メインコンテンツまでスキップ
waffle.svg
Domo Knowledge Base

カテゴリ散布図

Version 7

 

はじめに

カテゴリ散布図は、X-Y座標を使用して項目が描画されるという点で、散布図と似ています。グラフ上で、X と Y の組み合わせひとつに対して、バブルがひとつ描かれます。 ただ、散布図では2つの値の接点でポイントが描かれるのに対し、カテゴリ散布図には値の目盛りとカテゴリ目盛が含まれ、バブルはカテゴリと値の各組み合わせの接点に描かれます。 横棒グラフと同様に、カテゴリはY軸で示され、値はX軸に沿って測定されます。

カテゴリ散布図を作成する

 

カテゴリ散布図はDataSetのデータの列を2つ必要とします。1つはカテゴリーで、もう1つは値です。 値とカテゴリーデータについては、チャートデータについてを参照してください。

カードビルダーで、カテゴリ散布図のデータが含まれている列を選択します。 詳細については、DataSet 列をチャートに適用するを参照してください。

カードビルダーでチャートをフォーマットする方法に関しては、 KPI カード作成パート 2: カードビルダーを参照してください。

以下の図は、典型的な列ベースのスプレッドシートのカテゴリと値の列のデータが、どのようにカテゴリ散布図に変換されるかを示しています。

カテゴリ散布図をカスタマイズする

カテゴリ散布図の外観をカスタマイズするには、チャートの設定を編集します。 チャートの設定の全オプションについては、チャートの設定リファレンスガイドを参照してください。