メインコンテンツまでスキップ
waffle.svg
Domo Knowledge Base

バブルチャート

Version 5

 

はじめに

散布図と同様に、バブルチャートにも2つの値の目盛りがあり、X座標とY座標のペアがチャートに描画されます。バブルチャートは、バブルサイズという別の次元が加わっている点で、散布図よりも複雑になっています。チャートに含まれるバブルのサイズは、チャート内の他のバブルのサイズと相関関係があります。例えば、チャートにサイズが25の系列とサイズが50の系列という2つの系列が含まれる場合、50の値のバブルは、小さいバブルのサイズの2倍として示されます。

X軸に、値データではなくタイムラインデータを適用することも可能です。この場合、すべてのバブルは該当する日時の線上に配置されます。その場合でも、特定の線上におけるバブルの位置は、Y座標の値によって決まります。

ビデオ - バブルチャートの作成

 

 

バブルチャートを作成する

バブルチャートは、DataSetから、以下の3つのデータの列または行を必要とします。

  • Y軸で測定される値が含まれる列または行

  • X軸で測定される値または日時データが含まれる列または行

  • 各バブルのサイズの値が含まれる列または行

また、必要に応じて、オプションの系列の列を追加することもできます。系列の列を含めない場合、凡例は表示されません。2017年8月リリースより前は、 系列データが必須でしたが、その要件は廃止されました。現在でもバブル(レガシー)チャートタイプを選択することで、古いバージョンのチャートを使用できます。

注記:バブルチャートをドリルダウンすると、X軸やY軸のデータではなく、系列データのみをドリルダウンできます。データのドリルダウンの詳細については、「データをドリルダウンする」を参照してください。

値、カテゴリー、系列データについては「チャートデータについて」を参照してください。

Analyzerでは、バブルチャートで使用するデータを含む列を選択します。データ列の選択の詳細については「DataSetの列をチャートに適用する」を参照してください。

Analyzerでチャートをフォーマットする方法の詳細については「KPIカード作成パート2:Analyzer」を参照してください。

次の図は、典型的な列ベースのスプレッドシートのデータが、どのように標準的なXY座標のバブルチャートに変換されるかを示しています。

次の図は、典型的な列ベースのスプレッドシートのデータが、どのように日時データを含むバブルチャートに変換されるかを示しています。

バブルチャートをカスタマイズする

バブルチャートの外観は、チャートのプロパティを編集することでカスタマイズできます。すべてのチャートのプロパティについては「チャートの設定」を参照してください。バブルチャート固有のプロパティには以下があります。サムネイル画像をクリックすると、拡大画像が表示されます。

プロパティ

説明

[グリッド線] > [全てのグリッドを非表示]

グリッド線を非表示にします。これは、「四分割チャート」(2本の座標線を使って4つのセクションに分割されたチャート)を作成する場合に役立ちます。

-

[グリッド線] > [Y のゼロ(0)線の色]

バブルチャートと散布図の横軸の「ゼロ線」の色を決定します。この属性はゼロ線がチャート内の底線となっていると機能しません(チャートにマイナスの値が含まれている必要があります)。例では、色は赤に設定されています。

[グリッド線] > [Y のゼロ(0)線の幅]

バブルチャートと散布図の横軸の「ゼロ線」の幅を決定します。この属性はゼロ線がチャート内の底線となっていると機能しません(チャートにマイナスの値が含まれている必要があります)。例では、このプロパティは [5] に設定されています。

[グリッド線] > [X のゼロ(0)線の色]

バブルチャートと散布図の縦軸の「ゼロ線」の色を決定します。この属性は縦軸のゼロ線がチャート内の最左線となっていると機能しません(チャートにマイナスの値が含まれている必要があります)。例では、色は赤に設定されています。

[グリッド線] > [X のゼロ(0)線の幅]

バブルチャートと散布図の縦軸の「ゼロ線」の幅を決定します。この属性はゼロ線がチャート内の最左線となっていると機能しません(チャートにマイナスの値が含まれている必要があります)。例では、このプロパティは [5] に設定されています。

[四分線] > [X の目盛りの値]

「四分割チャート」を作成する際に、縦方向の四分割線に数値を設定できます。このプロパティに数値を指定しない場合、縦方向の四分割線は表示されません。

例では、XおよびYの目盛りの分位数が中点の値50に設定されているバブルチャートを示しています。これにより、チャートは均等に四分割されます。

[四分線] > [Y の目盛りの値]

「四分割チャート」を作成する際に、横方向の四分割線に数値を設定できます。このプロパティに数値を指定しない場合、横方向の四分割線は表示されません。

-

[回帰直線] > [線形回帰線を表示]

散布図またはバブルチャートの各系列に、回帰直線を追加できます。