メインコンテンツまでスキップ
waffle.svg
Domo Knowledge Base

集合縦棒グラフ(累計)

Version 5

 

集合縦棒グラフ(累計) は、縦型集合棒グラフに似ています。ただし、系列のそれぞれの連続したバーは、その時点までの全ての系列のバーの累計合計(または「累計」)を示します。 どのような種類のカテゴリのデータも累計グラフで扱えますが、通常は日付または日付時間データを使います。 同じ「累計」のコンセプトが使われる Domo の他のグラフのタイプには、1 カテゴリーに 1 つの系列バーのみを含む縦棒グラフ(累計)、カテゴリーの系列バーを互いに上に重ねる積上げ縦棒グラフ(累計)、バーではなく線が使用される折れ線グラフ(累計)があります。

集合縦棒グラフ(累計) を作成する

集合縦棒グラフ(累計) は、DataSet から3つのデータ列または行を必要とします。1つはカテゴリ、1つは各カテゴリの系列、そして1つは数値です。 値、カテゴリー、系列データについては、チャートデータについてを参照してください。

集合縦棒グラフ(累計) のデータが含まれる列は、カードビルダーで選択します。 データ列を選択する方法に関しては、DataSet 列をチャートに適用するを参照してください。

カードビルダーのチャートをフォーマットする方法に関しては、 KPI カード作成パート 2: カードビルダーを参照してください。

次の図は、典型的な列ベースのスプレッドシートのデータがどのように集合縦棒グラフ(累計) に変換されるかを示しています。

running_total_grouped_bar_spreadsheet_example_new.png

集合縦棒グラフ(累計)をカスタマイズする

集合縦棒グラフ(累計)の外観は、複数の方法でカスタマイズすることができます。 多くのカスタマイズは、チャートの設定で行うことができます。 チャートの設定の全オプションについては、 チャートの設定リファレンスガイド を参照してください。 集合縦棒グラフ(累計) 固有のプロパティには以下があります。

プロパティ

説明

累計 > 累計系列の数

ほとんどの累計チャートで、集計された系列の数を選択することができます。 集計された系列は、凡例に表示されるグラフの系列の順番をもとに決められます。 例えば、集合棒グラフ(累計)がある場合、そして二つの合計系列を望んでいるとした場合、凡例の最初の二つの系列のバーはそのまま集計され、その他の全てのバーはそのリテラル数値を表示します。

例では、累計の系列として一つの系列のみが選択されています。 これは各積み上げの下部にある青の系列です。 その他の全ての系列はリテラル値で表示されています。

running_total_one_series.png

数値の目盛り > タイトルの位置

縦棒グラフの値の目盛りラベルを、チャートの左または上部に表示するかを決定します。

集合縦棒グラフ(累計) のバーサイズを変更する

どんな棒グラフでも、グラフ中でバーが占有する割合、またはバーの幅を設定することができます。 詳細は、棒グラフのバーの大きさを指定するを参照してください。