メインコンテンツまでスキップ
waffle.svg
Domo Knowledge Base - 日本人

折れ線チャート

Version 7

はじめに

基本的な折れ線チャートは単一のトレンドラインを使用してデータ(通常、日付または時刻の系列データ)を表示します。ほとんどの折れ線チャートは線を水平に表示します。つまり、左右にスクロールして線をたどります。このような水平チャートでは、カテゴリーデータが横軸(x軸)に、値データが縦軸(y軸)に表示されます。Domoには、上下にスクロールして線をたどる、垂直の折れ線チャートもいくつか含まれています。垂直の折れ線チャートでは、カテゴリーデータがy軸に表示され、値データがx軸に表示されます。

折れ線チャートを作成する

折れ線チャートは、DataSetから2つのデータ列または行のみを必要とします。1つはカテゴリー(通常は日付または時刻)、もう1つは値です。ただし、折れ線チャートには系列の列を追加することもできます。折れ線チャートに系列データを追加すると、複数折れ線チャートに変わるか、データによっては2本の線を並べて表示することがあります。

値、カテゴリー、系列データの詳細については「チャートデータについて」を参照してください。

基本的な折れ線チャートにはいくつかの異なるサブタイプがあります。これらは通常の折れ線チャートと同じ方法で作成されますが、異なる機能を持っています。

  • 横向きマーカー付き折れ線チャート

  • 横向き階段グラフ

  • 横向き曲線グラフ

  • 横向きマーカー付き曲線グラフ

  • 折れ線チャート(累計)(詳細はこちらを参照)

  • 縦マーカー付き折れ線チャート

  • 縦曲線グラフ

  • 縦階段グラフ

  • 縦マーカー付き折れ線チャート

  • 縦マーカー付き曲線グラフ

注記:記号は系列に基づいて自動的に選択されます。特定の系列に特定の記号を割り当てることはできません。

これらの折れ線チャートは、系列データがあるとすべて複数折れ線チャートになります。

グラフのサブタイプのスクリーンショットとこれらに関する詳細は、「利用可能なチャートタイプ」を参照してください。

Analyzerで、折れ線チャートのデータを含む列を選択します。データ列の選択の詳細については「DataSetの列をチャートに適用する」を参照してください。

Analyzerでチャートをフォーマットする方法の詳細については「 KPIカード作成パート2:Analyzer」を参照してください。

次の図は、典型的な列ベースのスプレッドシートのデータがどのように基本的な横向き折れ線チャートに変換されるかを示しています。

次の図は、典型的な列ベースのスプレッドシートのデータが、どのように縦向き折れ線チャートに変換されるかを示しています。

vertical_line_spreadsheet_example.png

折れ線チャートをカスタマイズする

折れ線チャートの外観は、[チャートの設定] を編集することによりカスタマイズできます。チャート設定のすべての詳細については「チャートの設定」を参照してください。折れ線チャート固有のプロパティには以下が含まれます。サムネイル画像をクリックすると、拡大画像が表示されます。

プロパティ

説明

一般 > 右の目盛りを表示する

ほとんどの複数折れ線チャートで、2番目の縦目盛りが付きます。日時データは付けることも外すこともできます。これは同一チャートに、値の増加幅が大幅に異なる複数の線グラフを表示するときに役立ちます。右の例では、左の目盛りは$20,000ごとに、右の目盛りは2ごとに値が増加するのを示しています。目盛りが2つ存在するため、両方の線はそれぞれの目盛りに応じて個別に解釈できます。目盛りが1つしかない場合は、$20,000ごとの増加が両方の線に使われるため、片方の線がフラットに見えます。

このプロパティ(および [一般] > [左の目盛りの線])は、複数の線を含む折れ線チャートでのみ使用できます。階段グラフを除く、すべての折れ線チャートのサブタイプが該当します。

