メインコンテンツまでスキップ
waffle.svg
Domo Knowledge Base

テンプレート KPI カードへの情報追加をユーザーに依頼する

Version 3

 

組織の役員またはマネージャーは、そのチームメンバーに KPI カードの作成と情報追加の作業を依頼することができます。Domo では、これを簡単に行う方法が用意されています。ページで カードを追加 > 依頼オプションを選択し、カードに情報を追加するのを他のユーザーに依頼します。Domo はそこでテンプレート KPI カードを作成します。これは、まだ DataSet に接続されていないダミーカードで、依頼されたユーザーの Domo の同じページに追加されます。依頼されたユーザーには、カードに情報を追加し所有する責務があることを知らせる通知が送られます。通知に関する詳細については、通知とアラートを参照してください。

KPI カードの作成をユーザーに依頼する

ユーザーにカードを依頼すると、Domo はそのユーザーにメッセージで通知し、ページには空のテンプレートカードを追加します。

KPI カード作成をユーザーに依頼するには、

  1. 新しい KPI カードを表示したいページに進みます。

  2. カードを追加をクリックします。

  3. 依頼するをクリックします。
    カードを依頼 ダイアログが開きます。

  4. 担当者 メニューで所有者を選択します。

  5. カードの名前を入力します。

  6. (オプション)必要に応じて、新しい所有者宛のメッセージを記入します。

  7. 依頼するをクリックします。

テンプレートカードを起動する

KPI カードの作成を依頼されたら、意味のあるデータを追加する責務があります。Domo では、Domo に既にアップロード済みの DataSet を使ってチャートに情報を追加することができます。その都度、新しい Microsoft Excel または Google スプレッドシート DataSet をアップロードすることもできます。

既存の DataSet を使ってテンプレートの KPI カードに情報を追加する

KPI カードに情報を追加するのに使用したい DataSet が既にアップロード済みの場合は、既存のデータオプションを選べば DataSet を取得することができます。Domo にアップロードした DataSet は全てデータベースに保存されるため、参照して新しい KPI カードを起動するのに使用することができます。

既存の DataSet を使用してテンプレートの KPI カードに情報を追加するには、

  1. KPI カードの下部にあるこのカードに情報を追加をクリックします。

  2. 既存のデータをクリックします。
    既存の DataSet のリストが表示されます。
    DataSet の追加や管理は、Data Center で行うことができます。詳細については、データを Connector に接続するおよび Data Center のレイアウトを参照してください。

  3. リストから使用したい DataSet を選択します。
    DataSet は名前で検索するか、または一覧の DataSet にタイプやユーザーなどのフィルターをかけて探すことができます。
    カードビルダーが表示されます。詳細については、KPI カード作成パート 2: カードビルダーを参照してください。

Microsoft Excel スプレッドシートで KPI カードのテンプレートに情報を追加する

正しく書式設定された Microsoft Excel スプレッドシートを使って、KPI カードを作成することができます。

Microsoft Excel スプレッドシートを使って静的な KPI カードに情報を追加するには、

  1. KPI カードの下部にあるこのカードに情報を追加をクリックします。

  2. Excel をクリックします。

  3. Microsoft Excel Connector の指示に従い、Microsoft Excel スプレッドシートのアップロードの詳細を指定します。

スプレッドシートをアップロードすると、カードビルダーが表示されます。詳細については、KPI カード作成パート 2: カードビルダーを参照してください。

Google スプレッドシートで KPI カードに情報を追加

Microsoft Excel スプレッドシートと同様、正しく書式設定された Google スプレッドシートを使って KPI カードを作成することができます。

Google スプレッドシートを使って静的な KPI カードに情報を追加するには、

  1. KPI カードの下部にあるこのカードに情報を追加を選択します。

  2. スプレッドシートを接続をクリックします。

  3. (条件付き) 必要に応じて、Google アカウント情報を入力して Domo に Google アカウントをリンクさせます。詳細については、Google スプレッドシート Connector を参照してください。

  4. 目的の Google スプレッドシートを選択します。

  5. スプレッドシートのデータを列ベースと行ベースのレイアウトのどちらにするかを指定します。行ベースと列ベースのスプレッドシートの相違に関しては、チャートデータについてを参照してください。

  6. 次に進むをクリックします。
    スプレッドシートのデータが確認のために画面に表示されます。

  7. (オプション)以下の手順で DataSet の説明を追加します。

    1. DataSet の説明を追加をクリックします。
      説明フィールドが表示されます。

    2. フィールドに必要な説明テキストを入力します。

    3. 保存するをクリックします。
      DataSet の追加や管理は、Data Center で行うことができます。詳細については、データを Connector に接続するおよび Data Center のレイアウトを参照してください。

  8. (オプション)以下の手順でアップロードするスプレッドシートの行または列の範囲を指定します。

    1. データの場所を指定をクリックします。

    2. ラベルセルフィールドには、範囲の両端となるスプレッドシートのヘッダーセルの番号を入力します。たとえば、「A1」と「J1」を入力すると、スプレッドシートの列 A1 から列 J1 の間にある列のみがアップロードされます。
      これにより、指定した範囲の全データが抽出されます。

    3. 前の手順で指定した範囲のひとつの列または行のデータのみを指定するには、データ範囲を手動で指定にチェックを入れて、データセルという 2 つのフィールドにデータセルの範囲を入力します。

    4. 指定した範囲のセルを確認するには、プレビューをクリックします。

  9. (条件付き)使おうとしているスプレッドシートが、別のドキュメントの特定ページにある場合は、「成功」メッセージの下にあるメニューから適切なページを選択します。

  10. 次に進むをクリックします。
    カードビルダーが表示されます。詳細については、KPI カード作成パート 2: カードビルダーを参照してください。