メインコンテンツまでスキップ
waffle.svg
Domo Knowledge Base - 日本人

集合棒チャート

Version 6

はじめに

集合棒チャートは、複数のデータアイテムのセットを比較する棒チャートで、すべてのセットを通して特定の系列を単一の色で示します。基本的な棒チャートと同様、集合棒チャートは縦横どちらの方向でも利用できます。

集合棒チャートを作成する

集合棒チャートは、DataSetの3つのデータ列または行を必要とします。1つは系列、1つはカテゴリー、そして1つは値です。系列が3つ以上ある場合、追加の各系列は追加のバーとして加えられます。値、カテゴリー、系列データの詳細については「チャートデータについて」を参照してください。

Analyzerで集合棒チャートのデータを含む列を選択します。データ列の選択の詳細については「DataSetの列をチャートに適用する」を参照してください。

Analyzerでチャートをフォーマットする方法の詳細については「 KPIカード作成パート2:Analyzer」を参照してください。

以下の図は、典型的な列ベースのスプレッドシートにおける系列、カテゴリー、値の列のデータがどのように縦方向の集合棒チャートに変換されるかを示しています。

以下の図は、典型的な列ベースのスプレッドシートにおける系列、カテゴリー、値の列のデータがどのように横方向の集合棒チャートに変換されるかを示しています。

集合棒チャートをカスタマイズする

[チャートの設定] を編集することで、集合棒チャートの外観をカスタマイズできます。チャート設定のすべての詳細については「チャートの設定」を参照してください。

一般 > 各カテゴリーをソート

ほとんどの種類の複数の系列バーとロリポップチャートで、各カテゴリーのアイテムをソートできます。昇順または降順で列をソートできます。[デフォルト] を選択すると、デフォルトのソートが適用されます。このオプションは、[値の目盛り] > [対数目盛り] ボックスがオンの場合は機能しません。

右の例では、すべてのカテゴリー内のバーが降順でソートされています。 

一般 > 合計でソート

さまざまな種類の棒チャートやロリポップチャートで、カテゴリーを合計値別に昇順または降順にソートできます。[デフォルト] を選択すると、デフォルトのソートが適用されます。このオプションは、チャートに自動時間目盛りが適用されている場合は機能しません。(自動時間目盛りをオフにするには、[カテゴリーの目盛り] > [時間の目盛りを使用しない] チェックボックスをオンにします。)

右の例では、カテゴリーが合計別に昇順にソートされています。

数値の目盛り > タイトルの位置

縦棒チャートの値の目盛りラベルを、チャートの左または上部のどちらに表示するかを決定します。

注記:このプロパティは2016年10月のリリース時点で廃止される予定です。

-