メインコンテンツまでスキップ
waffle.svg
Domo Knowledge Base

ETL 操作: DataSet

Version 3

 

はじめに

全ての ETL 変換フローで入力と出力 DataSet が必要になります。 最低 1 つの入力 DataSet が必要で、また必要に応じていくつでも追加することができます。 変換フローの終了時に 出力 DataSet が 1 つ必要になります。この DataSet を使って、Domo カードや App に情報を追加します。  

ETL DataFlow の作成方法に関しては、ETL DataFlow を作成するを参照してください。

データセンターについては、データセンターのレイアウトを参照してください。

重要:DataFlow の入力 DataSet は、PDP のポリシーで制限させることはできません。利用可能な全ての行は DataFlow を経由する必要があります。 このため、PDPポリシーは、DataFlow が生成する出力 DataSet に適用させる必要があります。
 

PDP ポリシーが有効になっている入力 DataSet を使って DataFlow を構築すると、以下の条件の最低ひとつを満たしていない限り、DataFlow には不具合が発生します:

  • あなたは「管理者」セキュリティプロフィールを保有している。

  • あなたは DataSet の所有者である。

  • あなたは、「全ての行」ポリシーの一部を構成している。 これは、DataSet の全ての行にアクセスできるものです。

DataFlow で PDP を使用する方法に関しては、 PDP と DataFusion / DataFlowを参照してください。 

入力 DataSet

入力DataSet操作を使用することで、DataSetを変換フローに追加することができます。

変換フローには最低一つの入力DataSetが必要です。

注記:指定した入力 DataSet が変更される度に、実行スケジュール設定に基づき ETL DataFlow が変換を行い、出力 DataSet を更新します。 ETL DataFlow のスケジューリングに関しては、ETL DataFlow を作成するを参照してください。

入力DataSet操作を設定するには、

  1. 変換するデータが、DomoにDataSetとして既に存在していることを確認します。

  2. 入力DataSet操作をクリックし、変換したいDataSetを選択します。

    ヒント: 入力 DataSet のデータのプレビューは、データタブをクリックして表示することができます。

出力 DataSet

出力DataSet操作を使用して、変換データをDataSetとして出力することができます。 この新しいDataSetを使用して、カード(または他のDataFlow)に情報を追加することができます。

変換フローには出力 DataSet が必要です。

注記:指定した入力 DataSet が変更される度に、実行スケジュール設定に基づき ETL DataFlow が変換を行い、出力 DataSet を更新します。 ETL DataFlow のスケジューリングに関しては、ETL DataFlow を作成するを参照してください。

出力DataSet操作を設定するには、

  1. 出力DataSet操作に少なくとも一つの入力DataSet操作が接続されていることを確認します。

  2. 変換フローに最低一つの交換操作があることを確認します。

  3. 各操作が出力DataSet操作に接続されていて、また全ての操作が変換フローに接続されていることを確認します。

  4. 出力 DataSet 操作をクリックし、をクリックして名前と説明を入力して、出力したい DataSet の名前を指定します。

ヒント:出力 DataSet にあるデータをプレビューするには、プレビューを実行し出力 DataSet 操作をクリックしてからプレビュータブをクリックします。