一般 > 左の目盛りを使う線

[右の目盛りを表示する] にチェックが入っている場合、チャート上のいくつの線が左の目盛りで測定されるかを決定します。それ以外の線は、すべて右の目盛りで測定されます。[右の目盛りを表示する] にチェックが入っていない場合、このプロパティは機能しません。

-

一般 > ゼロ(0)線を同期する

2軸チャートのゼロ(0)線を、「0」値が一致するように、マイナス値と同期させます。折れ線チャートでは、これは [一般] > [右の目盛りを表示する] にチェックを入れた場合のみ、有効になります。

右の最初の例は、目盛りが一致しない2軸チャートです。右側のチャートは、売上を測定するのに使用するもので、必ずプラスの値になるため、目盛りの起点は0になっています。しかし、左側の目盛りは利益の計算に使用されているため、0より小さい値まで落ちる場合もあります。この場合、目盛りは‐2000で始まっています。目盛りが一致していないため、チャートの解釈は難しくなります。

2番目の例では、同じチャートのゼロ線が同期されています。他の値が一致していなくても、ゼロ線を基準点とすれば、折れ線とバーを同時に解釈できます。

カテゴリーの目盛り > 時間の目盛りを使用しない

時間データを使用する、対応するチャートにどのタイプのタイムラインを使用するかを決定します。

デフォルトでは、サポートされているチャート(折れ線チャートや棒チャートなど)に時間データを使用すると、Domoは自動的に適切な時間粒度を使用してデータを表示します。右の最初の例では、数か月にわたる日付データを月ごとに表示しています。

しかし、このボックスをオンにすると、DataSetで表示されるのと同じように日付データを表示します。右側の2番目の例では、DataSetと同じように、時間の目盛りで個々の日付が使用されています。

このオプションは階段グラフには利用できません

グリッド線 > 最小/最大/平均線を削除する

標準的な棒チャートと折れ線チャートで、マウスオーバー時に通常表示される最小、最大、および平均線を削除します。

-

最終値予測 > 以下を使って予測

棒+折れ線チャートで最後の数値が予測されるか、そしてその場合はどうやって予測されるかを決定します。予測のための特定値を入力するか、次に基づいてDomoに自動的に数値を予測させるかを設定できます。

  • 現在の期間の値を使って、前の期間の値と比較する(予測)

  • グラフの以前の点の平均を求める

  • 線形回帰を使用する

右の例は、線形回帰を使用して最終値を予測した折れ線チャートです。詳細は、「チャートの最終値を予測する」を参照してください。

最終値予測 > 予測値

棒チャートまたは折れ線チャートの最終予測値を指定できます。これは、[指定された値][以下を使って予測] プロパティとして選択した場合のみ機能します。詳細は、「チャートの最終値を予測する」を参照してください。

-

最終値予測 > 平均に使用する値

棒チャートまたは折れ線チャートで、最終予測値を決定するために平均を取る際、使用する点の数を指定できます。これは、[前の値の平均][以下を使って予測] プロパティとして選択した場合のみ機能します。詳細は、「チャートの最終値を予測する」を参照してください。

-

目盛りマーカーの範囲 > 最小値

折れ線チャートで、目盛りマーカー範囲の最小値を指定できます。この数値は、グラフの範囲の最低部の境界となります。右の例に、目盛りマーカー範囲を設定した典型的な折れ線チャートを示します。矢印は、範囲の最小値を指しています。詳細は、「目盛りマーカー範囲をチャートに追加する」を参照してください。

目盛りマーカーの範囲 > 最大値

折れ線チャートで、目盛りマーカー範囲の最大値を指定できます。この数値は、グラフの範囲の最上部の境界となります。右の例は、目盛りマーカー範囲を設定した典型的な折れ線チャートです。矢印は、範囲の最大値を指しています。詳細は、「目盛りマーカー範囲をチャートに追加する」を参照してください。

