メインコンテンツまでスキップ
waffle.svg
Domo Knowledge Base

Magic ETL v2タイル:フィルター(ベータ)

Version 2

 

はじめに

ETL DataFlowの[フィルター]タブでは2つのタイルを使用できます。これには以下のものが含まれます。

  • 行にフィルターをかける
  • 重複を削除する

ETL DataFlowの作成については、「ETL DataFlowを作成する」を参照してください。

Data Centerについては、「Data Centerのレイアウト」を参照してください。

Filter Tab.png

この機能を取得する

この機能のベータ版への参加に興味がある場合は、カスタマーサクセスマネージャー(CSM)にお問い合わせください。

[行をフィルター]タイル

Filter Rows.png

[行をフィルター]タイルでは、指定したルールに基づいて行を含めたり除外したりできます。

例えば、[行をフィルター]タイルにより以下のデータを…

... このように変換可能です...

設定は以下を使用します。

行をフィルタータイルを設定するには

  1. キャンバスで [行をフィルター]タイルをクリックします。

  2. (オプション) タイルの名前を変更するには、をクリックして名前を入力します。

  3. [フィルタルールを追加]または[スクリプトルールを追加]のいずれかを選択します。

  4. (条件付き)各フィルタールールについて、以下を実行します。

    1. フィルター対象の列を選択します。

    2. 使用する演算を選択します。
      フィルターをかける列のデータのタイプに応じて演算アイテムがリストに表示されます。

    3. 特定の列の値と比較するか、特定の値と比較するかを選択し、以下のいずれかを実行します。

      • (条件付き)列に対して比較する場合、使用する列を選択します。

      • (条件付き)指定した値に対して比較する場合、使用する値を入力します。

    4. (条件付き)ルールを追加する場合は、[フィルタールールを追加] または[スクリプトルールを追加]のいずれかを選択します。

  5. (条件付き)各スクリプトルールについて、以下を実行します。
    1. (オプション)スクリプトエディタを開きます。

    2. 使用するスクリプトを入力します。

    3. スクリプトを検証します。

    4. (条件付き)ルールを追加する場合は、[フィルタールールを追加] または[スクリプトルールを追加]のいずれかを選択します。

      注記:スクリプトルールを使用して正常なフィルターを作成する方法について詳しくは、「Magic ETLでフィルタースクリプトに書き込む方法」を参照してください。
  6. 含める行は、定義したルールのすべてに合う行か、またはどれかに合う行なのかを選択します。

ヒント:タイルによる変換後のデータプレビューを行う場合は、プレビューを実行し、キャンバスで該当のタイルをクリックした後、[プレビュー] タブをクリックします。

[重複を削除]タイル

 Remove Duplicates.png

[重複を削除]タイルにより、特定の列に関して、重複している行を削除することができます。

動画 - 重複を削除タイルを使用する


例えば、[重複を削除]タイルにより、以下のデータが...

... このように変換可能です...

設定は以下を使用します。

注記:基本利益の値が同一の重複行が削除されています。

重複を削除タイルを設定するには

  1. 目的の値を含む列がDataSetにあるかを確認します。

  2. キャンバスで、[重複を削除] タイルをクリックします。

  3. (オプション) タイルの名前を変更するには、をクリックして名前を入力します。

  4. 重複する値のある削除する列それぞれに対し、以下を行います。

    1. 列を選択します。
      例えば、「製品基本利益」と入力します。 

    2. 比較の際に、大文字小文字の区別をするかを選択します。

    3. (条件付き)列を追加する場合は、[列の追加] をクリックします。

注記:行を削除するには、[重複を削除] タイルで選択した列すべてが重複している必要があります

 

ヒント:タイルによる変換後のデータプレビューを行う場合は、プレビューを実行し、キャンバスで該当のタイルをクリックした後、[プレビュー] タブをクリックします。