メインコンテンツまでスキップ
waffle.svg
Domo Knowledge Base - 日本人

ツリーマップ

Version 6

ツリーマップは、カテゴリの名前を様々な大きさの長方形で表示します。 長方形の大きさは、各カテゴリの相対的な数値を反映します。

ツリーマップを作成する

ツリーマップでは、データソースから 2 つのデータ列または行を必要とします。 このうちの1つはカテゴリデータを含み、他のものは各カテゴリの値を含みます。 系列データは表示されません。 値、カテゴリー、系列データについては、チャートデータについてを参照してください。

カードビルダーで、ツリーマップのデータを含んでいる列を選択します。 データ列を選択する方法に関しては、DataSet 列をチャートに適用するを参照してください。

カードビルダーでチャートをフォーマットする方法に関しては、 KPI カード作成パート 2: カードビルダーを参照してください。

次の図は、典型的な列ベースのスプレッドシートのデータがどのようにツリーマップに変換されるかを示しています。

ツリーマップをカスタマイズする

ツリーマップの外観は、チャートの設定で編集をすることでカスタマイズできます。 チャートの設定の全オプションについては、チャートの設定リファレンスガイドを参照してください。 ツリーマップ固有のプロパティには、以下が含まれます。 サムネイル画像をクリックすると、拡大画像が表示されます。

プロパティ

説明

一般 > その他の前に表示するアイテムの最大数

ツリーマップで、独立した長方形として表示する数を指定します。残りの全ては「その他」にまとめられます。

一般 > %値(小数位)

値の少数位の数を決定します。

ラベルの設定> 位置

ラベルの位置を決定します。

ラベルの設定 > テキスト

ツリーマップのデフォルトのテキストの代わりに入れるテキストを指定します。 右の例は、マクロを使って各州の値を表示しているツリーマップです。 使用できるマクロのリストを含む、吹き出しテキストに関する詳細については、チャートのデータラベルと吹き出しテキストをフォーマットするを参照してください。