メインコンテンツまでスキップ
waffle.svg
Domo Knowledge Base

Magic ETL v2(ベータ)でサポートされている機能

Version 2

 

はじめに

このリファレンスガイドでは、Magic ETL v2のスクリプトを追加タイルとグループ化タイルでサポートされている関数について説明しています。

サポートされている機能

次のセクションでは、Magic ETL v2内で使用できる関数の例を示します。ただし、完全なリストについては、以下に示すようにスクリプトエディタ内の関数リストを参照する必要があります。

Add Formula Editor.png

重要:スクリプトエディタはBeast Modeエディタに似ていますが、同じではありません。作成した任意のBeast Modeをスクリプトエディタにコピーし、機能させることができます。ただし、スクリプトエディタで許可されているすべての機能がBeast Mode内で機能するわけではありません。これは、DataFlowとAnalyzerで利用できる処理能力が向上したためです。

集計関数

関数名

説明

APPROXIMATE COUNT (DISTINCT)

列内のユニーク値のおおよその数を返します。

APPROXIMATE_COUNT_DISTINCT(X)

CORR

独立変数xと従属変数yの相関係数を返します。null以外の値のペアに対してのみ計算されます。

null以外のデータの場合は、次と同等になります:COVAR_POP(y, x) / (STDDEV_POP(x) * STDDEV_POP(y))

これは集計関数です。

一致する行がなければ、VAR_POP()はNULLを返します。

CORR(x,y)

COUNT

exprのNULL以外の値の数のカウントを返します。結果は整数値です。これは集計関数です。

COUNT(*)は、行の合計数をカウントします。

一致する行がなければ、COUNT()は0を返します。

COUNT(expr)

COVAR_POP

独立変数xと従属変数yの母集団の共分散を返します。null以外の値のペアに対してのみ計算されます。

null以外のデータの場合は、次と同等になります:(SUM(x*y) - SUM(x) * SUM(y) / COUNT(*)) / COUNT(*)

これは集計関数です。

一致する行がなければ、VAR_POP()はNULLを返します。

COVAR_POP(x,y)

COVAR_SAMP

独立変数xと従属変数yのサンプル共分散を返します。 分母はサンプルサイズから1を引いたものです。null以外の値のペアに対してのみ計算されます。

null以外のデータの場合は、次と同等になります:(SUM(x*y) - SUM(x) * SUM(y) / COUNT(*)) / (COUNT(*) - 1)

これは集計関数です。

一致する行がなければ、VAR_POP()はNULLを返します。

COVAR_SAMP(x,y)

FIRST_NON_NULL_VALUE

exprにある最初のNULL以外の値を返します。NULL以外の値が見つからなかった場合はNULL値を返します。これは集計関数です。

FIRST_NON_NULL_VALUE(expr)

FIRST_VALUE

NULL値を含め、exprにある最初の値を返します。これは集計関数です。

FIRST_VALUE(expr)

LAST_NON_NULL_VALUE

exprにある最後のNULL以外の値を返します。NULL以外の値が見つからなかった場合はNULL値を返します。これは集計関数です。

LAST_NON_NULL_VALUE(expr)

LAST_VALUE

NULL値を含め、exprにある最後の値を返します。これは集計関数です。

LAST_VALUE(expr)

MAX

exprの最大値を返します。MAX()は文字列引数を取ることもできます。その場合、最大文字列値を返します。

 

これは集計関数です。

 

一致する行がなければ、MAX()はNULLを返します。

MAX(expr)

MEDIAN

exprの推定中央値を返します。これは集計関数です。

MEDIAN(expr)

MIN

exprの最小値を返します。MIN() は文字列引数を取ることもできます。その場合、最小文字列値を返します。

 

これは集計関数です。

 

一致する行がなければ、MIN()はNULLを返します。

MIN(expr)

PERCENTILE

exprのntileパーセンタイルを返します。これは集計関数です。

PERCENTILE(expr, ntile)

STD

STD()はSTDDEV_SAMP()の同義語です。

STD(expr)

STDDEV

STDDEV()はSTDDEV_SAMP()の同義語です。

STDDEV(expr)

STDDEV_POP

expr(VAR_POP()の平方根)の母集団標準偏差を返します。

これは集計関数です。

一致する行がなければ、STDDEV_POP()はNULLを返します。

STDDEV_POP(expr)

STDDEV_SAMP

expr(VAR_SAMP()の平方根)のサンプル標準偏差を返します。

これは集計関数です。

一致する行がなければ、STDDEV_POP()はNULLを返します。

STDDEV_SAMP(expr)

SUM

exprの合計を返します。リターンセットに行がない場合、SUM()はNULLを返します。

これは集計関数です。

SUM(expr)

VAR_POP

exprの母集団標準分散を返します。行をサンプルではなく母集団全体と見なすため、行数が分母になります。

分散は、各数値のセットの平均を計算し、平均を減算して結果を2乗し、最後に結果の差の平均を計算することによって計算されます。

これは集計関数です。

一致する行がなければ、VAR_POP()はNULLを返します。

VAR_POP(expr)

VAR_SAMP

exprのサンプル標準分散を返します。分母は、行数から1を引いた数です。

分散は、各数値のセットの平均を計算し、平均を減算して結果を2乗し、最後に結果の差の平均を計算することによって計算されます。

これは集計関数です。

一致する行がなければ、VAR_POP()はNULLを返します。

VAR_SAMP(expr)

VARIANCE

VARIANCE()はVAR_SAMP()の同義語です。

VARIANCE(expr)

VARIANCE_POP

VARIANCE_POP()はVAR_POP()の同義語です。

VARIANCE_POP(expr)

VARIANCE_SAMP

VARIANCE_SAMP()はVAR_SAMP()の同義語です。

VARIANCE_SAMP(expr)

数値関数

関数名

説明

ABS

Xの絶対値(負ではない値)を返します。Xが数値でない場合、数値タイプに変換されます。

ABS(X)

ACOS

Xのアークコサイン、つまり、コサインがXとなる値を返します。Xが-1~1の範囲にない場合は、NaNを返します。

ACOS(X)

ASIN

Xのアークサイン、つまり、サインがXとなる値を返します。Xが-1~1の範囲にない場合は、NaNを返します。

ASIN(X)

ATAN

Xのアークタンジェント、つまり、タンジェントがXとなる値を返します。

ATAN(X)

ATAN2

2つの変数XとYのアークタンジェントを返します。これは、Y/Xのアークタンジェントの計算と似ていますが、両方の引数の符号が結果の象限を決定するために使用される点が異なります。

