メインコンテンツまでスキップ
waffle.svg
Domo Knowledge Base

KPIカードにデータを追加する

Version 6

 

はじめに

AnalyzerでKPIカードの視覚的な特性の指定を開始する前に、どのようにデータを追加するか、どのデータを追加するかを決める必要があります。カードにデータを追加するには、以下のいずれかを行います。

  • KPIカードを作成してDataSetに接続する。

  • DataSetを選択してKPIカードに追加する。 

  • ユーザー自身のデータを追加したDomoスプレッドシートであるウェブフォームをアップロードする。詳細は、「ウェブフォームコネクター」を参照してください。 

カード -> DataSetの方法

この方法では、新しいKPIカードを表示させるDomoのページをまず見つけます。その後、このカードに情報を追加するために使用するDataSetの名前を指定します。データを追加した後、「KPIカード作成パート2:Analyzer」の説明に従い、チャートの視覚的特性を決定できます。

カード -> DataSet の方法でカードを作成するには

  1. KPIカードを作成するページで、[カードを追加] をクリックします。 

  2. [作成] をクリックします。
    選択できるアップロードオプションがいくつかあるダイアログが表示されます。

    ヒント:このダイアログは、DomoのどこからでもAppツールバーでを選択し、[カード] を選択することでも開くことができます。
  3. (条件付き)以下のいずれかを行ってください。

    • DomoにすでにアップロードされているDataSetを使用するには、次のようにします。

      1. [既存のデータ] をクリックします。
        DataSetの選択ダイアログが表示されます。



        このダイアログには、目的のDataSetを探すための多くのオプションがあります。名前による検索以外に、検索にさまざまなフィルターを適用することもできます。new_dataset_picker_filter_icon.pngアイコンをクリックすると、[所有者][作成日][タグ] など、選択できるフィルターがいくつかあるダイアログが表示されます。これらのフィルターのいずれかを選択すると、フィルター条件を指定できます。たとえば、[タグ] を選択した場合は、目的のDataSetに関連付けるタグを選択するように求められます。演算子を適用してフィルターをカスタマイズすることもできます。演算子はフィルターによって異なります。ほとんどのフィルターには [次と異なる] 演算子が含まれており、指定した条件をフィルターから除外するように指定できます。たとえば、ステータスが無効になっていないことを条件にしたフィルターを作成できます。日付ベースのフィルターには、[日付を指定][日付を除外][前][後] 演算子が含まれているため、DataSetの作成日または前回の実行時を絞り込むことができます。数値ベースのフィルターには、[次に等しい][次と異なる][よりも小さい][よりも大きい] の演算子があります。

        フィルターダイアログでは、[お気に入りのフィルター] をクリックして複数のクイックフィルターから選択することもできます。[最近実行](デフォルトは7日)、[所有者:自分][注意が必要] などのフィルターがあります。

        結果を絞り込むために複数のフィルターを適用できます。たとえば、ユーザー「Kate Nickelby」を指定する [所有者] フィルター、「Adobe Analytics」を指定する [タイプ] フィルター、「Disabled」を指定する [ステータス] フィルターを適用できます。

        結果を設定したら、[作成日(古 → 新)] をクリックしてから、目的の並べ替え方法と方向を選択し、並べ替えを変更できます。

        DataSetの追加や管理は、データセンターで行うことができます。詳細は、「Connectingコネクターでデータに接続する」と「Data Centerのレイアウト」を参照してください。

      2. 目的のDataSetを選択します。
        DataSetは名前で検索するか、または一覧のDataSetにタイプやユーザーなどのフィルターをかけて探すことができます。

    • Microsoft ExcelスプレッドシートまたはCSVをDataSetとして使用するには、以下を行います。

      1. [Excel] または [CSV] をクリックします。

      2. ファイルアップロードコネクター」の手順に従って Microsoft ExcelスプレッドシートまたはCSVのアップロードの詳細を指定します。

    • GoogleスプレッドシートをDataSetとして使用するには、以下を行います。

      1. [Googleスプレッドシート] をクリックします。

      2. Googleスプレッドシートコネクター」の手順に従い、Googleスプレッドシートのアップロードの詳細を指定します。

  4. Analyzerで、チャートの詳細を指定します。
    Analyzerについての詳細は、「KPIカード作成パート2:Analyzer」を参照してください。

  5. [保存して終了] をクリックします。
    新しいカードが作成されページに追加されます。

DataSet -> カードの方法

この方法では、カード作成に使用するDataSetをデータセンターで見つけます。データDataSetを選択したら、「KPIカード作成パート2:Analyzer」の説明に従い、チャートの視覚的特性を決定できます。この方法でカードを追加すると、デフォルトでは別のページに移動するまで、トップページに表示されます。 

DataSet -> カードの方法でカードを作成するには

  1. [Data Center] の順に選択します。 

  2. KPIカードを追加するDataSetを見つけてクリックします。
    データセンターのフィルターやナビゲーションオプションに関しては、「Data Centerのレイアウト」を参照してください。 

  3. [カード] タブをクリックします。

  4. [カードを追加] をクリックします。

  5. チャートの詳細を指定します。
    Analyzerのオプションについての詳細は、「KPIカード作成パート2:Analyzer」を参照してください。

カードは、保存すると [まとめ] ページに追加されます。必要に応じて、それを別のページに移動させることができます。詳細は、「カードを別のページに移動またはコピーする」を参照してください。コネクターを使ってDataSetを追加する方法については、「コネクターでデータに接続する」を参照してください。

注記:大量のデータを含むカードをアップロードすると、「警告!表示されていないデータもあります」というメッセージが表示されることがあります。これは、データは全て存在しているが、表示上の問題で一部のデータが表示されていないことを示しています。        

ウェブフォームをアップロードする

このコンテンツは、独自のトピック「ウェブフォームコネクター」に移動されています。