メインコンテンツまでスキップ
waffle.svg
Domo Knowledge Base

チャートの凡例位置を変更する

Version 4

 

凡例のあるグラフタイプでは、を非表示または表示にしたり、凡例の位置を変更したりすることができるものがあります。 これらの多くのグラフタイプでは、さらにカードのポートレートビューとランドスケープビューでそれぞれ別々に凡例の位置を指定することができます。

注記: 2016 年 10 月のリリースをもって、拡大ビュー凡例の位置詳細ビュー凡例の位置は廃止され、ポートレートビューの凡例位置ランドスケープビューの凡例位置になりました。 今までのリリースでは、チャートタイプによっては凡例をフォーマットするために様々なプロパティが使用されていました。 この 2016 年 10 月のリリースをもって、凡例をフォーマットするためのプロパティは凡例のある全てのチャートで同じになりました。

注記: 棒+線グラフでは、系列データがない場合は凡例は表示されません。

これらを区別するには、チャートの設定ポートレートビューの凡例位置およびランドスケープビューの凡例位置プロパティを適用します。

例えば、以下のスクリーンショットは、凡例がチャートの上に表示されているポートレートビューのチャートを示しています:

例えば、以下のスクリーンショットは、凡例がチャートの上に表示されているランドスケープビューのチャートを示しています。

チャートの設定凡例のレイアウト順を逆にするをクリックすると、凡例の項目の順番を逆にすることができます。

線および棒に対する凡例の場所によっては、凡例のフォントサイズは縮小され、テキストは連結されます。

チャートの凡例を非表示にしたり、表示させたり、またその位置を変更させるには、

  1. 編集したいチャートのカードビルダーを開きます。

  2. チャートの設定で、 一般をクリックします。

  3. ポートレートビュー凡例の位置のメニューで希望するオプションを選択します。
    デフォルトでは、凡例はポートレートビューではチャートの下部に表示されます。

  4. ランドスケープビューの凡例位置メニューで希望するオプションを選択します。
    デフォルトでは、ランドスケープビューでは凡例はチャートの右側に表示されます。 自動を選択すると、アイテムが 10 以下の場合は凡例はチャートの右側に表示されます。 それ以外の場合は、チャート下部に表示されます。