ATAN2(Y,X)

AVG

exprの平均値を返します。NULL値は無視されます。これは集計関数です。

一致する行がなければ、AVG()はNULLを返します。

AVG(expr)

CBRT

Xの立方根を返します。Xが負の場合、NaNを返します。

CBRT(X)

CEIL

X以上の最も小さい整数値を返します。CEILING()の別名です。

CEIL(X)

CEILING

X以上の最も小さい整数値を返します。

CEILING(X)

CONV

異なる基数間で数値を変換します。基数をfrom_baseからto_baseに変換して、数値Nの文字列表現を返します。

CONV(N,from_base,to_base)

CONVERT_UNIT

exprをfrom_unitからto_unitに変換します。 exprは、まだタイプDOUBLEに変換されていない場合は変換され、結果は常にタイプDOUBLEになります。

from_unitとto_unitは、英語で通約可能な単位を表す文字列です(例:「立方フィート」、「リットル」、「mph」、「m/s」)。単位の文字列は次のルールに従います。

1. ほとんどの国際単位のSI(メートル法)や帝国単位がサポートされています。帝国単位は、対応する国際単位系の観点から定義されます。長さ、面積、および質量/重量の帝国単位は、ほとんど国際的に合意されています。 トンは例外です。ガロンのような体積の単位も、英国と米国では異なります。このような違いが生じた場合、米国の慣習的な値(例えば、ショートトンは2000常衡ポンド)が使用されます。

2. 単位は完全に書き出すことができ、オプションで複数形にすることもできます。メートルの単位にはメートルのプレフィックスがあり、計算単位にはメートルまたはバイナリのプレフィックスが付いている場合があります。例:「フィート」、「年」、「キロワット」、「メガバイト」、「メビバイト」

3. 単位は省略される場合があります。省略された単位のメートルおよびバイナリのプレフィックスも省略される必要があります。省略形の単位では大文字と小文字が区別されます。例:「mi」(マイル)、「KiBps」(キビビット/秒)、「uPa」(マイクロパスカル)

4. 単位は、キャレット「^」を使用するか、単位の名前を数字で終了することによって指数化できます。指数は、単位の反転を示すために負である場合があります。単位の前に「cu」/「cubic」または「sq」/「square」を付け、その後にスペース「 」またはハイフン「-」を付けることもできます。 それぞれの指数「3」と「2」と同等です。例:「sq ft」(平方フィート)、「m3」(立方メートル)、「s^-1」(毎秒、ヘルツ)

5. 単位は、スラッシュ「/」文字または単語「per」を使用して分割できます。例:「マイル/時」、「メートル/毎秒/毎秒」(メートル毎秒毎秒、加速度)

6. 単位は、アスタリスク「*」を使用するか、ハイフン「-」またはスペースと組み合わせて乗算できます。アスタリスクは通常の演算の乗算順序に従いますが、結合された単位が単一の単位名のように、ハイフンまたはスペースの形式が最も優先されます。例:「N*m」(ニュートンメートル、ジュール)、「half-gal」(ハーフガロン)、 「kilogram-meters/second2」(キログラムメートル毎秒毎秒、ニュートン)

7. 括弧は、累乗、乗算、除算の演算の順序に影響を与えるために使用されます。例:「(m/s)^2'」(メートル毎秒毎秒、加速度面積)

8. 名前または略語が複数の単語で構成されているユニットは、アンダースコア「_」区切り文字を使用して、または単にスペースなしで書き込むことができます。例:「fluid_ounce」、「floz」(液量オンス)、「poundforce」、「astronomical_unit」

単位は変換するために通約可能で、同じ寸法でなければなりません。5つの寸法値(時間、長さ、質量、電流、情報)がサポートされています。単位は、これらの値のいずれかで正、負、またはゼロの数の寸法を持つことができます。一部の単位では、すべてのカテゴリーで寸法がゼロです。 これらの単位は、「ダース」や「ハーフ」などの未加工の数量です。「メートル/秒」には、1つの正の長さ寸法と1つの負の時間寸法があります。 それは速度の単位です。「ガロン」には、3つの正の長さ寸法があります。 体積の単位です。これらは同じ寸法であるため、それぞれ「マイル/時」と「立方インチ」に変換できます。「秒」から「マイル」など、寸法が異なる単位間で変換しようとすると、エラーが発生します。

DOUBLE演算の性質上、結果が不正確に表示されることがあることに注意してください。このような場合、ROUND()関数を使用して結果を修正できます。

CONVERT_UNIT(expr,from_unit,to_unit)

COS

Xがラジアン単位で与えられた場合、Xのコサインを返します。

COS(X)

COSH

Xの双曲コサインを返します。

COSH(X)

COT

Xのコタンジェントを返します。

COT(X)

CRC32

巡回冗長検査値を計算し、32ビットの符号なし値を返します。引数がNULL値の場合、結果はNULL値になります。引数は文字列であると想定され、文字列でない場合、(可能な場合は)文字列として処理されます。

CRC32(expr)

DECIMAL

固定精度DECIMALタイプに変換されたexprの値を返します。

DECIMAL(expr)、CAST(expr AS DECIMAL)

DEGREES

ラジアンから度に変換された引数Xを返します。

これは、RADIANS()関数の逆です。

DEGREES(X)

DISTANCE

EarthのWGS-84モデルで緯度と経度で示された2点間のキロメートル距離を返します。距離はVincenty法を用いて計算されます。

DISTANCE(lat0, lon0, lat1, lon1)

DISTANCEV

DISTANCEV()はDISTANCE()の同義語です。両方とも、遅くはなりますが、より正確なVincenty法を使用します。

DISTANCEV(lat0, lon0, lat1, lon1)

DOUBLE

浮動小数点DOUBLEタイプに変換されたexprの値を返します。

DOUBLE(expr)、CAST(expr AS DOUBLE)

E

e(オイラー数)の値を倍精度浮動小数点として返します。

E()

EXP

e(自然対数の底)のX乗の値を返します。この関数の逆関数は、LOG()(単一の引数のみを使用)またはLN()です。

XがNULLの場合、この関数はNULLを返します。

EXP(X)

FINITE

exprが有限数の場合はTRUE、NULL値の場合はNULL値を返します。また、NaN、Infinity、-Infinityの場合はFALSEを返します。

FINITE(expr)

FLOOR

X以下の最も大きい整数値を返します。

FLOOR(X)

