メインコンテンツまでスキップ
waffle.svg
Domo Knowledge Base

Workbench 5でQuickBooksデータに接続する

Version 2

 

Workbench 5では、QuickBooks DataSetジョブを作成できます。データソースタイプにQuickBooksを選択すると、QuickBooksのレポートタイプを選択できるほか、会計年度や時間粒度などのオプションも指定することができます。

Workbench 5でQuickBooks DataSetジョブを作成するには、

  1. 左側のアイコンバーにあるwb5_jobs_icon.pngアイコンをクリックします。 

  2. ジョブリストペインの右上にある [+] ボタンをクリックします。

  3. [Domoドメイン] ドロップダウンメニューで、必要なアカウント(Domoインスタンス)を選択します。
    アカウントが1つしか設定されていない場合は、そのアカウントが既に選択されているためメニューは使用できません。

  4. [名前] フィールドに、DataSetジョブの名前を入力します。
    これは、Workbenchで表示されるジョブ名です。DomoにアップロードされたDataSet名ではありません

  5. [トランスポートタイプ] メニューで、[ローカルファイルプロバイダー]、[外部プロセスファイルプロバイダー]、または [FTP/SFTPファイルプロバイダー] を選択します。

    これらトランスポート方法の詳細は、以下のとおりです。

    トランスポート方法

    説明

    ローカルファイルプロバイダー

    自分のマシンまたはネットワークからファイルを選択できます。

    外部プロセスファイルプロバイダー

    サードパーティアプリケーションから、スクリプトを使ってデータをDomoに引き込みます。

    FTP/SFTPファイルプロバイダー ファイルをFTP、SFTP(SSH-FTP)、またはFTPS(FTP-SSL)経由で取得します。
  6. [読み取りタイプ] メニューで、[QuickBooks] を選択します。

  7. [DataSet名] フィールドに、DataSet名を入力します。これは、DomoにアップロードされたDataSet名です。
    新しいジョブを保存した後に変更できるのは、この設定のみです

  8. [DataSetタイプ] フィールドに、ドロップダウンからDataSetのタイプを選択します。
    ここで選択または入力するDataSetのタイプは、ジョブ実行後のDomoのコネクタータイプに反映されます。

  9. 適宜DataSetの説明を入力します。
    これは、Domoに表示されるDataSetの説明です。 

  10. [作成] をクリックします。

    現在認証されているアカウントのジョブリストに、QuickBooks DataSetジョブが新規に追加されます。ジョブを作成した後は、DataSet名以外の設定は編集できません。他の設定を変更する場合は、新しいジョブを作成する必要があります。 

  11. [設定] サブタブをクリックします。

  12. 「ソース」の下の [編集] をクリックします。

    Excelファイルのソースを設定するためのパネルが開きます。ここのオプションは、事前に選択したトランスポートタイプによって異なります。

  13. (条件付き)以下のいずれかを行ってください。

    • トランスポートタイプに [ローカルファイルプロバイダー] を選択した場合...

      1. [ファイルパス] フィールドで省略記号(...)をクリックします。

      2. 自分のマシンまたはネットワークからExcelファイルを選択します。

      3. ファイルがネットワーク上にある場合は、[外部ネットワーク上のファイル] ボックスをオンにし、要求された認証情報を入力します。 

      4. [適用]をクリックします。

    • トランスポートタイプに [外部プロセスファイルプロバイダー] を選択した場合...

      1. [プログラムの実行可能ファイル]フィールドで省略記号(...)をクリックします。

      2. 自分のマシンまたはネットワークから実行可能ファイルを選択します。

      3. (オプション)引数がある場合は [引数] フィールドに入力します。

      4. [出力ファイルパス] フィールドで省略記号(...)をクリックします。

      5. 自分のマシンまたはネットワークの出力ファイルパスを選択します。
        出力パスのファイルタイプは、Excelである必要があります

        重要:直接アップロードオプションを使用する場合は、最初に宛先列の名前を変更するまでこのオプションを有効にしないでください。詳しくは、「Workbenchで直接アップロードを設定する」を参照してください。
      6. [適用] をクリックします。

    • トランスポートタイプに[FTP/SFTPファイルプロバイダー] を選択した場合...

      1. [サーバー] フィールドにサーバー名を入力します。

      2. [ポート] フィールドにポート番号を入力します。

      3. [ユーザー名] および [パスワード] にサーバーの認証情報を入力します。

      4. プロトコルを選択します([FTP][SFTP]、または [FTPS])。

      5. (オプション)SSL 証明書がある場合は(SFTP と FTPS のみ)、必要に応じて設定します。
        詳細については、「SFTPファイルプロバイダー」を参照してください。

      6. [リモートファイル] フィールドに、インポートするフィールドのファイル名を入力します。

      7. [適用]をクリックします。

  14. 「処理中」の下の [編集] ボタンをクリックします。

  15. 今ジョブリストに追加されたばかりのQuickBooks DataSetジョブで、[ソース] を選択します。
    ファイルトランスポートとQuickBooksデータソースのオプションを設定するためのパネルが開きます。

  16. 以下のいずれかを行います。

    • トランスポートタイプに [ローカルファイルプロバイダー] を選択した場合...

      1. [ファイルパス] フィールドで省略記号(...)をクリックします。

      2. 自分のマシンまたはネットワークからQuickBooksファイルを選択します。

      3. [適用] をクリックします。

    • トランスポートタイプに [外部プロセスファイルプロバイダー] を選択した場合...

