メインコンテンツまでスキップ
waffle.svg
Domo Knowledge Base - 日本人

オーバーレイ棒グラフ

Version 5

はじめに

オーバレイ棒グラフは、標準的な積上げ縦棒グラフと類似していますが、全ての系列アイテムが積み上がっている代わりに、ベースラインを起点としています。そのため、複数の系列が存在する際にカテゴリー内で系列アイテムが重なって表示されます。 ロールオーバーなしの初期状態では、以下の例のようにオーバーレイグラフの意味がなくなります:
 

ただし、凡例の系列アイテム上にマウスポインタを合わせると、以下の例のようにチャート内のその系列を見ることができます:

異なるカテゴリーの系列アイテムをより素早く比較できるため、積上げ棒グラフより便利な場合も多くあります。 (積上げ棒グラフでは、異なったカテゴリーの系列は同じベースラインを起点としないことが多いため、これは困難になります。)

オーバーレイ棒グラフには、縦方向と横方向両方のサブタイプがあります。

オーバーレイ棒グラフを作成する

オーバーレイ棒グラフは、DataSet から 3 つのデータの列または行を必要とします。1 つはカテゴリー、1 つは各カテゴリーの系列、そして 1 つは値です。 値、カテゴリー、系列データについては、チャートデータについてを参照してください。

Analyzer で、オーバーレイ棒グラフのデータが入っている列を選択します。 データ列を選択する方法に関しては、DataSet 列をチャートに適用するを参照してください。

Analyzer でチャートをフォーマットする方法に関しては、KPI カード作成パート 2: Analyzer を参照してください。

以下の図は、典型的な列ベースのスプレッドシートのデータがどのようにオーバーレイ縦棒グラフに変換されるかを示しています:

vertical_overlay_bar_spreadsheet_example.png

以下の図は、典型的な列ベースのスプレッドシートのデータがどのようにオーバーレイ横棒グラフに変換されるかを示しています:

horizontal_overlay_bar_spreadsheet_example.png

オーバーレイ棒グラフをカスタマイズする

オーバーレイ棒グラフの外観は、いくつかの方法でカスタマイズすることができます。 多くのカスタマイズは、チャートの設定で行うことができます。 チャートの設定の全オプションについては、 チャートの設定リファレンスガイド を参照してください。