INFINITY

無限の浮動小数点表示を返します。

INF()、INFINITY()

LN

Xの自然対数を返します。 つまり、Xのeを底とする対数です。Xが0以下の場合、またはNULLの場合、NULLが返されます。

逆関数はEXP()です。

LN(X)

LOG

1つのパラメーターで呼び出された場合、この関数はXの自然対数を返します。Xが0以下の場合、NULLが返されます。

2つのパラメーターで呼び出された場合、Xの対数を基数Bに返します。Bが<= 1またはXが<= 0の場合、関数はNULLを返します。

Xのいずれかの引数がNULLの場合、この関数はNULLを返します。

逆関数は(単一の引数で呼び出された場合)EXP()です。

LOG(X)、LOG(B,X)

LOG10

Xの10を底とする対数を返します。

LOG10(X)

LOG2

Xの2を底とする対数を返します。

LOG2(X)

LONG

LONGタイプの整数に変換されたexprの値を返します。

LONG(expr)、CAST(expr AS LONG)

LONG_MAX

値-(2^63)を整数として返します。これは、タイプLONGで表せる最小値です。

LONG_MAX()

LONG_MIN

値2^63 - 1を整数として返します。これは、タイプLONGで表せる最大値です。

LONG_MIN()

MOD

モジュロ演算です。NをMで割ったときの余りを返します。

MOD(N,M)、N % M

NAN

NaN(数値以外)の浮動小数点表示を返します。

NAN()

NEGATIVE_INFINITY

負の無限の浮動小数点表示を返します。

NEGINF()、NEGATIVE_INFINITY()

PI

π (pi)の値を倍精度浮動小数点として返します。

PI()

POW

XをY乗した値を返します。

POW(X,Y)

POWER

これはPOW()の同義語です。XをY乗した値を返します。

POWER(X,Y)

RADIANS

度からラジアンに変換された引数Xを返します。πラジアンは180度に等しいことに注意してください。

これは、RADIANS()関数の逆です。

RADIANS(X)

RAND

ランダムな倍精度浮動小数点の値vを0 <= v < 1.0の範囲で返します。整数定数の引数Nが指定されている場合、その引数はシード値として使用され、列値の繰り返し可能なシーケンスが生成されます。

RAND()、RAND(N)

ROUND

引数XをD小数位に丸めます。Dは指定されていない場合、デフォルトで0に設定されます。

ROUND(X)、ROUND(X,D)

RPAD

文字列padstrをlen分の文字の長さまで右側に埋め込んで文字列strを返します。strがlenよりも長い場合、戻り値はlen分の文字に短縮されます。

RPAD(str, len, padstr)

RTRIM

末尾の空白文字を削除して文字列strを返します。

RTRIM(str)

SIGN

Xが負、ゼロ、正かに応じて引数の符号を-1、0、または1として返します。

SIGN(X)

SIN

Xがラジアン単位で与えられた場合、Xのサインを返します。

SIN(X)

SINH

Xの双曲サインを返します。

SINH(X)

SQRT

Xの平方根を返します。Xが負の場合、NaNを返します。

SQRT(X)

TAN

Xがラジアン単位で与えられた場合、Xのタンジェントを返します。

TAN(X)

TANH

Xの双曲タンジェントを返します。

TANH(X)

TRUNCATE

D小数位に切り捨て、数値Xを返します。Dが0場合、結果には小数点も小数部分も含まれません。

TRUNCATE(X,D)

WIDTH_BUCKET

範囲(min、max)を等幅のバケットに分割し、exprが該当するバケットの数を返します。バケットには1からNまでの番号が付けられます。Nはバケットの数です。範囲外の値は、数値0およびN + 1のオーバーフローバケットに配置されます。

バケット範囲には下限値が含まれ、上限値は含まれないことに注意してください。したがって、WIDTH_BUCKET(100, 0, 100, 4) = 5、オーバーフローバケットです。また、最小値が最大値よりも小さい場合があることに注意してください。その場合、バケットの最小値はバケットの最大値よりも大きくなります。したがって、WIDTH_BUCKET(100, 100, 0, 4) = 1、最初のバケットです。

WIDTH_BUCKET(expr, min, max, bucket_count)

統計関数

関数名

説明

ANOVAF

サンプルの一元配置分散分析のF値を返します。少なくとも2つのサンプルを提供する必要があり、各サンプルには少なくとも2つのnull以外の値が必要です。2つのサンプルの一方向性の分散分析はスチューデントのt検定と同等であることに注意してください(TTEST関数を参照)。

参照:ANOVAP()

ANOVAF(sample1,sample2[,sample3[,...,sampleN]])

ANOVAP

サンプルの一元配置分散分析のp値を返します。少なくとも2つのサンプルを提供する必要があり、各サンプルには少なくとも2つのnull以外の値が必要です。2つのサンプルの一方向性の分散分析はスチューデントのt検定と同等であることに注意してください(TTEST関数を参照)。

参照:ANOVAF()

ANOVAP(sample1,sample2[,sample3[,...,sampleN]])

TTEST

学生向けt-testのp-value結果を返します。引数のsample1とsample2は、それぞれ少なくとも2つのNULL以外の値の2つの数値列です。引数の最後は1か2のどちらかで、片側か両側検定かを示します。タイプ引数は数字の1から3です。タイプ1は併用のサンプルテストです。このテストのタイプでは、sample1とsample2の両方の値がNULL以外の値、または無視される必要があります。タイプ2は等分散が前提の2つのサンプルですタイプ3は等分散が前提ではない2つのサンプルです。

TTEST(sample1,sample2,tails,type)

財務関数

関数名

説明

FV

これらの引数に基づいて、投資の将来価値を計算します。

利率(必須):比率として表示される期間ごとの利率(例えば、1%は0.01です)。

nper(必須):期間の総数。

pmt(必須):各期間に行われる支払い。ゼロにすることができます。

pv(オプション):現在価値。 投資の価値は現在どれほどあるのか。

タイプ(オプション):0/FALSEまたは1/TRUE。0は各期間の最後に支払いが行われることを示し、1は開始時に支払われることを示します。指定しない場合、0が使用されます。

注:スプレッドシートの構文とは異なり、利率はパーセントで表すことはできません。それらは比率(通常は0から1の間)として表現する必要があります。

参照:PV()、PMT()、RATE()、NPER()。

FV(rate,nper,pmt[,pv[,type]])

IRR

一連の定期的なトランザクションの期間ごとの内部収益率を計算します。 「guess」は、収益率の最良の推測です。これはオプションであり、デフォルトは0.1、つまり10%です。通常、この値を指定する必要はありません。

