メインコンテンツまでスキップ
waffle.svg
Domo Knowledge Base - 日本人

Workbench 5を実行する

Version 2

はじめに

Workbenchは、サービスおよびアプリケーションにより構成されています。

WorkbenchサービスはWindowsサービスとして実行され、Windows起動時に自動的に実行されます。サービスは手動で開始、停止、再起動させることができます。
Workbenchサービスの実行に関しては、「Workbench 4サービスを開始、停止または再起動する」を参照してください。

Workbenchアプリケーションは、Windowsプログラムとして実行されます。アプリケーションは、Windowsのスタートメニューから実行させることができます。

スタートメニューからWorkbenchを実行する

WindowsのスタートメニューからWorkbenchを実行するには、以下の手順で行います。

Workbenchアプリケーションを実行するには、

  • [スタート] > [Domo] > [Domo Workbench] をクリックします。

Workbenchアプリケーションは、exeファイルを直接実行することでも起動させることができます。通常、このファイルのインストール先はC:\Program Files\Domo\Workbenchです。

Workbenchのコントロールとフィールド設定については、「Workbench 5ユーザーインターフェースについて」を参照してください。

Workbenchをコマンドラインから実行する

Workbenchのジョブは、コマンドラインから以下のようにキュー処理することができます:

wb queue-job --server <url> --jobid <id>

この場合、urlはDomoインスタンスのサーバーで(mycompany.domo.com)、jobidはジョブのIDです。

例:

"C:\Program Files\Domo\Workbench\wb.exe" queue-job --server acme.domo.com --jobid 505

注記:

  • ジョブIDは、[ファイル] > [ジョブを開く] を選択することで決定することができます。

  • サーバーのパラメーターは、httpやhttpプロトコルなしでサーバーのみを指定します。

  • コマンドラインから実行されるWorkbenchのジョブは、各ジョブごとに [ジョブ] > [ジョブの設定][ジョブ] > [通知] で指定されたジョブと通知の設定を使用します。

  • コマンドラインで処理されたジョブのログエントリは、ジョブログフォルダのWorkbench.DataCollector__yyyy-mm-ddファイルにログされます。
    通常、ログファイルはC:\ProgramData\Domo\Workbench\logsにあります。

  • DataSetは、コマンドラインから作成することはできません。
    DataSet作成時にデータをアップロードするには、Workbenchを使用します。

  • Workbenchのジョブをコマンドラインから正常に実行するためには、DataSetのアップロード設定が、既存のDataSetの置き換えか、または追加するように設定されている必要があります。

  • ログ設定は、[ファイル] > [設定] > [ログ] で指定できます。
    たとえば、ログで使用する現地時間を指定したり、ログファイルを編集・削除したりできます。