メインコンテンツまでスキップ
waffle.svg
Domo Knowledge Base

Magic ETL v2タイル:テキスト(ベータ)

Version 2

 

はじめに

ETL DataFlowの[テキスト]タブでは5つのタイルを使用できます。これには以下のものが含まれます。

  • 列を結合
  • テキストを置換
  • 列を分割
  • 文字列操作
  • テキストフォーマット

ETL DataFlowの作成については、「ETL DataFlowを作成する」を参照してください。

Data Centerについては、「Data Centerのレイアウト」を参照してください。

Text Tab.png

この機能を取得する

この機能のベータ版への参加に興味がある場合は、カスタマーサクセスマネージャー(CSM)にお問い合わせください。

[列を結合]タイル

Combine Columns copy.png

列を結合タイルでは、複数の列の値を1つの列に結合することができます。例えば、2つの列から姓と名を結合して新しいフルネーム列を作ることができます。 

動画 - ETLで列を結合する

 

列を結合タイルを設定するには

  1. キャンバスで [列を結合]タイルをクリックします。

  2. (オプション) タイルの名前を変更するには、をクリックして名前を入力します。

  3. 新しい列の名前を入力します。

  4. 結合された値を区切るために使用する文字を指定します。

  5. (オプション)結合した後で、元の列を削除します。

  6. 結合する列を選択します。 

ヒント:タイルによる変換後のデータプレビューを行う場合は、プレビューを実行し、キャンバスで該当のタイルをクリックした後、[プレビュー]タブをクリックします。

[テキストを置換]タイル

Replace Text.png

[テキストを置換」タイルを使用すると、特定のテキスト値の該当箇所すべてを他のテキスト値に置き換えることができます(いわゆる検索・置換)。これには、Javaの正規表現を使用することができます。Javaの正規表現の詳細については、https://docs.oracle.com/javase/tutorial/essential/regex/ を参照してください。

ヒント:[列タイプ設定]タイルを使用すると、テキストを置換する前(または後)の日付または数値列をテキストとして設定できます。

その他の機能でテキスト値を置換する方法については、「列値の設定」 および「値マッパー」を参照してください。

例えば、[テキストを置換]タイルでは、「Product Container」列の「Jumbo Box」というテキスト値を...

... 「Ginormous」というテキスト値に置換します...

その際に以下の設定を使用します。

テキストを置換タイルを設定するには

  1. キャンバスで、[テキストの置換] をクリックします。

  2. (オプション) タイルの名前を変更するには、をクリックして名前を入力します。

  3. 検索する列を選択します。

  4. 検索したいテキスト値を入力します。
    例えば、「Jumbo Box」と入力します。 

  5. (オプション)使用する検索設定を指定するには、フィールドでをクリックします。

    オプション

    説明

    完全一致

    完全に一致する単語だけを検索します。

    大文字と小文字を区別

    大文字と小文字を区別して値を検索します。

    RegExを使用する

    Javaの正規表現を使用して検索、置き換えを実行します。

  6. 置換するテキスト値を入力します。
    例えば「Ginormous」と入力します。 

ヒント:タイルによる変換後のデータプレビューを行う場合は、プレビューを実行し、キャンバスで該当の操作をクリックした後、[プレビュー]タブをクリックします。

[列を分割]タイル

Split Column.png

[列を分割]タイルを使用すると、単一の文字列の列を特定の区切り文字で複数の列に分割できます。 

例えば、[列を分割]タイルにより、このフォーマットのデータを…

以下のフォーマットのデータに変換します…

その際に以下の設定を使用します。

列を分割タイルを設定するには

  1. キャンバスで、[列を分割]タイルをクリックします。

  2. (オプション) タイルの名前を変更するには、をクリックして名前を入力します。

  3. 分割する列を選択します。

  4. 文字列を区切る区切り文字を選択します。

  5. 次に、ステップ4で指定した最後の列に追加の分割を保持するかどうかを決定します。
    例えば、上の表の1行目の最後の列Watcher Split 1には、余分に分割されたBenが存在します。

  6. 最後に、必要な数の列を追加して名前を設定します。
    上の例では、分割する3つの値を持たない行がいくつかあるため、それらの列での値は空白のままになります。

    注記:作成した列よりも分割する値が多く、余分な分割を保持しない場合は、値はどの列にも配置されません。

[文字列操作]タイル

String Operations.png

 

[文字列操作]タイルを使用すると、文字列のサブストリング化、トリム、スペース埋込が可能です。

例えば、[文字列操作]タイルでは、以下のデータを...

... このように変換可能です...

その際に以下の設定を使用します。

文字列操作タイルを設定するには

  1. キャンバスで [文字列操作]タイルをクリックします。

  2. (オプション) タイルの名前を変更するには、をクリックして名前を入力します。

  3. 新規列の名称を入力します。

  4. 次に、実行する操作のタイプを選択します。

  5. この機能を実行する対象列を選択します。

  6. 最後に、文字列で所望の開始位置と終了位置を指定します。

  7. (オプション)列の追加は、[文字列操作の追加]をクリックします。

ヒント:タイルによる変換後のデータプレビューを行う場合は、プレビューを実行し、キャンバスで該当のタイルをクリックした後、[プレビュー]タブをクリックします。

[テキストフォーマット]タイル

Text Formatting.png

[テキストフォーマット]タイルでは、テキストの書式設定(小文字のみにする、大文字のみにする、最初の文字のみ大文字にする)、数字の削除、または数字以外のすべてのテキスト削除などが可能です。

例えば、[テキストフォーマット]タイルでは、以下のデータを…

... このように変換可能です...

その際に以下の設定を使用します。

テキストフォーマットタイルの設定は

  1. キャンバスで、[テキストフォーマット]タイルをクリックします。

  2. (オプション) タイルの名前を変更するには、をクリックして名前を入力します。

  3. フォーマットする列それぞれに対し、以下を行います。

    1. テキスト列を選択する。

    2. 小文字・大文字のタイプを選択する。

    3. 数字を削除するか、数字以外をすべて削除するかを選択する。

  4. (条件付き)列の追加は、[列を追加]をクリックします。

ヒント:タイルによる変換後のデータプレビューを行う場合は、プレビューを実行し、キャンバスで該当のタイルをクリックした後、[プレビュー]タブをクリックします。