IRRは集計関数です。

IRR(values[,guess])

NPV

一連の定期的なトランザクションの正味現在価値を計算します。IRRは集計関数です。

NPV(rate,values)

PMT

一定の利率、支払い、および有効期間に基づいて、投資の期間数を計算します。引数

利率(必須):比率として表示される期間ごとの利率(例えば、1%は0.01です)。

pv(必須):ローンの現在価値。 「元金」。

fv(オプション):将来価値。 年金全体の最終残高。省略した場合、0とみなされます(例えば、ローンの全額が支払われます)。

タイプ(オプション):0/FALSEまたは1/TRUE。0は各期間の最後に支払いが行われることを示し、1は始めに支払われることを示します。指定しない場合、0が使用されます。

注:スプレッドシートの構文とは異なり、利率はパーセントで表すことはできません。それらは比率(通常は0から1の間)として表現する必要があります。

参照:FV()、PV()、PMT()、RATE()。

PMT(rate,nper,pv[,fv[,type]])

PV

これらの引数に基づいて、投資の現在価値を計算します。

利率(必須):比率として表示される期間ごとの利率(例えば、1%は0.01です)。

nper(必須):期間の総数。

pmt(必須):各期間に行われる支払い。ゼロにすることができます。

fv(オプション):将来価値。 年金全体の最終残高。省略した場合、0とみなされます(例えば、ローンの全額が支払われます)。

タイプ(オプション):0/FALSEまたは1/TRUE。0は各期間の最後に支払いが行われることを示し、1は開始時に支払われることを示します。指定しない場合、0が使用されます。

注:スプレッドシートの構文とは異なり、利率はパーセントで表すことはできません。それらは比率(通常は0から1の間)として表現する必要があります。

参照:FV()、PMT()、RATE()、およびNPER()。

PV(rate,nper,pmt[,fv[,type]])

投資の期間ごとの利率を計算しようとします。すべての引数に解決策があるわけではありません。 解決策が見つからない場合、結果はNaNになります。解決策が存在するのに、返されていないと思われる場合は、guessを設定して実験することもできます。現在の実装では負の金利は計算されないことに注意してください。引数

nper(必須):期間の総数。

pmt(必須):各期間に行われる支払い。ゼロにすることができます。

pv(必須):ローンの現在価値。 「元金」。

fv(オプション):将来価値。 年金全体の最終残高。省略した場合、0とみなされます(例えば、ローンの全額が支払われます)。

タイプ(オプション):0/FALSEまたは1/TRUE。0は各期間の最後に支払いが行われることを示し、1は開始時に支払われることを示します。指定しない場合、0が使用されます。

guess(オプション):金利の最良の推測。

参照:FV()、PV()、PMT()、NPER()。

RATE(rate,nper,pv[,fv[,type[,guess]]])

XIRR

必ずしも定期的ではない一連のトランザクションの内部収益率を計算します。 「値」は、少なくとも1つの負の値と1つの正の値を含む必要がある一連のトランザクションの金額です。この列のNULL値またはゼロ値は無視されます。 「日付」は、時間コンポーネントが存在する場合は無視されるトランザクション日のリストです。 「guess」は、収益率の最良の推測です。これはオプションであり、デフォルトは0.1、つまり10%です。通常、この値を指定する必要はありません。

XIRRは集計関数です。

XIRR(values,dates[,guess])

XNPV

必ずしも定期的ではない一連のトランザクションの正味現在価値を計算します。 「レート」は、値の年間内部収益率です。 「値」は、少なくとも1つの負の値と1つの正の値を含む必要がある一連のトランザクションの金額です。この列のNULL値またはゼロ値は無視されます。 「日付」は、時間コンポーネントが存在する場合は無視されるトランザクション日のリストです。

XNPVは集計関数です。

XNPV(rate,values,dates)

論理関数

関数名

説明

ALL_TRUE

すべての引数がTRUEと評価される場合、TRUEを返します。それ以外の場合はFALSEを返します。1つ以上の引数で呼び出すことができます。

ALL_TRUE(cond1,cond2,...)

ANY_TRUE

いずれかの引数がTRUEと評価される場合、TRUEを返します。それ以外の場合はFALSEを返します。1つ以上の引数で呼び出すことができます。

ANY_TRUE(cond1,cond2,...)

BOOLEAN

exprの値をBOOLEANタイプ(TRUE、FALSE、またはNULL値)に変換して返します。

BOOLEAN(expr)、CAST(expr AS BOOLEAN)

COALESCE

リストに含まれる最初のNULL以外の値を返します。NULL以外の値がない場合は、NULL値を返します。少なくとも1つのパラメーターを渡す必要があります。

COALESCE(value,...)

ERROR

クライアントで評価された場合には 、指定されたエラー文字列でエラーが生成されます。変換設定によっては、実行が完全に停止する場合があります。

ERROR(error_string)

IF

テストがTRUEの場合、exprTrueを返します。それ以外の場合は、exprFalseを返します。

戻り値の型は、exprTrueとexprFalseの両方に最もよく一致する型です。例えば、exprTrueの型がLONGで、exprFalseの型がDOUBLEの場合、テストがTRUEであっても、戻り値の型はDOUBLEになります。

IF(test,exprTrue,exprFalse)

IFERROR

expr1の評価でエラーにならない場合、IFERROR() はexpr1を返します。エラーになる場合、expr2を返します。IFERROR()は、実行時に生成されたエラーのみを処理することに注意してください。expr1が評価される前にエラーを生成する場合。例えば、 変換できないタイプ間で変換しようとしても、IFERROR()はそのエラーを生成します。

IFERROR(expr1,expr2)

IFNULL

expr1がNULL値でない場合、IFNULL()はexpr1を返します。NULL値である場合、expr2を返します。

IFNULL(expr1,expr2)

NULLIF

expr1 = expr2がtrueの場合はNULLを返し、それ以外の場合はexpr1を返します。これは、CASE WHEN expr1 = expr2 THEN NULL ELSE expr1 ENDと同様です。

NULLIF(expr1,expr2)

文字列関数

関数

説明

CHAR_LENGTH

指定された文字列引数の長さを文字数で返します。マルチバイト文字は1文字としてカウントされます。これは、5つの2バイト文字を含む文字列の場合はLENGTH()であるのに対し、CHAR_LENGTH()は5を返すことを意味します。引数がNULLの場合、NULLを返します。

引数が文字列値でない場合は、文字列に変換されます。

CHAR_LENGTH(str)

CONCAT

引数を連結した結果の文字列を返します。1つ以上の引数があります。すべての引数は文字列に変換されます。

引数がNULLの場合、CONCAT()はNULLを返します。

CONCAT(str1,str2,...)

