メインコンテンツまでスキップ
waffle.svg
Domo Knowledge Base - 日本人

棒チャート

Version 6

はじめに

最も一般的な棒チャートである縦棒チャートでは、カテゴリーは横軸(X軸)に沿って表示され、値は縦軸(Y軸)に沿って表示されます。横方向の棒チャートは全般的に同じコンセプトですが、カテゴリーは縦軸に沿って表示され、値は横軸に沿って表示されます。

棒チャートを作成する

縦棒チャートや横棒チャートでは、DataSetから2つの列または行のデータのみを必要とします。1つはカテゴリー、そしてもう1つは値です。しかし、縦棒チャートと横棒チャートには系列の列を追加することもできます。棒チャートに系列を追加すると、異なるタイプのチャートに変わります。通常これは、データにより積上げ棒チャート集合縦棒チャートとなります。

値、カテゴリー、系列データの詳細については「チャートデータについて」を参照してください。

Analyzerで棒チャートのデータを含む列を選択します。データ列の選択の詳細については「DataSetの列をチャートに適用する」を参照してください。

Analyzerでチャートをフォーマットする方法の詳細については「 KPIカード作成パート2:Analyzer」を参照してください。

次の図は、典型的な列ベースのスプレッドシートのデータが、どのように縦棒チャートに変換されるかを示しています。

次の図は、典型的な列ベースのスプレッドシートのデータがどのように横棒チャートに変換されるかを示しています。

棒チャートをカスタマイズする

棒チャートの外観のカスタマイズには、いくつか方法があります。[チャートの設定] を設定することで、さまざまなカスタマイズが可能です。チャート設定のすべての詳細については「チャートの設定」を参照してください。棒チャート固有のプロパティには以下があります。サムネイル画像をクリックすると、拡大画像が表示されます。

プロパティ

説明

一般 > 各カテゴリーをソート

複数の系列をもつバーとロリポップチャートのほとんどの種類で、各カテゴリーのアイテムをソートできます。昇順または降順で列をソートできます。[デフォルト] を選択すると、デフォルトのソートが適用されます。このオプションは、[値の目盛り] > [対数目盛り] ボックスがオンの場合は機能しません。

右の例では、すべてのカテゴリー内のバーが降順でソートされています。 

一般 > 合計でソート

さまざまな種類の棒チャートやロリポップチャートで、カテゴリーを合計値別に昇順または降順にソートできます。[デフォルト] を選択すると、デフォルトのソートが適用されます。このオプションは、チャートに自動時間目盛りが適用されている場合は機能しません。(自動時間目盛りをオフにするには、[カテゴリーの目盛り] > [時間の目盛りを使用しない] チェックボックスをオンにします。)

右の例では、カテゴリーが合計別に昇順にソートされています。

一般 > 最大バー数

棒チャート内に表示するバーの数を指定できます。[「その他」のバーを非表示] に切り替えてこのバーを非表示にしない限り、残りのバーのデータは、1つの「その他」のバーにすべてまとめられます。

右の例は、バーの最大数が7に設定された棒チャートを示しています。

maximum_bars.png

一般 > 「その他」のバーを非表示

[最大バー数] オプションを使用してバーの最大数を設定したときに表示される「その他」のバーを表示または非表示にします。

-

カテゴリーの目盛り > 時間の目盛りを使用しない

時間データを使用する、対応するチャートにどのタイプのタイムラインを使用するかを決定します。

デフォルトでは、サポートされているチャート(折れ線チャートや棒チャートなど)に時間データを使用すると、Domoは自動的に適切な時間粒度を使用してデータを表示します。右の最初の例では、数か月にわたる日付データを月ごとに表示しています。

しかし、このボックスをオンにすると、DataSetで表示されるのと同じように日付データを表示します。右側の2番目の例では、DataSetと同じように、時間の目盛りで個々の日付が使用されています。

このオプションは縦棒チャートのみに利用可能です。

最新の値予測 > (縦棒チャートのみ)を使って予測する

棒+折れ線チャートで最後の数値が予測されるか、そしてその場合はどうやって予測されるかを決定します。予測のための特定値を入力するか、次に基づいてDomoに自動的に数値を予測させるかを設定できます。

  • 現在の期間の値を使って、前の期間の値と比較する(予測)

  • グラフの以前の点の平均を求める

  • 線形回帰を使用する

図の例では、線形回帰を使用して最後の数値を予測した棒チャートを示しています。詳細は、「チャートの最終値を予測する」を参照してください。

最新の値予測 > 予測値(縦棒チャートのみ)

棒チャートまたは折れ線チャートの最終予測値を指定できます。このオプションは、[指定された数値][以下を使って予測] プロパティとして選択した場合のみ機能します。詳細は、「チャートの最終値を予測する」を参照してください。

-

最新の値予測 > 平均に使用する値(縦棒チャートのみ)

棒チャートまたは折れ線チャートで、最終予測値を決定するために平均を取る際、使用する点の数を指定できます。このオプションは、[前の値の平均][以下を使って予測] プロパティとして選択した場合のみ機能します。詳細は、「チャートの最終値を予測する」を参照してください。

-

グリッド線 > 最小/最大/平均線を削除する

標準的な棒チャートと折れ線チャートで、マウスオーバー時に通常表示される最小、最大、および平均線を削除します。

-

グリッド線 > 計算値の線

チャートで、中央値または平均値の線を表示するかどうかを決定します。[なし] を選択すると、線は表示されません。

-

数値の目盛り > タイトルの位置

縦棒チャートの値の目盛りラベルを、チャートの左または上部のどちらに表示するかを決定します。

-

回帰直線 > 回帰直線を表示

縦棒チャートに回帰直線を追加できます。右の例では、オレンジ色の破線が回帰直線を示しています。 

回帰直線 > 最終データポイントを含める

棒チャートの最終データポイントを回帰直線の計算に含めるかどうかを指定します。チャートに完了していないタイムラインが表示されている場合、このボックスを選択します(11月がタイムラインの最終月として表示されており、まだ11月が終わっていない場合など)。

-

回帰直線 > 線のスタイル

回帰直線を実線にするか破線(デフォルト)にするかを指定できます。 

-

回帰直線 > 線の色

回帰直線の色を選択できます。 

-

トレーニングビデオ

 

棒チャートのバーのサイズを変更する

すべての棒チャートで、チャート中にバーが占めるスペースの割合を設定したり、固定バーの幅を指定したりできます。詳細は、「棒チャートのバーの大きさを指定する」を参照してください。