メインコンテンツまでスキップ
waffle.svg
Domo Knowledge Base

Marketo QuickStart App

Version 1

 

はじめに

Marketoでは、オートメーション、エンゲージメント、パーソナライゼーション、予算管理などのツールを現代のマーケターに提供しています。Marketo QuickStartを使用すると、リードのトレンド、全体でのクリックスルー率、コンバージョン数、メール開封数、送信数、バウンス数、エンゲージメントなどの主要なマーケティング活動とメトリクスを簡単に確認することができます。

要件と注意点

Marketo REST APIが必要です。
アカウントの認証情報の要件は以下のとおりです。

  • クライアントID
  • クライアントシークレット
  • エンドポイントURL
  • アイデンティティーURL

毎日のAPIの割り当て:10,000 APIコール。
速度制限:20秒間に100 APIコール。
過去30日間の利用可能なデータを取得します。

利用状況

  • エグゼクティブパルス:数メトリクスが常に通知される

    • リード優先度

    • CTR

    • メール

    • リードのトレンド

    • コンバージョン

  • 配信とバウンス:配信可能性を損なうことなくメールリストを拡大します。

    • 配信

    • バウンス率

    • 上位20位のバウンスメール

    • 上位10位のエンゲージメール

    • CTOR

    • 開封

    • 最もクリックされたリンク

    • フォーム入力

    • サブスクリプション解除

  • リードの内訳:リードがどこから発生しているか

    • 業界別リード

    • 役職別リード

    • ソース別リード

    • 状態別リード

    • リードの詳細

認証

認証情報

説明

クライアントID

Marketoでカスタムサービスを始める際に作成された、クライアントIDです。

クライアントシークレット

カスタムサービスを始める際に作成された、クライアントシークレットです。

エンドポイントURL

カスタムサービス作成時に提供された、「rest」エンドポイントURLです。例:https://100-AEK-913.mktorest/com/rest

アイデンティティーURL

カスタムサービス作成時に提供された、「アイデンティティー」URLです。例:https://100-AEK-913.mktorest.com/identity

Quickstartレポート

レポートに関する説明は、「Marketoコネクター」を参照してください。

レポート

アップデート設定をスケジュール

パラメーター

選択

日別リード(標準フィールド)

置き換え

レポート

更新日ごとのリード(標準Marketoフィールド付き)

遡る日数

30

クリック、バウンス、開封、フォーム入力、送信

置き換え

レポート

リードアクティビティ

アクティビティタイプ

メールのクリック、リンクのクリック、営業メールのクリック、シェアドリンクのクリック、メールバウンス、メールバウンスソフト、メール配信、フォームの入力、メールの開封、メールの送信

遡る日数

30

サブスクリプション解除

置き換え

レポート

リードアクティビティ

アクティビティタイプ

メールのクリック、リードの変換、メール配信、メールの開封、メールのサブスクリプション解除

遡る日数

30

 


Marketo QuickStart Appを使用すると、リードのトレンド、全体でのクリックスルー率、コンバージョン数、メール開封数、送信数、バウンス数、エンゲージメントなどの主要なマーケティング活動とメトリクスを簡単に確認することができます。