DYNACAST

type_exprと同じタイプに変換されたexprの値を返します。type_exprは評価されず、exprがどのタイプに変換されるかを決定するときにのみ使用されます。ほとんどの場合、type_exprは列参照です。

DYNACAST(expr, type_expr)

GROUP_CONCAT

グループ全体の引数を区切り文字で区切って連結した結果の文字列を返します。1つ以上の引数に加えて、オプションの区切り文字を含めることができます。設定されていない場合、区切り文字はコンマ文字「,」です。すべての引数は文字列に変換されます。

これは集計関数です。

一致する行がなければ、GROUP_CONCAT()はNULLを返します。

GROUP_CONCAT(str1,str2,...[SEPARATOR sep])

INITCAP

すべての単語の先頭を大文字にし、他のすべての文字を小文字にしてstrを返します。

INITCAP(str)

INSTR

文字列strでサブストリングsubstrが最初に出現する位置を返します。

Xのいずれかの引数がNULLの場合、NULLを返します。

INSTR(str,substr)

LCASE

LCASE()はLOWER()の同義語です。

LCASE(str)

LEFT

文字列strの左端からLEN分の文字を返します。引数がNULL値の場合はNULL値を返します。

LEFT(str,len)

LENGTH

UTF-8エンコーディングを使用して、文字列strの長さをバイト数で返します。マルチバイト文字は複数バイトとしてカウントされます。これは、5つの2バイト文字を含む文字列の場合、LENGTH()は10を返すのに対し、CHAR_LENGTH()は5を返すことを意味します。

strが文字列値でない場合は、文字列に変換されます。strがNULLの場合、この関数はNULLを返します。

LENGTH(str)

LISTAGG

LISTAGG()は、GROUP_CONCAT()の簡略版です。最初の引数は必須であり、連結される文字列です。2番目の引数はオプションであり、区切り文字列です。設定されていない場合、区切り文字は空の文字列です。

LISTAGG(str1[,sep])

LOWER

すべての文字を小文字に変更して文字列strを返します。

LOWER(str)

LPAD

文字列padstrをlen分の文字の長さまで左側に埋め込んで文字列strを返します。strがlenよりも長い場合、戻り値はlen分の文字に短縮されます。

LPAD(str, len, padstr)

LTRIM

先頭の空白文字を削除して文字列strを返します。

LTRIM(str)

REGEXP_LIKE

パターンpatに対して文字列式strのパターンマッチを実行します。パターンは、拡張正規表現にすることができます。オプションのフラグ引数は、マッチングの実行方法を指定する次の文字のいずれかまたはすべてを含む可能性のある文字列です。

c:大文字と小文字を区別するマッチング。

i:大文字と小文字を区別しないマッチング。

m:複数行モード。

n :「.」の文字は行末記号と一致します。

REGEXP_LIKE(str,pat[,flags])

REGEXP_REPLACE

文字列strに含まれる、パターンpatで指定された正規表現strに一致する値を置換文字列replに置き換え、結果の文字列を返します。str、pat、またはreplがNULL値の場合、戻り値はNULL値になります。オプションのflags引数はREGEXP_LIKE()の場合と同様に動作します。

REGEXP_REPLACE(str,pat,repl[,flags])

REPLACE

文字列strのすべてのfrom_strをto_strで置換して返します。REPLACE()は、from_strを検索するときに大文字と小文字を区別する一致を実行します。

REPLACE(str,from_str,to_str)

RIGHT

文字列strから右端のLEN分の文字を返します。引数がNULL値の場合はNULL値を返します。

RIGHT(str,len)

SPLIT_PART

strをsepで分割したN番目のサブストリングを返します。Nがゼロ以下の場合、nullを返します。strが指定された区切り文字で分割された後のサブストリングがN未満の場合、空の文字列を返します。

例:SPLIT_PART(''a~|~bc~cb~|~d~|~e'', ''~|~'', 2) = ''bc~cb''

SPLIT_PART(str,sep,N)

STR_CLEAN

strに含まれるNULL値と空文字列を置き換え、空白制御文字以外をすべて削除します。これらはSTR_NORMALIZE()で実行される操作のサブセットです。

STR_CLEAN(str)

STR_CONTAINS

文字列strに検索文字列が含まれている場合、TRUEを返します。含まれていない場合、FALSEを返します。どちらの引数もNULL値の場合、NULL値を返します。

STR_CONTAINS(str, search)

STR_DIGITS

strに含まれる数字のみで構成される新しい文字列をその数字が表示される順序で返します。STR_REMOVE_DIGITS()の逆です。

STR_DIGITS(str)

STR_ENDS_WITH

文字列strが検索文字列で終わる場合、TRUEを返します。そうでない場合、FALSEを返します。どちらの引数もNULL値の場合、NULL値を返します。

STR_ENDS_WITH(str, search)

STR_NORMALIZE

次の操作を実行してstrを正規化します。

1. strのNULL値は、空の文字列に置き換えられます。

2. 先頭と末尾にある空白文字が削除されます。

3. 1つ以上の空白文字の他のすべてのシーケンスは、単一のスペース(「 」)に置き換えられます。

4. 空白制御文字以外はすべて削除されます。

これは、STR_CLEAN()のより完全なバージョンです。

STR_NORMALIZE(str)

STR_REMOVE_DIGITS

すべての数字を削除してstrを返します。STR_DIGITS()の逆です

STR_REMOVE_DIGITS(str)

STR_STARTS_WITH

文字列strが検索文字列で始まる場合、TRUEを返します。そうでない場合、FALSEを返します。どちらの引数もNULL値の場合、NULL値を返します。

STR_STARTS_WITH(str, search)

STRING

文字列に変換されたexprの値を返します。ロケール、 タイムゾーン、日付書式設定のすべてがこの動作に影響します。

STRING(expr), CAST(expr AS STRING)

SUBSTRING

len引数のないフォームは、位置posから始まる文字列strからサブストリングを返します。

len引数を持つフォームは、位置posから始まる文字列strからlen文字分の長さのサブストリングを返します。

posに負の値を使用することもできます。この場合、サブストリングの先頭は、文字列の先頭ではなく、文字列の末尾からのpos文字です。この関数の任意の形式で、posに負の値を使用できます。