目盛りマーカーの範囲 > 色

折れ線チャートで、目盛りマーカー範囲の色を選択できます。詳細は、「目盛りマーカー範囲をチャートに追加する」を参照してください。

-

目盛りマーカーの範囲 > 線を表示する

折れ線チャートで、目盛りマーカー範囲の最小値および最大値の線を表示するかどうかを決定します。詳細は、「目盛りマーカー範囲をチャートに追加する」を参照してください。

-

目盛りマーカーの範囲 > 外れ値を塗りつぶす

目盛り範囲の設定された折れ線チャートで、外れ値領域(線が目盛り範囲の外になる領域)を塗りつぶすかどうかを決定します。右の例は、目盛り範囲を設定した典型的な折れ線チャートです。矢印は、塗りつぶされた外れ値を指しています。詳細は、「目盛りマーカー範囲をチャートに追加する」を参照してください。

一般 > 累計として表示する

累計と共に線を表示するかどうかを指定します。いくつかの種類の横向き折れ線チャートが対象になります。言い換えれば、一連の線の各点が、その時点までのすべての点の累計を示します。

例にあるスクリーンショットでは、同一の曲線グラフを現在までの合計ありの場合と、なしの場合で示しています。最初の例では、 [累計として表示する] がオフのため、チャートはその時点までの新しいデータのみを反映した各データポイントによって表示されています。2番目の例では、[累計として表示する] がオンになっているため、各データポイントは線のその時点までのすべてのデータが反映されています。

このプロパティは、次の種類の折れ線チャートで利用できます。曲線グラフ、階段グラフ、マーカー付き折れ線チャート、マーカー付き曲線グラフ。複数のグラフタイプには累計機能が組み込まれているため、グラフのプロパティを設定する必要はありません。次のチャートが含まれます。 棒チャート(累計)集合棒チャート(累計)積上げ棒チャート(累計)折れ線チャート(累計)

回帰直線 > 回帰直線を表示

折れ線チャートに回帰直線を追加できます。ほとんどの折れ線チャートのサブタイプで、回帰直線を追加できます。

右の例では、オレンジ色の破線が回帰直線を示しています。 

回帰直線 > 最終データポイントを含める

折れ線チャートの最終データポイントを回帰直線の計算に含めるかどうかを指定します。チャートに完了していないタイムラインが表示されている場合、このボックスを選択します(11月がタイムラインの最終月として表示されており、まだ11月が終わっていない場合など)。

-

回帰直線 > 線のスタイル

回帰直線を実線にするか破線(デフォルト)にするかを指定できます。 

-

回帰直線 > 線の色

回帰直線の色を選択できます。 

-

外れ値のフィルタリング > ポイントが上回ったら表示

折れ線チャートをフィルターにかけて、指定した値を上回る値を持つ線のみを表示します。このしきい値を上回るすべての値が、このフィルターにカウントされます。そのため、この値に「5000」と入力し、1ポイントのみが5000を上回った場合でも、その線は引き続き表示されます。 

[ポイントが上回ったら表示] に入力した値が [ポイントが下回ったら表示] に入力した値よりも小さい場合は、この2つの値の間にポイントがある線のみが表示されます。

例を含むこのプロパティの詳細については、「折れ線チャートの外れ値をフィルター処理する」を参照してください。

-
外れ値のフィルタリング > ポイントが下回ったら表示

折れ線チャートをフィルターにかけて、指定した値を下回る値を持つ線のみを表示します。このしきい値を下回るすべての値が、このフィルターにカウントされます。そのため、この値に「5000」と入力し、1ポイントのみが5000を下回った場合でも、その線は引き続き表示されます。 

[ポイントが下回ったら表示] に入力した値が [ポイントが上回ったら表示] に入力した値よりも大きい場合は、この2つの値の間にポイントがある線のみが表示されます。

例を含むこのプロパティの詳細については、「折れ線チャートの外れ値をフィルター処理する」を参照してください。

-

トレーニングビデオ - 回帰直線を追加する方法

 

 

注記:この製品トレーニングビデオは、Domoのお客様とクライアント様のみを対象としています。