メインコンテンツまでスキップ
waffle.svg
Domo Knowledge Base

フェイスパネル

Version 7

 

パネルは、目標達成に向けた進捗を示すシンプルなチャートです。 フェイスパネルは、目標に向けた進捗状況を示すのに顔の画像を使用します。 利用できる範囲は3種類あります。「悪い」を表す赤い渋面の顔、「並」を表すオレンジ色の無表情の顔、そして「良い」を表す緑色の笑顔です。Domo のその他のタイプのパネルとして、数字パネル塗りつぶしパネル進捗パネルスピードメーターパネルと、比較塗りつぶしパネルがあります。

トレーニングビデオ - フェイスパネルを作成する

Domo のフェイスパネルを作成する方法について学びます。

 

 

注記:この製品トレーニングビデオは、Domo のお客様とクライアント様のみを対象としています。

フェイスパネルを作成する

フェイスパネルは、DataSetから2つのデータ列またはデータ行のみを必要とします。1つにはカテゴリが含まれ、もう1つには値が含まれます。 複数のカテゴリが存在する場合、最初のカテゴリのみが使用され、他は全て無視されます。 最初のカテゴリに複数の系列が含まれる場合、集計なしを選択しない限り、系列は集計され、パネルには1つの値が使用されます。 フェイスパネルでは、3つの範囲のみ使用できます。 範囲に関する詳細は、パネルのプロパティを設定するおよびチャートの設定を参照してください。

値、カテゴリー、系列データについては、チャートデータについてを参照してください。

Analyzer で、フェイスパネルのデータが入っている列を選択します。 データ列を選択する方法に関しては、DataSet 列をチャートに適用するを参照してください。

Analyzer でチャートをフォーマットする方法に関しては、 KPI カード作成パート 2: Analyzer を参照してください。

次の図は、典型的な列ベースのスプレッドシートのデータがどのようにフェイスパネルに変換されるかを示しています。

フェイスパネルをカスタマイズする

フェイスパネルの外観のカスタマイズは、チャートの設定を編集することで行います。 チャートの設定の全オプションについては、 チャートの設定リファレンスガイド を参照してください。 パネルのプロパティに関する詳細は、パネルのプロパティを設定するを参照してください。

プロパティ

説明

緑の範囲/黄色の範囲/赤の範囲 > 最小値

選択した色の範囲の最小値を指定できます。

緑の範囲/黄色の範囲/赤の範囲 > 最大値

選択した色の範囲の最大値を指定することができます。