デフォルトでは、サブストリングが抽出される文字列の最初の文字の位置は1とみなされます。引数がNULLの場合は、NULLを返します。

SUBSTRING(str,pos)、SUBSTRING(str FROM pos)、SUBSTRING(str,pos,len)、SUBSTRING(str FROM pos FOR len)

UCASE

UCASE()はUPPER()の同義語です。

UCASE(str)

UPPER

すべての文字を大文字に変更して文字列strを返します。

UPPER(str)

日付と時刻設定関数

関数

説明

ADDDATE

2番目の引数のINTERVAL形式で呼び出された場合、ADDDATE()はDATE_ADD()の同義語です。関連する関数SUBDATE()は、DATE_SUB()の同義語です。INTERVALユニット引数の詳細については、DATE_ADD()の説明を参照してください。

 

2番目の引数の日付形式で呼び出されると、Magic ETLはそれをexprに追加される整数の日数として扱います。

ADDDATE(date,INTERVAL expr unit), ADDDATE(expr,days)

ADDTIME

ADDTIME()はexpr2をexpr1に追加し、結果を返します。expr1は時刻または日時の式で、expr2は時刻の式です。

ADDTIME(expr1,expr2)

CONVERT_TZ

CONVERT_TZ()は日時値dtを新しい時刻に変換し、from_tzで表したときの元の値のウォールクロック時間がto_tzで表したときの新しい値のウォールクロック時間と一致するようにします。

CONVERT_TZ(dt,from_tz,to_tz)

CURDATE

現在の日付を返します。長時間にわたる実行の場合、これは、実行が開始された日付です。

CURDATE()

CURDATETIME

CURDATETIME()は、CURRENT_TIMESTAMP()の同義語です。

CURDATETIME()

CURRENT_DATE

CURDATE()の同義語です。

CURRENT_DATE()

CURRENT_TIME

CURTIME()の同義語です。

CURRENT_TIME()

CURRENT_TIMESTAMP

現在のタイムスタンプ(日付と時刻)を返します。長時間にわたる実行の場合、これは、実行開始時のタイムスタンプです。

CURRENT_TIMESTAMP()

CURTIME

現在の日付が開始から経過した時間の長さとして現在の時刻を返します。長時間にわたる実行の場合、これは、実行が開始された時刻です。

CURTIME()

DATE

exprを年、月、日で構成されるカレンダー日付に変換します。

DATE(expr)、CAST(expr AS DATE)

DATEDIFF

日時の値から2つの日付の間の日数を返します。

DATEDIFF(CURRENT_DATE(), `lastmoddate`)

DATE_ADD

日付の計算を実行します。date引数で、開始する日付または開始する日時の値を指定します。exprは開始する日付に対して加算または減算する間隔値を指定する式です。exprは、負の間隔の場合、「-」で始めることができます。unitは、式を解釈するときに使用する必要がある単位を示すキーワードです。許可される単位は、年、四半期、月、週、日、時、分、秒、ミリ秒です。

DATE_SUB()も参照してください。

DATE_ADD(date,INTERVAL expr unit)

DATE_FORMAT

書式指定文字列に従って日付値をフォーマットします。

名前に使用される言語は、ロケール設定によって制御されます。

DATE_FORMAT()、その逆関数のSTR_TO_DATE()、およびFROM_UNIXTIME()関数で使用できるオプションは次のとおりです。%a:現在のロケールでの短い曜日の英語名。

%b:現在のロケールでの短い形式の月の名前。

%c:1桁または2桁の月。

%d:2桁の日。

%e:1桁または2桁の日。

%f:サブ秒6桁。

%H:00〜23の2桁の時間。

%h:01〜12の2桁の時間。

%I:01〜12の2桁の時間。

%i:2桁の分。

%j:年の通算日(001-366)

%k:0〜23の1桁の時間。

%I:1〜12の1桁の時間。

%M:現在のロケールでの月の名前。

%m:2桁の月。

%r:12時間形式の時間、その後にAM/PMが続きます。「%I:%i:%S %p」の略。

%S:2桁の秒。

%s:2桁の秒。

%T:24時間形式の時間。「%H:%i:%S」の略。

%U:週の番号(00~53)、週の最初の曜日が日曜日の場合。

%u:週の番号(00~53)、週の最初の曜日が月曜日の場合。

%V:週の番号(01~53)、週の最初の曜日が日曜日の場合。%Xと共に使用します。

%v:週の番号(01-53)、週の最初の曜日が月曜日の場合。%xと共に使用します。

%W:現在のロケールでの曜日の名前。

%w:曜日。 0 =日曜日、6 =土曜日。

%X:日曜日を週の最初の曜日とした場合の4桁の年。%Vと共に使用します。

%x:月曜日を週の最初の曜日とした場合の4桁の年。%vと共に使用します。

%Y:4桁の年。

%y:2桁の年。

%#:str_to_date()の場合、すべての数値をスキップします。

%.:str_to_date()の場合、すべての句読点文字をスキップします。

%@:str_to_date()の場合、すべての英字をスキップします。

%%:リテラル%文字。

DATE_FORMAT(date, format)

DATE_SUB

日付の計算を実行します。date引数で、開始する日付または開始する日時の値を指定します。exprは開始する日付に対して加算または減算する間隔値を指定する式です。exprは文字列です。負の間隔の場合、「-」で始めることができます。unitは、式を解釈するときに使用する必要がある単位を示すキーワードです。使用できる単位の全リストについては、DATE_ADD()を参照してください。

DATE_SUB(date,INTERVAL expr unit)

DATE_TRUNC

DATE_TRUNC()はTIMESTAMP_TRUNC()のほぼ同義語ですが、引数の順序は互換性の理由により反転します。説明についてはTIMESTAMP_TRUNC()を参照してください。

DATE_TRUNC(precision, date)

DATE_WORKING_DIFF

日付expr1とexpr2の間にある週末(土曜日と日曜日)を除く日数を返します。expr1がexpr2よりも後の日付の場合、結果は負になります。

DATE_WORKING_DIFF(expr1,expr2)

DATEDIFF

DATEDIFF()は、ある日付から別の日付までの日数を値として表した(expr1 – expr2)を返します。expr1とexpr2は日付または日時の式です。計算では値の日付部分のみが使用されます。

DATEDIFF(expr1,expr2)

DATETIME

年、月、日、時間、分、秒、ミリ秒で構成されるDATETIMEタイプに変換されたexprの値を返します。

DATETIME(expr), CAST(expr AS DATETIME)

