メインコンテンツまでスキップ
waffle.svg
Domo Knowledge Base

地域区分のあるマップを作成する

Version 5

 

はじめに

Domoのカスタム地域ツールを使うことで、ビジネス地域と一致するように地域をグループ化したマップを設定できます。

たとえば米国で多数のタイムシェア物件を管理しているとします。これらの物件は、5つの別々の地域(西部、南西部、中西部、南東部、北東部)に分散されています。

custommaps_usregions.png

次のように、各地域の収益を一目で把握できるようにするとします。ところがDomoには、米国内の地域のマップは事前インストールされていません(事前インストールされている場合も、会社の地域グループとは少し異なる方法で州がグループ化されている可能性があります)。

解決するには、地域のグループ化設定をカスタマイズします。Domoでは次の2つの方法でこの課題を解決できます。

  • グループ化タグを追加して米国のSVGマップをカスタマイズする(詳細は 「カスタムチャート」の説明を参照)。ただしXMLの初歩的な知識が必要。

  • カスタム地域ツールを使い、下位地域まで含んだ新しいカスタム地域の列を持つDataSetをアップロードする。この解決策ではDomo DataSet構造を簡単に理解する必要があるものの、XMLの知識は不要。 

ここでは、DataSetの適切な設定方法も含め、2つ目のオプションについて説明します。カスタムチャートを一から作成する方法の詳細については「カスタムチャート」を参照してください。   

DataSetを設定する

マップに地域を組み込む前に、まずDataSet を適切に設定する必要があります。DataSetでは、作業対象となる地域に対して以下の列を必ず組み込む必要があります。

  • 地域(下位地域に分割される広域エリア)の名前を含む列。たとえば上に示した米国のマップでは、5つの地域(アリゾナ、ニューメキシコ、テキサス、オクラホマを含む南西部、カリフォルニア、ネバダ、アイダホなどを含む西部など)があります。

  • 下位地域(大きいエリア全体をさらに小さく分割する地理的エリア)の名前を含む列。上のマップに含まれる下位地域の例としては、カリフォルニア、テキサス、アラスカなどといった個別の州があります。  

このため、上の米国のマップを地域に分割するために使うDataSetの例としては、以下があります。

regions_dataset_matching.png

さらにもう1つの例として、カナダのマップを西部、中央部、東部地域に分割するために使うDataSetの一部を紹介します。

canada_regions_dataset.png

このDataSetでは3桁のFSAコードを持つ地域が対応づけられていますが、適宜、区や郡を使うこともできます。カナダのマップに含まれるFSA地域の詳細については「カナダのFSA地域」を参照してください。

この結果できあがるマップは次のようになります(後でAnalyzerで適用される値の列に基づく陰影付き)。

canada_fsa_regions.png

マップに地域を追加する

DataSetで必要な列がすべてそろったら、Domoインスタンスで新しい地域マップを作成できます。Domoにマップを追加するには、「管理者」セキュリティプロフィールが必要です。詳細については 「セキュリティ権限リファレンス」を参照してください。 

注記: Domoが未対応 の国のマップを地域に分割するには、まずその国のSVG マップをアップロードする必要があります。http://www.amcharts.com/svg-maps/https://simplemaps.com/resources/svg-mapsなどから、SVG国別マップをダウンロードできます。こうしたウェブサイトはたくさんあります。これらのサイトは、仏領ギアナやアルバなど、海外の領地も掲載しています。SVGマップをダウンロードする方法の詳細については「SVGチャートを取得する」を参照してください。  

 マップ内を地域に分割するには

  1.  [] 、[管理者設定] の順に選択します。

  2. [管理者設定] から  [カンパニー設定]、[カスタムチャート] の順に選択します。

  3.  [チャートを追加する] をクリックします。

  4.  [地域の作成] をクリックします。

  5. 地域を追加するマップをクリックし、 [次へ] をクリックします。

    カスタムチャートツールを使って、地域に分割するマップをDomoに追加しておくと、ダイアログ上部のメニューで [カスタムチャート] に切り替えたとき、参照できるようになります。

    map_select_dialog.png

    必要な国別マップがDomo内にない場合は、まずアップロードする必要があります。(このセクションの冒頭にある注記を参照)。

  6. [DataSet] ダイアログで、検索オプションとフィルターオプションを使い、地域データを含むDataSetを探し出してから [DataSetを選択] をクリックします。

    必要なDataSetがDomoで使える状態になっていない場合は、[DataSetを追加] をクリックし、データ取り込みに使うコネクターを設定することで、アップロードすることができます。詳細については「データコネクターを使ってDataSetを追加する」を参照してください。

    [DataSetを選択] をクリックすると、新しいウィンドウが開き、地域の列と下位地域の列を選択できます。

  7. [新しいカスタム地域を選択] メニューで、必要な地域(下位地域に分割する広域エリア)を含む列の名前を選択します。

    select_new_custom_regions.png

  8. [下位地域の列を選択] メニューで必要な下位地域(大きいエリア全体をさらに小さく分割する地理的エリア)を含む列の名前を選択します。

    select_column_for_subregions.png

    両方のメニューで必要項目を選択すると、マップが更新されて新しい地域エリアが表示されるようになります。 

  9. [次へ] をクリックします。

    ここで新しいウィンドウが開き、2種類の設定オプションから選択できます。

  10. 下位地域の境界線を削除するには [下位地域に分割する線を表示]チェックボックスをオフにします。削除しない場合は、このチェックボックスをオンのままにしておきます。

    例として以下のスクリーンショットでは、米国の州の境界線が削除されています。

    subregion_lines_removed.png

  11. DataSetにない地域を隠す場合は、 [DataSetに含まれていない下位地域を表示] チェックボックスをオフにします。見せる場合はこのチェックボックスをオンのままにしておきます。

    次のスクリーンショットはこの例を示しています。「北東部」地域と「南東部」地域に該当するデータがDataSet内にないため、これらの地域が表示されていません。特定国の特定地域のマップデータのみを見せる場合、これは最適のオプションとなります。

    subregions_hidden.png

  12. [次へ] をクリックします。

  13. 新しく表示されるウィンドウに、マップの名前を入力します。
    これは、マップ名としてチャートピッカーに表示されます。 

  14. (オプション)適宜マップの説明を入力します。

  15. [保存] をクリックします。

これで、Analyzer内のチャートピッカーにある [カスタムチャート] からこのマップを選択できるようになります。

Analyzerでマップを作成する 

マップをDomoにアップロードしておくと、他の国別マップの場合とまったく同じようにAnalyzerでマップからカードを作成できます。チャートピッカーの [カスタムチャート]  で新しいマップにアクセスできます。国別マップを作成する手順については 「国別マップ」を参照してください。 

カスタムマップの [チャートの設定] は、他のほとんどの地理的マップで使う設定と同じ内容です。これらのプロパティのリストについては 「マップのプロパティ」を参照してください。