メインコンテンツまでスキップ
waffle.svg
Domo Knowledge Base - 日本人

数字パネル

Version 6

パネルは、目標達成に向けた進捗を示すシンプルなチャートです。 数字パネルは、DataSet 内で最初の値を数値として表示します。 他のグラフィックまたは画像は使用されず、範囲もありません。 このグラフタイプは、バーや線などを解釈することを必要とせず、素早く単一の値を確認したい場合に役立ちます。 Domo の他のタイプのパネルとして、塗りつぶしパネル進捗パネルスピードメーターパネルフェイスパネルと、比較塗りつぶしパネルがあります。

数字パネルを作成する

数字パネルは、DataSet から2つのデータの列または行のみを必要とします。1つにはカテゴリが含まれ、もう1つには値が含まれます。 値、カテゴリー、系列データの詳細は、チャートデータについてを参照してください。

デフォルトでは、メニューの集計値で集計なしを選択しても、チャートの最終値を出すために、値列の全ての値を合計します。 これは、このグラフタイプの一般 > 値チャートのプロパティが、デフォルトで合計に設定されているためです。 このプロパティは、値の集計メニューで選択されたものに加えて、チャートの値で2つ目の集計を行います。

注記:チャートに集計値が2つあることは通常望ましくないため、値の集計メニューで集計なしを選択し、チャートの設定一般 > 値メニューで希望する集計を選択します。

データの集計については、データの集計を参照してください:

チャートの設定の詳細は、パネルのプロパティを設定するチャートの設定を参照して下さい。

カードビルダーで、数字パネルのデータを含んでいる列を選択します。 データ列を選択する方法に関しては、DataSet 列をチャートに適用するを参照してください。

カードビルダーでチャートをフォーマットする方法の詳細は、KPI カード作成パート 2: カードビルダーを参照してください。

以下の図は、典型的な列ベースのスプレッドシートのデータがどのように数字パネルに変換されるかを示しています。

数値パネルをカスタマイズする

数字パネルの外観は、チャートの設定を編集することでカスタマイズできます。 チャートの設定の全オプションについては、 チャートの設定リファレンスガイド を参照してください。 パネルの詳細は、パネルのプロパティを設定するを参照してください。

 

プロパティ

説明

一般 > 数値

値列の値がどのように集計されるかを決定します。 オプションには、合計平均などのほか、スピードメーターの1行目と最期の行の値を取る1行目最後の行があります。 デフォルトのオプションは合計です。 ここで選択する集計は、値集計メニューで選択する集合に追加されます(例えば、値集計メニューで平均を選択し、チャートの設定合計値を選択すると、パネルの値は各カテゴリの合計平均となります)。

グラフで集計した値が2つあることは通常望ましくないため、値の集計メニューで集計なしを選択し、チャートの設定一般 > 値メニューで希望する集計値を選択します。

一般 > 値の書式

数字パネルの一般的な数値の書式を決定します。 オプションには 数字 (特別なフォーマットを含まない)、 通貨 (通貨記号が付加される)、および割合(パーセント記号が付加される)などがあります。

 —

一般 > 値を以下で分割

パネルの値を分割する場合、その数を指します。 このオプションは、とても大きい値を通数で割って省略して表示する際に役立ちます。 たとえば、パネルの値が百万ドル単位で示されている場合、百万で分割するよう選択できます。するとパネルの値を理解しやすい一桁の数にすることができます。 割合での分割を選択すると、パネルの値には100が掛けられます。

一般 > 小数位

パネルの値で使用する少数位の数を決定します。 デフォルトなし、小数点以下の桁数 (「.0」 ~ 「.00000」) のオプションから選択することができます。 デフォルトでは、Domo はパネル値に最適な小数点以下の桁数を自動で決定します。 なしを選択すると、値は整数に切り上げられます。

一般 > 負の数値値

マイナスの数値のフォーマットを決定します。

-100を選択した場合、負の数値値にはマイナス記号が付加されます。 (100)を選択した場合、負の数値値はカッコ () に入ります。


 

ヘッダー/フッター > ヘッダー

値の前に表示するテキストを指定します。

ヘッダー/フッター > フッター

値の後に表示するテキストを指定します。