DAY

DAY()はDAYOFMONTH()の同義語です。

DAY(date)

DAYNAME

日付の曜日の名前を返します。名前に使用される言語は、ロケール設定によって制御されます。

DAYNAME(date)

DAYOFMONTH

日付の月の日を1~31の範囲で返します。

DAYOFMONTH(date)

DAYOFWEEK

日付の曜日インデックスを返します(1 = 日曜日、2 = 月曜日、...、7 = 土曜日)。これらのインデックス値は、ODBC標準に対応しています。

これは、異なるインデックス番号(0 = 月曜日、1 = 火曜日、... 6 = 日曜日)に従うWEEKDAY()とは対照的です。

DAYOFWEEK(date)

DAYOFYEAR

日付の年の日を1~366の範囲で返します。

DAYOFYEAR(date)

DURATION

時間、分、秒、ミリ秒で構成されるDURATIONに変換されたexprの値を返します。

DURATION(expr)、CAST(expr AS DURATION)

FROM_DAYS

日数Nを指定すると、DATE値を返します。日数は、標準カレンダーの開始からの日数に基づいています。

この関数は、1582年10月にグレゴリオ暦が登場する以前の日付で使用するようには設計されていません。カレンダーがユリウス暦から変更されたときに失われた日数が考慮されていないため、結果は信頼できません。

これは、TO_DAYS()の逆関数です。

FROM_DAYS(N)

FROM_UNIXTIME

日数Nを指定すると、DATE値を返します。日数は、標準カレンダーの開始からの日数に基づいています。

この関数は、1582年10月にグレゴリオ暦が登場する以前の日付で使用するようには設計されていません。カレンダーがユリウス暦から変更されたときに失われた日数が考慮されていないため、結果は信頼できません。

これは、TO_DAYS()の逆関数です。

FROM_DAYS(N)

HOUR

時刻の時間を返します。戻り値の範囲は0~23です。

HOUR(time)

LAST_DAY

日付または日時の値を取得し、月の末日の対応する値を返します。

LAST_DAY(date)

MICROSECOND

DateTime式exprからのマイクロ秒を0~999999の範囲の数値として返します。

MICROSECOND(expr)

MILLISECOND

DateTime式exprからのミリ秒を0~999の範囲の数値として返します。

MILLISECOND(expr)

MINUTE

datetime引数の分を0~59の値で返します。

MINUTE(time)

MONTH

1月~12月を1~12とし、日付の月を返します。

MONTH(date)

MONTHNAME

日付の曜日の名前を返します。日付の月のフルネームを返します。名前に使用される言語は、ロケール設定によって制御されます。

MONTHNAME(date)

NOW

CURRENT_TIMESTAMP()の同義語です。

NOW()

PERIOD_ADD

期間PにNか月を追加します。PはYYMMまたはYYYYMMの形式の整数です。Pに2桁の年が含まれている場合、00から69までの値は2000から2069に変換され、70からの値は1970以上に変換されます。

YYYYMMの形式で整数値を返します。

PERIOD_ADD(P,N)

PERIOD_DIFF

期間P1とP2の間の月の数を返します。P1およびP2は、YYMMまたはYYYYMMの形式にすることができ、整数値です。

P1またはP2に2桁の年が含まれている場合、00から69までの値は2000から2069に変換され、70からの値は1970以上に変換されます。

PERIOD_DIFF(P1,P2)

QUARTER

日付の年の四半期を1~4の範囲で返します。与えられた値がNULL値の場合はNULL値を返します。

QUARTER(date)

SEC_TO_TIME

seconds引数を時間、分、秒に変換してTIME値として返します。

SEC_TO_TIME(seconds)

SECOND

与えられた時刻の秒を0~59の範囲で返します。

SECOND(time)

STR_TO_DATE

これは、DATE_FORMAT()の逆関数です。文字列strと書式指定文字列フォーマットを取ります。STR_TO_DATE()はDATETIME値を返します。

STR_TO_DATE()で使用できるフォーマットは、DATE_FORMAT()の説明に記載されています。

STR_TO_DATE(str,format)

SUBDATE

2番目の引数のINTERVAL形式で呼び出された場合、SUBDATE()はDATE_SUB()の同義語です。使用できる単位の全リストについては、DATE_ADD()を参照してください。

2番目の形式では、日数に整数値を使用できます。このような場合、日付またはDateTime式exprから減算される日数として解釈されます。

SUBDATE(date,INTERVAL expr unit)、SUBDATE(expr,days)

SUBTIME

SUBTIME()は、expr1と同じタイプの値として表したexpr1 - expr2を返します。expr1は時刻または日時の式で、expr2は時刻の式です。

SUBTIME(expr1,expr2)

SYSDATE

CURRENT_TIMESTAMP()の同義語です。

SYSDATE()

TIME

exprを時間、分、秒、ミリ秒で構成される時間の長さ(TIMEタイプ)に変換します。

TIME(expr)

TIME_FORMAT

これは、DATE_FORMAT()関数のように使用されますが、書式指定文字列には、時間、分、秒の書式指定子のみを含むことができます。他の指定子は、NULL値または0を生成します。

TIME_FORMAT(time,format)

TIME_TO_SEC

time引数を秒に変換して返します。

TIME_TO_SEC(time)

TIMEDIFF

TIMEDIFF()は時刻値でexpr1 - expr2を返します。expr1とexpr2は時刻または日時の式ですが、両方とも同じタイプである必要があります。

TIMEDIFF(expr1,expr2)

TIMESTAMP

exprを年、月、日、時間、分、秒、ミリ秒で構成されるタイムスタンプ(DATETIMEタイプ)に変換します。

TIMESTAMP(expr)

TIMESTAMP_TRUNC

タイムスタンプを指定された有効桁数に切り捨て、または有効桁数が指定されていない場合は日付に切り捨てます。タイムスタンプがDATEの場合、結果はDATE型になり、それ以外の場合はDATETIME型になります。精度値は、次のいずれかに一致する文字列定数です。

ミレニアム:MILLENNIUM

世紀:CENTURY

年:YEAR

ISO年:ISOYEAR

四半期:QUARTER

月:MONTH

年の最初の日と同じ平日:YEARWEEK

ISO年の最初の日と同じ平日:ISOWEEK

月の最初の日と同じ平日:MONTHWEEK

現在のロケール設定による週の最初の日:WEEK

日(デフォルト):DAY

時間:HOUR

分:MINUTE

秒:SECOND

ミリ秒:MILLISECOND

マイクロ秒:MICROSECOND

TIMESTAMP_TRUNC(timestamp[,precision])

