メインコンテンツまでスキップ
waffle.svg
Domo Knowledge Base

PDPとDataFlows/DataFusion

Version 4

 

はじめに

DomoのDetaSetでPDP(Personalized Data Permissions)ポリシーを設定する際は、これらのポリシーがDataFlowとDataFusionにどう影響するかを知っておく必要があります。

PDPとDataFlow

DataFlowの入力DataSetは、PDPポリシーによって制限することはできません。利用可能なすべての行は必ずDataFlowを経由しなければなりません。このため、PDPポリシーは、DataFlowが生成する出力DataSetに適用する必要があります。 

PDPポリシーが有効の状態で、入力DataSetを使ってDataFlowを作成するときには、以下の条件が少なくとも1つ満たされていないと、DataFlowに不具合が発生します。

  • 「管理者」セキュリティプロフィールまたは「DataFlowを管理する」が有効になっているカスタムロールがある。

  • あなたはDataSetの所有者である。

  • あなたは、「すべての行」ポリシーの一部を構成している。これは、DataSetのすべての行にアクセスできるものです。

PDPポリシーが入力DataSetに適用された結果DataFlowに不具合が生じた場合は、以下の方法で「すべての行」ポリシーに所有者を追加することで、問題を解決することができます。

  1. PDPの影響を受けたDataSetの [Personalized Data Permissions] タブを開く。

  2. [インパクト] をクリックします。

    これで [このDataSetのPDP結果] のダイアログが開きます。PDPポリシーによって影響を受けたDomo内の全アイテムのリストが表示されます。詳細は、「PDPポリシーを作成そして削除する」を参照してください。

  3. [注意] をクリックします。

  4. 修正するDataFlowをリストで見つけます。

  5. [修正] をクリックします。

これにより、このDataSetの「すべての行」ポリシーにDataFlowの所有者が追加されます。これで、DataFlowを正常に実行することができます。

PDPとDataFusion

PDPは、入力と出力の両方のDataFusion DataSetに適用できます。 

PDPを有効にした1つ以上のDataSetを含むDataFusionを作成する場合は、それらのDataSetに対する「すべての行」アクセス権が必要です。

DataFusionの所有者が1つ以上のPDPが有効な入力DataSetへのアクセス権を失うと、DataFusionは無効になります。