メインコンテンツまでスキップ
waffle.svg
Domo Knowledge Base - 日本人

比較パネル

Version 5

比較パネルは、比較塗りつぶしパネルをシンプルにしたものです。 比較塗りつぶしパネルと同様、比較パネルには以前の数値と現在の数値の変化の程度が表示されます。 違いは、グラフィカルな要素がなく、割合の数値だけで、また最小、最大および目標値が必要ない点です。

変化の程度は、割合または値で表示することができます。 あるいは、現在の数値のみを表示するようにすることもできます。 この設定は チャートの設定で変更することができます。  

Domo の他のタイプのパネルとして、数字パネルスピードメーターパネルフェイスパネル進捗パネル塗りつぶしパネルがあります。 

比較パネルを作成する

比較パネルは、DataSet から、以下の 4 つのデータの列または行を必要とします。 このうちの 1 つはパネルの現在の数値を含み、他のものは以前の数値を含みます。

DataSet に複数の行がある場合、1 行目のみ使用します。 集計は行われません。

カードビルダーで、比較塗りつぶしパネルのデータを含んでいる列を選択します。 データ列を選択する方法に関しては、DataSet 列をチャートに適用するを参照してください。

カードビルダーでチャートをフォーマットする方法に関しては、KPI カード作成パート 2: カードビルダーを参照してください。

次の図は、典型的な列ベースのスプレッドシートの前および現在の数値列ほのデータがどのように比較パネルに変換されるかを示しています。

比較パネルをカスタマイズする

チャートの設定で、比較パネルの外観をカスタマイズできます。 チャートの設定の全オプションについては、 チャートの設定リファレンスガイド を参照してください。 パネルのプロパティに関する詳細は、パネルのプロパティを設定するを参照してください。

プロパティ

説明

一般 > 色の方向

パネルで緑色の塗りつぶしが正(デフォルト)の変更を表すか、あるいは負の変更を表すかを決定します。 正が緑で表される場合は、マイナスは赤で表されます。 逆に、緑でマイナスを表す場合は、正は赤になります。  

一般 > 表示された数値

表示された数値が以前と現在の数値(デフォルト)の間の変更割合になるのか、実際の変更数値になるのか、あるいは現在の数値になるのかを決めます。

たとえば、DataSet の以前の数値が 30 で現在の数値が 55 の場合は、割合変更を選択するとパネルでは「83.3%」と表示されます。これは、30 と 55 の間で変更された部分の割合です。 数値変更 を選択すると、景気に「25」と表示され、それは 2 つの数値の実際の差です。

このプロパティで 数値変更 あるいは 現在の数値を選択する場合は、数値形式数値に設定するようにします。そうしないと、パネルの数値画面に不要の % 記号が表示されてしまいます。 同様に、割合変更 を選択する場合は、数値形式% に設定されていることを確認します。

一般 > 値の書式

パネル値を、割合の記号 (%) または通貨記号を使って表示するか、数値をそのままで表示するかを決定します。

一般 > ラベルを表示

「現在」という言葉をパネル値の上に表示するかを決定します。

一般 > 色を変更

パネルの色を選択することができます。 このプロパティで色を選択すると、色の方向プロパティで選んだ色が変更されます。つまり、「緑は数値アップ、赤は数値ダウンを示す」という標準的なルールは適用されません。