TO_DAYS

日付を指定すると、現在のカレンダーの開始から経過した日数を返します。

 

この関数は、1582年10月にグレゴリオ暦が登場する以前の日付で使用するようには設計されていません。カレンダーがユリウス暦から変更されたときに失われた日数が考慮されていないため、結果は信頼できません。

 

これは、FROM_DAYS()の逆関数です。

TO_DAYS(date)

TODAY

TODAY()はCURDATE()の同義語です。

TODAY()

TRIM

すべてのremstrプレフィックスまたはサフィックスを削除して文字列strを返します。指定子BOTH、LEADING、TRAILINGのいずれも指定されていない場合、BOTHとみなされます。remstrはオプションで、指定されていない場合、スペースを削除します。

TRIM([{BOTH | LEADING | TRAILING} [remstr] FROM] str), TRIM([remstr FROM] str)

TRUNC

TRUNC() はTIMESTAMP_TRUNC()の同義語です数値を操作対象とするTRUNCATE()とは異なります。

TRUNC(timestamp[,precision])

UNIX_TIMESTAMP

引数なしで呼び出すと、Unixのタイムスタンプを返します(''1970-01-0100:00 :00'' UTC以降の経過秒数)。UNIX_TIMESTAMP()が日付の引数を指定して呼び出された場合、引数の値は「1970-01-0100:00:00」UTC以降の経過秒数として返されます。 日付は、DATE、DATETIME、または日付文字列です。サーバーは日付を現在のタイムゾーンの値として解釈し、UTCの内部値に変換します。クライアントは、Magicの動作設定、DataFlow設定、または顧客設定でタイムゾーンを設定できます。

UNIX_TIMESTAMP() の逆関数はFROM_UNIXTIME()です。

UNIX_TIMESTAMP(), UNIX_TIMESTAMP(date)

WEEK

この関数は、日付の週の数を返します。WEEK()の2つの引数形式を使用すると、週が日曜始まりか月曜始まりか、また返す数値は0から53か、または1から53かを設定することができます。mode引数を省略すると、default_week_formatシステム変数の値が使用されます。モードは次のとおりです。

0:最初の曜日は日曜日、範囲は0〜53、今年の最初の週には日曜日があります。

1:最初の曜日は月曜日、範囲は0〜53、今年の最初の週は3日以上です。

2:最初の曜日は日曜日、範囲は1〜53、今年の最初の週には日曜日があります。

3:最初の曜日は月曜日、範囲は1〜53、今年の最初の週は3日以上です。

4:最初の曜日は日曜日、範囲は0〜53、今年の最初の週は3日以上です。

5:最初の曜日は月曜日、範囲は0〜53、今年の最初の週には月曜日があります。

6:最初の曜日は日曜日、範囲は1〜53、今年の最初の週は3日以上です。

7:最初の曜日は月曜日、範囲は1〜53、今年の最初の週には月曜日があります。

WEEK(date[,mode])

WEEKDAY

日付の曜日インデックスを返します(0 = 月曜日、1 = 火曜日、... 6 = 日曜日)。

これは、ODBC標準(1 = 日曜日、2 = 月曜日、...、7 = 土曜日)に従うDAYOFWEEK()とは対照的です。

WEEKDAY(date)

WEEKOFYEAR

WEEKOFYEAR()はWEEK()の同義語です。

WEEKOFYEAR(date[,mode])

YEAR

与えられた日付の年を0~9999の範囲で返します。

YEAR(date)

YEARWEEK

日付の年と週を返します。mode引数の動作は、WEEK()のmode引数とまったく同じです。結果に含まれる年は、年の最初と最後の週については、date引数に含まれる年と異なる場合があります。

YEARWEEK(date)、YEARWEEK(date,mode)

LOCALE

デバッグの目的で使用します。このコンテキストのロケール設定を返します。この設定によって、 DAYNAME()などの関数の動作が制御されます。

@@LOCALE

SYSTEM_LOCALE

デバッグの目的で使用します。DataFlowのロケール設定を返します。設定されていない場合は、customerを返します。この設定によって、 DAYNAME()などの関数の動作が制御されます。この設定は、操作またはステートメントレベルの制御によって無効にされる可能性があります( @@LOCALEを参照)。

@@SYSTEM_LOCALE

SYSTEM_TZ

デバッグの目的で使用します。DataFlowのタイムゾーン設定を返します。設定されていない場合は、customerを返します。この設定によって、 STR_TO_DATE()など、多数の日付と時刻関連の関数の動作が制御されます。この設定は、操作またはステートメントレベルの制御によって無効にされる可能性があります( @@TZを参照)。

@@SYSTEM_TZ

TZ

デバッグの目的で使用します。このコンテキストのタイムゾーン設定を返します。この設定によって、 STR_TO_DATE()など、多数の日付と時刻関連の関数の動作が制御されます。

@@TZ

システム関数

関数名

説明

DX_ACTION_ID

ステートメントを実行している操作のシステムIDです。これは@@DX_ACTION_NAMEとは異なります。

@@DX_ACTION_ID

DX_ACTION_NAME

ステートメントを実行している操作のユーザー指定の名前です。これは@@DX_ACTION_IDとは異なります。

@@DX_ACTION_NAME

DX_DATAFLOW_ID

ステートメントを実行しているDataFlowの数値IDです。ステートメントが保存されたDataFlowによって実行されていない場合、NULL値です。これは、@@DX_DATAFLOW_NAMEとは異なります。

@@DX_DATAFLOW_ID

DX_DATAFLOW_NAME

ステートメントを実行しているDataFlowのユーザー指定の名前です。ステートメントがDataFlowによって実行されていない場合、NULL値です。これは、@@DX_DATAFLOW_IDとは異なります。

@@DX_DATAFLOW_NAME

DX_ENGINE

Magicなどの実行エンジン。

@@DX_ENGINE

DX_EXECUTION_ID

現在のDataFlow実行の数値IDです。ステートメントがDataFlow実行の一部として実行されていない場合はNULL値です。これらのIDは、特定のDataFlowに対して連続していませんが、先に開始された実行のIDよりも大きいことが保証されます。

@@DX_EXECUTION_ID

DX_IS_PREVIEW

ステートメントがDataFlowプレビューの一部として実行されている場合はTRUE、それ以外の場合はFALSEです。

@@DX_IS_PREVIEW