については、Connector のユーザーアカウントを管理するを参照してください。

詳細ペイン

このペインには、Radian6 レポートタイプを選択できるレポートメニューがあります。 選択するレポートによっては、他のメニューやフィールドが表示されることがあります。

メニュー

説明

レポート

Radian6 レポートを選択します。 以下のレポートが利用できます:

トピック情報

特定の認証情報に関連するトピックの情報を返します。

Radian6 River of News

River of News の投稿コンテンツを指定された過去時間数分だけ返します。

キーワードグループ別の Radian6 River of News

River of News の投稿コンテンツを指定された過去時間数分だけ、キーワードグループ別に返します。

洞察セグメント

特定の日または日付範囲における洞察セグメント情報を返します。

 

トピック ID

情報を取得したいトピックのIDを入力します。 全トピックの情報を取得するには、Allと入力します。 複数のトピックを取得する場合は、カンマで区切って入力します。 例えば: 123,456,789

時間

過去何時間分のデータを取得したいか入力します。

期間 

特定の日付か、または日付範囲でデータを取得するか指定します。 

レポートの日付 

レポートのデータが特定の日付か、または今日から何日前までのものかを選択します。 

特定の日付 

レポートの日付を選択します。 

過去日数

レポートに表示する過去日数を入力します。  

開始日

日付範囲の第 1 日目が特定日付か相対日付かを指定します。 範囲の最後の日付を、終了日として選択します。 

終了日

日付範囲の 2 つ目の日付が特定の日か、相対日付かを指定します。 日付範囲の最初の日付を開始日として選択します。  

特定の開始日

日付範囲の最初の日付を選択します。 

特定の終了日

日付範囲の 2 つ目の日付を選択します。 

開始日まで遡る日数

レポートで使用する日を、今日から最も古い日までを数えた日数で入力します。 終了日までの日数と組み合わせることで、範囲を作成することができます。

例えば、開始日まで遡る日数 10終了日まで遡る日数 5 を入力した場合、レポートには、今日から数えて 10 日前から 5 日前のデータが含まれます。

終了日までの日数

レポートで表示する、直近の日までの日数を入力します。 開始日までの日数と組み合わせることで、範囲を作成することができます。

例えば、開始日まで遡る日数 10終了日まで遡る日数 5 を入力した場合、レポートには、今日から数えて 10 日前から 5 日前のデータが含まれます。

閲覧

レポートで表示させる最初の洞察を選択します。

セグメント

閲覧で選んだ洞察の後、レポートの結果を区分するのに使う洞察を選択します。