メインコンテンツまでスキップ
waffle.svg
Domo Knowledge Base

外れ値グラフ

Version 5

 

はじめに

外れ値グラフは、基本的な折れ線グラフとほぼ同じで、ただ自分が外れ値とみなす点を示すことができます。 外れ値グラフの折れ線は、典型的な折れ線グラフにあるような日時値ではなく、対になった X 座標と Y 座標から作成されることに注意してください。 ただし、数値は期間を表すために使うことができます。 例えば、本トピックの下部にある画像では、「X 軸」列の数値は、時間目盛りにおける月を表しています。

このグラフタイプには、現在、外れ値の点を識別するアルゴリズムは組み込まれてはおりません。 この外れ値は、グラフを作成するのに使った DataSet から自分で特定する必要があります。 ただし、この外れ値を特定するのに R や Python といったツールを使うことができます。

外れ値グラフを作成する

外れ値グラフは、DataSet から 3 つのデータ列または行を必要とします。 このうちの 2 つは、散布図グラフと同様、各点の X 座標と Y 座標の値を含んでいます。 3 つ目の列には、数値ペアごとに TRUE または FALSE 値が入っています。 ある点が外れ値と見なされた場合は、値は TRUE になり、外れ値でない場合は値は FALSE になります。 例については、以下の画像を参照してください。 

値、カテゴリー、系列データについては、チャートデータについてを参照してください。

Analyzer で、外れ値グラフのデータが入っている列を選択します。 データ列を選択する方法に関しては、DataSet 列をチャートに適用するを参照してください。

Analyzer でチャートをフォーマットする方法に関しては、KPI カード作成パート 2: Analyzer を参照してください。

次の図は、典型的な列ベースのスプレッドシートのデータがどのように外れ値グラフに変換されるかを示しています。 (念のため、「X 軸」列の値は月を示しています。)

outliers_spreadsheet_example.png

外れ値グラフをカスタマイズする

外れ値グラフの外観は、チャートの設定を編集することでカスタマイズすることができます。 チャートの設定の全オプションについては、チャートの設定リファレンスガイドを参照してください。