メインコンテンツまでスキップ
waffle.svg
Domo Knowledge Base

Magic ETL v2タイル:DataSet(ベータ)

Version 2

 

はじめに

ETL DataFlowの[DataSet]タブでは3つのタイルを使用できます。これには以下のものが含まれます。

  • 入力DataSet
  • 出力DataSet
  • ライトバックタイル

すべてのETL DataFlowには入力DataSetタイルと出力DataSetタイルが必要です少なくとも1つの入力DataSetが必要ですが、必要な数を含めることができます。DataFlowの最後には1つの出力DataSetが必要です。これはDomoカードとAppを起動するために使用できるDataSetです。  

ETL DataFlowの作成については、「ETL DataFlowを作成する」を参照してください。

Data Centerについては、「Data Centerのレイアウト」をご覧ください。

重要:DataFlowの入力DataSetは、PDPのポリシーで制限することはできません。利用可能なすべての行はDataFlowを経由する必要があります。このため、PDPポリシーは、DataFlowが生成する出力DataSetに適用する必要があります。
 

PDPポリシーが有効の状態で、入力DataSetを使ってDataFlowを作成するときには、以下の条件が少なくとも1つ満たされていないと、DataFlowに不具合が発生します。

  • 「管理者」セキュリティプロフィールまたは「DataFlowを管理する」が有効になっているカスタムロールがある。

  • あなたはDataSetの所有者である。

  • あなたは、「すべての行」ポリシーの一部を構成している。これにより、DataSetのすべての行にアクセスできます。

DataFlowでPDPを使用する方法に関しては、「PDPとDataFusion / DataFlow」を参照してください。 

DataSets Tab.png

この機能を取得する

この機能のベータ版への参加に興味がある場合は、カスタマーサクセスマネージャー(CSM)にお問い合わせください。

[入力DataSet]タイル

Input DataSet Tile.png

[入力DataSet]タイルを使用することで、DataSetをDataFlowに追加することができます。

DataFlowには少なくとも1つの入力DataSetが必要です。

注:Magic ETLで使用できる最大列数は1,500です。 

設定

入力DataSetタイルを設定するには

  1. 変換するデータが、DomoにDataSetとして既に存在していることを確認します。

  2. [入力DataSet]タイルをクリックし、変換するDataSetを選択します。

  3. [データ選択]を、DataSetのすべての行を使用する[DataSet全体](デフォルト)に設定するか、新しく追加された行のみを処理する[新しい行のみ]に設定します(これは、追加するDataSetと置換しないDataSetに対して行う必要があります)。

  4. 各列データタイプの横にある[データタイプを選択]ドロップダウンメニューで列データタイプを設定します。これにより、入力データに発生する可能性のあるスキーマの変更によってDataFlowが破損するのを防ぐことができます。

  5. ETL Gear Icon.png をクリックし、各列の[特別な処理]を設定します。これにより、データの[解析](数値列と日付列のみ)、[不正な値]の処理方法、および列の[Null値]を設定できます。

Special Handling Menu Lists.png

詳細

入力タイルの[詳細]タブで、DataSetの以下に項目について表示することができます。

  • 名前
  • 所有者
  • カード数
  • 閲覧数
  • 行数
  • 最終更新
  • 次回の更新
  • 列名とタイプ

データ

[データ]タブを選択して、入力データの表をプレビューします。

[出力DataSet]タイル

Output DataSet Tile.png

[出力DataSet]タイルを使用して、変換データをDataSetとして出力することができます。この新しいDataSetを使用して、カード(または他のDataFlow)に情報を追加することができます。

DataFlowには出力DataSetが必要です。

注記:指定した入力DataSetが変更される度に、予定実行の設定に基づきETL DataFlowが変換を行い、出力DataSetを更新します。ETL DataFlowのスケジュール設定の方法については、「ETL DataFlowのスケジュールを設定する」を参照してください。

設定

出力DataSetタイルを設定するには

  1. タイルが[出力DataSet]タイルに接続されていて、またすべてのタイルが変換フローに接続されていることを確認します。

  2. [出力DataSet]タイルをクリックし、をクリックして名前と説明を入力して、出力するDataSetの名前を指定します。

  3. (オプション)[追加オプション]ドロップダウンをクリックし、[更新方法]を選択して、データを置き換え(デフォルト)またはデータを追加します。

ヒント:出力DataSetにあるデータをプレビューするには、プレビューを実行し[出力 DataSet] タイルをクリックしてから[プレビュー]タブをクリックします。

詳細

DataFlowがまだ実行されていない場合、使用可能な詳細は所有者、列名、列タイプです。正常に実行されると、入力タイルについて上記と同じ詳細をすべて表示できます。

[ライトバック]タイル

Writeback Tile.png

[ライトバック]タイルを使用して、変換されたデータをDataSetとして出力し、データを別のシステムに送り返すことができます。

設定

ライトバックタイルを設定するには

  1. タイルが[ライトバック]タイルに接続されていて、またすべてのタイルが変換フローに接続されていることを確認します。

  2. [ライトバック]タイルをクリックし、をクリックして名前と説明を入力して、出力するDataSetの名前を指定します。

  3. (オプション)[追加オプション]ドロップダウンをクリックし、[更新方法]を選択して、データを置き換え(デフォルト)またはデータを追加します。

  4. [ライトバックを設定]ボタンをクリックし、使用するライトバックコネクターを選択します。

詳細

DataFlowがまだ実行されていない場合、使用可能な詳細は所有者、列名、列タイプです。正常に実行されると、入力タイルについて上記と同じ詳細をすべて表示できます。