      1. [プログラムの実行可能ファイル] フィールドで省略記号(...)をクリックします。

      2. 自分のマシンまたはネットワークから実行可能ファイルを選択します。

      3. (オプション)引数がある場合は [引数] フィールドに入力します。

      4. [出力ファイルパス] フィールドで省略記号(...)をクリックします。

      5. 自分のマシンまたはネットワークの出力ファイルパスを選択します。
        出力パスのファイルタイプは、QuickBooksである必要があります

      6. [適用] をクリックします。

    • トランスポートタイプに [FTP/SFTPファイルプロバイダー] を選択した場合...

      1. [サーバー] フィールドにサーバー名を入力します。

      2. [ポート] フィールドにポート番号を入力します。

      3. [ユーザー名] および [パスワード] にサーバーの認証情報を入力します。

      4. プロトコルを選択します([FTP][SFTP]、または [FTPS])。

      5. (オプション)SSL証明書がある場合は([SFTP] と [FTPS] のみ)、必要に応じて設定します。
        詳細については、「SFTPファイルプロバイダー」を参照してください。

      6. [リモートファイル] フィールドに、インポートするフィールドのファイル名を入力します。

      7. [適用] をクリックします。

  17. 「処理中」の下の [編集] ボタンをクリックします。

  18. 詳細ビューの右上にある [許可] ボタンをクリックします。

  19. 認証するQuickBooks会社ファイルを探し、[次へ] をクリックします。

    QuickBooksが起動され、選択したファイルが開きます。

  20. QuickBooksに管理者としてログインしていて、またファイルがマルチユーザーモードになっていることを確認してください。

  21. Workbenchで [次へ] をクリックします。
    QuickBooksファイルがDomoで認可されます。

  22. (オプション)Workbenchでエラーが発生したらQuickBooksを閉じるようにするには、[接続エラー発生時にQuickBooksを停止させることをWorkbenchに許可する] のチェックボックスをオンにします。

  23. このレポートタイプのラジオボタンを選択します。
    プライマリレポートタイプは次のとおりです。

    レポート

    説明

    一般詳細レポート

    「顧客別収入の詳細」、「小切手詳細」、「商談中」など、さまざまなレポートタイプの詳細情報を表示します。レポートの日付範囲を選択するには、[開始日][終了日] 日付選択ツールでそれぞれの日付を選択します。必要な場合は、レポートに表示する列を [列] メニューから手動で選択できます。

    一般サマリレポート

    「CustomerBalanceSummary」「IncomeTaxSummary」「PhysicalInventoryWorksheet」など、さまざまなレポートタイプのサマリ情報を表示します。レポートの日付範囲を選択するには、[開始日][終了日] 日付選択ツールでそれぞれの日付を選択します。また、レポートデータの日付の単位を選択できます(たとえば、データを日単位や月単位などで要約できます)。

    予算サマリレポート

    貸借対照表や損益計算書のレポートを表示します。レポートで使用する会計年度を選択できます。 

    リスト

    任意の数のレポートをリスト形式で表示します。たとえば、「社員」(会社の社員のリスト)、「ベンダー」(ベンダーのリスト)、などです。この情報は日付で整理されていないため、日付範囲を設定するオプションや会計年度を選択するオプションはありません。 

  24. (条件付き)以下のいずれかを行ってください。

    • [一般詳細レポート] を選択した場合は...

      1. [一般詳細レポート] メニューでサブレポートを選択します。

      2. [開始日] メニューで、レポートの開始日を選択します。

      3. (条件付き)更新するたび、レポートに現在の日付までのデータを使用したい場合は、[終了日] メニューで [現在の日付] オプションを選択したままにします。それ以外の場合は、レポートの最終日をメニューから選択します。

      4. [1回の結果で返す最大日数] メニューに、希望する日数を入力します。値は、30を越えてはなりません。

      5. [列] メニューで、データを取得したい列を選択します。

    • [一般サマリレポート] を選択した場合は...

      1. [一般サマリレポート] メニューでサブレポートを選択します。

      2. [開始日] メニューで、レポートの開始日を選択します。

      3. (条件付き)更新するたび、レポートに現在の日付までのデータを使用したい場合は、[終了日] メニューで [現在の日付] オプションを選択したままにします。それ以外の場合は、レポートの最終日をメニューから選択します。

      4. [レポート列をまとめる] メニューで、レポートの日付単位を選択します。これでレポートのデータの内訳が決まります。たとえば、[四半期] を選択した場合、レポートのデータは月や週などではなく四半期ごとにまとめられます。

    • [予算サマリレポート] を選択した場合は...

      1. [予算サマリレポート] メニューでサブレポートを選択します。

      2. [会計年度] メニューで、使用する会計年度を選択します。

    • [リスト] を選択した場合は...

      1. [リスト] メニューでサブレポートを選択します。

  25. [更新方法] メニューで、更新する方法を選択します。

    • 更新時に、DataSetを完全に入れ替えたい場合は、[DataSetを置換] を選択します。

    • 更新データを既存のデータに追加したい場合は、[DataSetに追加] を選択します。

これでDataSetジョブを実行する準備ができ、DomoにQuickBooks DataSetが作成されます。しかし、Domoに送信する前にDataSetジョブでできる操作はたくさんあります。これには以下のものが含まれます。