メインコンテンツまでスキップ
waffle.svg
Domo Knowledge Base - 日本人

100%積上げ棒グラフ+折れ線チャート

Version 5

はじめに

100%積上げ棒グラフ+折れ線チャートは、積上げられた各系列のバーがそれが属するカテゴリー全体での割合を示しているという点で、100%積上げ棒グラフと似ています。違いは、100%積上げ棒グラフ+折れ線チャートには、1つ以上のトレンドラインと2つのY軸が含まれるという点です。これは棒チャートと折れ線チャートを組み合わせた他の種類のチャートに似ています。これらの軸の1つは、線に沿った値を測定するために使用され、もう1つの軸は、各スタックでのバーの値を測定するために使用されます。デフォルトでは、チャートの凡例で最初にくる項目が折れ線チャートとして表示され、その他すべての項目は積上げ棒グラフとして表示されます。これは [チャートの設定] で変更できます。 

100%積上げ棒グラフ+折れ線チャートは縦横どちらの方向でも利用できます。100%積上げ縦棒グラフ+折れ線チャートでは、カテゴリーの系列は上下に重なって表示されます。100%積上げ横棒グラフでは、系列は横並びで表示されます。

100%積上げ棒グラフ+折れ線チャートを作成する

100%積上げ棒グラフ+折れ線チャートは、DataSetから3つのデータの列または行を必要とします。1つはカテゴリー、1つは各カテゴリーの系列、1つは値です。値、カテゴリー、系列データの詳細については「チャートデータについて」を参照してください。 

Analyzerで、積上げ棒グラフ+折れ線チャートのデータを含む列を選択します。データ列の選択の詳細については「DataSetの列をチャートに適用する」を参照してください。

Analyzerでチャートをフォーマットする方法の詳細については「 KPIカード作成パート2:Analyzer」を参照してください。

以下の図は、典型的な列ベースのスプレッドシートのデータがどのように100%積上げ縦棒+折れ線チャートに変換されるかを示しています。

次の図は、典型的な列ベースのスプレッドシートのデータがどのように100%積上げ横棒グラフに変換されるかを示しています。

100%積上げ棒グラフ+折れ線チャートをカスタマイズする

[チャートの設定] を編集することで、100%積上げ棒グラフ+折れ線チャートの外観をカスタマイズできます。チャート設定のすべての詳細については「チャートの設定」を参照してください。100%積上げ棒グラフ+折れ線チャート固有のプロパティには以下があります:サムネイル画像をクリックすると、拡大画像が表示されます。

プロパティ

説明

一般 > 系列の数 グラフで線(積上げ棒+記号グラフの場合は記号系列)として表示される系列の数を決定します。デフォルトでは、このチャートタイプの凡例に示される最初の系列が線となり、残りの系列がすべてバーになります。ただし、[チャートの設定] に目的の線の数を入力することで、系列をバーから線に変換できます。たとえば、グラフに3つの系列があった場合、凡例に示されている最初の系列が線として表示され、残りの2つの系列がバーとして表示されます。[系列の数]フィールドに「2」を入力することにより、2番目の系列を線に変えることができます。 -
一般 > 線のスタイル

グラフの線のスタイルを変更できます。デフォルトでは、線とバーの組み合わせグラフの線は折れ線です。必要に応じて、曲線、記号付きの直線、記号付きの曲線、記号のみに線のスタイルを変更できます。 

例では、線のスタイルが [曲線] に設定されたチャートが示されています。

一般 > 各カテゴリーをソート

複数の系列をもつバーとロリポップチャートのほとんどの種類で、各カテゴリーのアイテムをソートできます。昇順または降順で列をソートできます。[デフォルト] を選択すると、デフォルトのソートが適用されます。このオプションは、[値の目盛り] > [対数目盛り] ボックスがオンの場合は機能しません。

右の例では、すべてのカテゴリー内のバーが降順でソートされています。 

バーの設定 > 積上げチャート以外のチャートのインタラクティブ機能

デフォルトの積上げ棒チャートのインタラクティブ機能をオフにします。

積上げチャートまたは100%積上げ縦棒チャートでいずれかの系列の上にマウスポインタを合わせると、最初のスクリーンショットの右側にあるように、対応するすべての系列がハイライトされ、グラフの横方向に連続表示されます。ただし、チャートのいずれかの積上げから系列データが不足している場合、2番目のスクリーンショットのように、ハイライト表示はされず、積上げには「0」と表示されます。3番目のスクリーンショットに示すように、[積上げグラフ以外のグラフのインタラクティブ機能] にチェックを入れると、マウスポインタを合わせても接続線、ハイライト表示、「0」は表示されなくなります。

DataSet列に関する詳細は、「DataSet列をチャートに適用する」を参照してください。